韓国 結婚式 マナー

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国人の友だちがいると、時々、誘われたりするのが結婚式ですよね。

実際、韓国の結婚式は日本の結婚式と比較して、ご祝儀の相場や式の流れ、そしてマナーなどが少し違います。

そこで、今回は、韓国の結婚式に招待されたら、具体的にどういった点に注意していけば良いのか、お伝えしていきます。

招待状の日韓での違い


結婚式に参加するには、まず相手方から招待が来る必要がありますよね。

韓国の結婚式にも招待状はあります。

韓国語で、招待状は、“청첩장”と言います。

ハングル カタカナ 意味
청첩장 チョンチョプチャン 招待状

しかし、韓国の招待状は、日本と違って、正式に参加するという返事をしなくても大丈夫です

結婚式に参加したい人は、そこに記載された会場に、当日、行けば良いだけなのです。

招待状は、以前は、郵送や手渡しなどで送っていましたが、最近の韓国の結婚式では、モバイル招待状といって、カカオトークというスマホアプリを通じて送られてくることが多いです

また、事情があって、結婚式に参加できな人は、カカオトークのシステムを使って、ご祝儀だけ送ることもできます。

ここら辺の感覚が韓国らしいですよね^^

ご祝儀の相場と準備の仕方

結婚式に誘われたら、まず考え始めるのはご祝儀ではないでしょうか。

韓国の結婚式でも日本と同様にご祝儀を渡します。

ご祝儀は、韓国語で、“축의금”と言います。

ハングル カタカナ 意味
축의금 チュギグム ご祝儀

直訳したら「お祝いのお金」ですね。

ご祝儀の相場は安い!

韓国の結婚式におけるご祝儀の相場ですが、友人・知人であれば、5万ウォンか10万ウォンぐらいが一般的です。

日本に比べるとかなり安いですよね。

でも、韓国ではそれが一般的なので、変に気にする必要はありません^^

ご祝儀の金額は、奇数が基本ですが、そういった事情もあり、5万ウォンを渡すケースが圧倒的に多くなっています。

奇数と聞くと、3万ウォンでも良いかなと思う人もいるかもしれません。

確かに、新郎新婦とあまり親しくない場合や、遠い親戚であれば、3万ウォンでも大丈夫です。

でも、親しい間柄なのに、3万ウォンだとマナー的には、ちょっと失礼になってしまします

また、兄弟姉妹など、比較的近い親族であったり、新郎新婦の上司であったりした場合は、10万ウォン以上渡すのが一般的です。

ご祝儀の準備方法


ご祝儀は、封筒に入れますが、その時の封筒には、

  • 表の真ん中「축결혼」あるいは「祝結婚」と縦書きで書く
  • 裏の左下に、自分の名前を書く

という感じで書くと良いでしょう。

「祝結婚」という文言は、は、漢字でもハングルでも良いですが、自分の名前は、ハングルで書いた方が良いです

理由は、漢字で書くと、受け取った人が、誰からもらったか分かりづらくなってしまうからです。

自分の名前をハングルで書く方法は以下の記事をご参考にしてください。

また、日本だと、結婚祝いということで、プレゼントを送ったりしますが、韓国では、結婚式でプレゼントを送る習慣はありません

ご祝儀だけをきちんと渡せば、それでOKなので、その点では、気楽に考えることができて良いかもしれませんね。

服装はどうすれば良い?

韓国の結婚式の当日が近づいてくると、考え始めるのが服装だと思います。

服装に関しては、韓国語で参考になるサイトを見つけたので、そちらの内容も参考にしながら、男性と女性、それぞれで解説をしていきます。

男性の服装

男性の場合は、スーツを来て参加するのが一般的です。

そして、スーツの色に関しては、黒だと、少し暗いイメージになってしまうので、ネイビー、グレー、チャコールなどのものを着ると良いでしょう。

また、同年代の同僚や友達の結婚式の場合は、セミフォーマルにしても大丈夫です。

いずれによせ、端正な服装を心がけるようにしてください。

ですから、ジーンズやフード付きのシャツを着たり、スリッパなどを履いていくのは厳禁です

女性の服装


出典:MMOZZIS INFO

女性の場合、押さえておくポイントは、新婦よりも目立ってはいけないということです。

そういった理由から、結婚式に招待された人が絶対着てはいけないのは、白い服装です。

ウェディングドレスは、基本的に白なので、白い服を着たら、新婦に注がれるべき視線が分散してしまうためです。

また、白だけでなく、原色の目立つ色もタブー視されています。

あと、同じ観点で、過度な露出がある服装も結婚式にはふさわしくありません。

日本人だと着物を着て行くのはどうかと思う人もいるかもしれませが、着物もNGです。

ですから、端正な感じのスーツを着ていくのが無難だと言えます。

韓服は直系の親族のみ

ちなみに、韓国ドラマを見ていると、チョゴリなど韓服を着ている人を見かけることも多いですが、韓服を着るのは、直系の親族のみです。

ですから、結婚式に招待された人であれば、普通の正装、またはセミフォーマルを着ていくと良いでしょう。

受付の方法

結婚式の会場へ行くと、最初に受付をすることになりますが、韓国の結婚式では、受付は、新郎側と新婦側に分かれます

そして、新郎側か新婦側、自分と関わりがある方で、受付を行います。

そこで、ご祝儀を渡し、芳名録に自分の名前をサインします。

また、その際に、食事をする際に必要な食券が渡されます。

新郎・新婦に挨拶をしたい時は?

