秋夕(チュソク)とは?韓国に住んでいる立場から見てみると・・・


韓国 秋夕
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国では、もう少しで秋夕(チュソク)ですね。

秋夕といっても、いろいろな過ごし方や楽しみ方があります。

我が家は、以前は、田舎に帰っていましたが、最近は、ソウルで過ごすことが多くなりました。

今回は、韓国に6年以上住みながら感じる秋夕の様子などについて今回はお伝えしていきます!

秋夕とは何か?

秋夕は、韓国語で추석(チュソク)と言いますが、한가위(ハンガウィ)とも呼ばれる韓国での代表的な名節の一つです

日本では、お盆に相当するものですよね。

また、秋夕では、親戚一同が、実家に集まり、先祖に感謝をして1年の豊作を祝うのが、一般的な過ごし方です。

秋夕はいつ?

韓国では、陽暦よりも旧暦(陰暦)を重視しているので、秋夕の日程も旧暦の基準で決まります。

秋夕の当日は、旧暦の8月15日ですが、その前後、3日間が韓国では祝日となります。

ですから、今後3年間の秋夕のスケジュールは、以下のようになります。

  • 2019年:9月12日~14日
  • 2020年:9月30日~10月1日
  • 2021年:9月20日~22日
  • 2022年:9月9日~11日
  • 2023年:9月28日~30日

年によっては10月にずれ込む時もありますが、大体、9月が秋夕の季節だと思って頂いて大丈夫です

秋夕の時の旅行は要注意

秋夕の時は、田舎で過ごす人も多いですが、休みの期間を利用して、海外に出かける方も多いです。

もちろん、海外に住んでいる韓国人が実家に戻るというケースもあります。

ですから、秋夕の期間は、飛行機は激混みになって、航空料金も高くなりやすいです

なので、秋夕の期間は事前にチェックして、可能であれば、この期間をずらして旅行されることをお勧めいたしますm(__)m

秋夕を田舎で過ごす場合

韓国 秋夕
私も、韓国に移住して間もない頃は、妻の実家に帰って、秋夕の期間を過ごしました。

田舎に行くと、秋夕の当日に、祭祀(チェサ)と呼ばれる儀式を行います

漢文の書かれた屏風を立て、お供え物を並べ、30分ほど、正装で敬礼をしながら行なわれました。

しかし、祭祀(チェサ)に参加できたのは、ご両親と息子夫婦の家族のみ

ここら辺は、男系の血統を重んじる韓国って感じですね。

秋夕はお嫁さんが大変!

秋夕の時に、一番、苦労されるのは、やはり何といっても、実家に帰る奥さん達だと思います。

秋夕の祭祀や食事の準備をする訳ですが、その時のハードワークをさせられるだけでなく姑からいじられて、精神的にも肉体的もに限界を感じてしまう女性が多いからです。

そして、秋夕が終わったら、「もうこんな不条理なことは嫌だ」といって、旦那と別れてしまう方もいらっしゃり、そういった離婚は、名節離婚と呼ばれています

最近は特に名節離婚をする人たちが増えているのだとか・・・

秋夕をソウルで過ごす場合

我が家は、移住して間もない頃、田舎で秋夕を過ごすことも多かったのですが、最近は、私の仕事の関係もあり、秋夕をソウルで過ごすことが増えました。

ソウルで過ごす時は、ゆっくりテレビを見ながら、秋夕の定番の食べ物であるソンピョンというお餅を食べたりして、ゆっくり過ごします。

ちなみに、秋夕の時にテレビを見ると、アナウンサーからテレビショッピングの人まで、みんな韓服を着ています

秋夕でソウルのお店は休みになる?

秋夕に韓国へ旅行に来られる方にとって気になるのは、やっぱり、ソウルでのお店は空いているのかという点ではないでしょうか?

実際に、私が、秋夕の時にソウルの街を歩いてみると、半分近くのお店が閉まっていました

マックのようなチェーン店は比較的空いているところが多いですが、個人経営のお店は、休んでいるところが多いです。

ただ、お店が休みになる日は、秋夕の当日(旧暦の8月15日)に集中していて、その前後の日は、営業しているお店も増えて来ます。

ですから、秋夕の当日だけを何とか乗り切れば、あとは何とかなると思います。

>>秋夕(チュソク)の時のお店の様子を写真付きで詳しく解説

秋夕では贈り物ラッシュ!

あと、秋夕といえば、やはり贈り物ではないでしょうか?

私の妻も、以前、勤めていた会社の関係もあって、いろいろなところから、本当にたくさんの贈り物が届いた時があります。

  • 韓菓(ハングァ):韓国の伝統的なお菓子
  • キノコセット
  • ミヨクなどの海産物セット
  • クルビ(굴비):韓国の高級な魚といえばやっぱりコレです
  • 牛肉のセット:韓牛をドン!
  • 梨のセット:果物系も多いですよね
  • 秋夕に旅行をする場合の注意点

頂いた贈り物の写真は、以下の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

>>チュソクの贈り物で冷蔵庫がすごいことに

秋夕(チュソク)の過ごし方は様々

韓国の秋夕では、みんなが田舎に押しかけて、民族大移動というイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、韓国に住んでみると、いろいろな過ごし方があると感じています

実際、妻は7人兄弟で、田舎に親族で押しかけたら、寝るところがなくなるので、別に来なくていいよと言われているので・・・

ただ、なんだかんだといって、やっぱり秋夕はソウルで過ごすのが気楽なのかもしれませんね^^;





次の記事: »

前の記事:«

2 Responses to “秋夕(チュソク)とは?韓国に住んでいる立場から見てみると・・・”

  1. matiken より:

    こんにちは。もう秋夕の頃なんですね。一度体験してみたいよぅな気がします。韓国も日本も 嫁は 大変かも、、、三月に入院して やっと旅行ができると楽しみにリハビリ頑張ってましたが 情勢が、、今のところ11月末に渡韓する予定です。三月に行けなかった恩平韓屋村へ再リベンジしたいのになぁ。ちまたでは色々な情報が飛び交い 私 混乱(笑笑)でも行く気満々です。

    • ケン より:

      matikenさん

      コメント頂き、ありがとうございます。
      お体が段々と回復してきて何よりです^^
      おっしゃる通り、日韓情勢は、かなり大変なことになっていますね^^;
      ただ、観光客がそのせいで危害を加えられることは、基本的にないのかと個人的には思っています。
      確かに、残念な暴力事件が起きてしまいましたが、ああいう変な人は、
      日韓情勢に関係なく韓国にはいるので・・・
      外務省からの通知もあるように敢えてデモをやっているようなところに突っ込んでいかなければ大丈夫だと思いますよ^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