結婚式が始まる前、新郎新婦は待機室にいます。

新郎や新婦と仲が良ければ、待機室まで行って、お祝いの言葉をかけたり、一緒に写真を撮ったりすると良いでしょう。

また、そこで、お祝いの言葉をかけることになりますが、基本的には、

ハングル カタカナ 意味
결혼 축하해. キョロン チュッカヘ。 結婚おめでとう。

でOKです。

もっと、いろいろなバリエーションを知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

韓国の結婚式の流れ


さあ、いよいよ結婚式が始まります。

韓国の結婚式は短い

結婚式の流れは、簡単に書くと以下のようになります。

  1. 開式の挨拶
  2. ろうそく点火
  3. 新郎入場
  4. 新婦入場
  5. 新郎・新婦がお互いに礼
  6. 婚姻誓約
  7. 指輪交換
  8. 成婚宣言文
  9. 主礼の言葉(主礼がいる場合)
  10. お祝いの言葉
  11. 両家の両親に挨拶
  12. 参席者への挨拶
  13. お祝いの歌
  14. 新郎新婦の退場
  15. 閉式の挨拶

もちろん、これは基本的な流れなので、あくまでもご参考にしてください。

韓国の結婚式は、日本に比べるととても短くて、30分程度で終わります

ですから、実際に参加してみると「えっ、もう終わるの?」という感覚になるはずです^^

集合写真には入るべき?

結婚式が終わった後は、写真撮影となります。

新郎新婦が再度やってきて写真を撮ることになりますが、写真撮影の順番は以下のようになります。

  1. 新郎新婦と主礼
  2. 新郎新婦
  3. 新郎新婦と両家のご両親
  4. 新郎新婦と両家の親族
  5. 新郎新婦と新郎の親戚
  6. 新郎新婦と新婦の親戚
  7. 新郎新婦と友人

最初に新郎新婦と親族が写真を撮っていきますが、最後は、友人たちとの写真撮影になりますので、そこで参加すると良いでしょう。

韓国の結婚式でのブーケを受け取ると・・・


写真撮影をした際、韓国の結婚式でもブーケトスが行われます。

ブーケトスは、事前に受け取る人を決めておいて、その人に向けて投げるというパターンが多いです。

また、韓国でも日本と同様、ブーケトスでブーケを受け取った人は、次に結婚するというジンクスがあります。

ただ、韓国の場合、ちょっと怖い迷信もあります。

それは、ブーケを受け取って6ヶ月以内に結婚ができないと、その後、3年間結婚ができないというのです。

中には、3年ではなく6年だという言う人もいますし、一生独身だという人もいます。

ですから、そういう迷信を気にして、ブーケを受け取るのを躊躇する方もいらっしゃるとか・・・

食事はどうなっているの?

韓国では、結婚式のメインのセレモニーが終わってから食事の時間になります。

韓国の結婚式は、ほとんどがビュッフェ形式です。

招待のシステムの都合で、細かい人数までは把握できないので、恐らくビュッフェになるのだと思います。

韓国の結婚式ならではのペベク

最後に結婚式に参加する友人や知人は直接関係ないのですが、メインの結婚式が終わった後、新郎と新婦は、“폐백실(ペベクシル)”というところへ行きます。

そこで、新郎新婦は、韓服に着替えて、両親に敬礼を捧げ、正式なご挨拶をするのです。

その後、ご両親が栗やナツメを投げて、新郎新婦が、広げた布でキャッチするという儀式が行われます。

そこで、たくさんキャッチできれば、その分、子宝に恵まれるんだそうです。

まとめ

韓国の結婚式は、日本の結婚式に比べると、シンプルで短い特徴があります。

また、招待さえ受ければ、あとは行くだけですし、ご祝儀も日本に比べたら、かなり安く済むので、気楽に参加しやすいとも言えますよね。

日本の結婚式と、いろいろ違いがあると、緊張するかもしれませんが、こちらでご紹介した内容を押さえておけばOKなので、是非、機会があれば、参加してみてください!

↓いつも応援していただき、ありがとうございます!
皆さんからの応援が韓国生活の励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事