こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国で年末年始を迎えるのも、これで5回目になりました。

日本では、年賀状、大掃除、おせち料理などなど、年越しの準備で皆さん忙しいんだろうなと思ったりもしています。

でも、韓国の年末年始は、陰暦(旧暦)の方がメインなので、陽暦の年末年始はかなり落ち着いています

また、日本からは年末年始の時期に韓国へ旅行される方も多いかと思いますし、韓国のお休みの状況が気になるところだと思います。

そこで、今回は、そんな韓国の年末年始の様子をお伝えしていきます!

韓国に年末年始の休みはある?

韓国で年末年始のお休みは1月1日しかありません

つまり、韓国では元旦のみ休みということになり、日本のように正月三が日がみっちり休みになる訳ではありません。

さらに、2017年1月1日は日曜日で、韓国には振替休日がないので、今回、韓国の人にとっては休みがないのと一緒です^^;

また、1月1日がお休みといっても、日本のように正月休みという感じではないので、スーパーなどサービス業のお店はガンガン営業しています。

ですから、年末年始に韓国へ旅行に来てもまったく不便は感じません

そういった意味で、年末年始は、韓国旅行には非常に良い時期じゃないかと思います。

韓国の会社も年末の最終出社日は、午前中で終わるところも多いですが、少し休むとすればそれぐらいです。

もし、12月31日や1月2日が平日であれば、病院も、役所も、銀行も通常営業しています。

日本の年末年始を知っている立場から見ると、今でも不思議な感じがします。

年末年始はカウントダウン&授賞式

ただ、だからといって韓国は年末年始に何もしない訳ではなく、カウントダウンイベントはいろいろなところで行われます。

あと、韓国の年末年始イベントといえば、やっぱり授賞式です。

演技大賞(韓国ドラマ)、歌謡大賞、芸能大賞などなど

芸能界にとっては、1年の総決算のイベントが目白押しになっています。

でも、なんで芸能界だけ、陰暦(旧暦)じゃなくて陽暦に合わせているのだと思いますか?

韓国に住んでいる立場で出てくる答えは2つです。

一つ目の理由は、陰暦(旧暦)は毎年、日にちが変わるからということです。

スケジュールが中途半端になってしまうので、区切りとしての授賞式は、やりづらくなってしまうのではないでしょうか。

そして、もう一つの理由は、陽暦で、すべてのイベントを終わらせておけば旧正月は芸能人もゆっくり休めるからだと思います。

芸能人も周りのスタッフも旧正月ぐらいは、ちゃんと休みたいでしょうからね~^^

年末年始のご挨拶

韓国は、陰暦(旧暦)でも陽暦でも年末年始のご挨拶は、どちらも

새해복 많이 받으세요! (セヘポンマニパドゥセヨ)

となります。

日本だと年末は”良いお年をお過ごしください”、年始は”明けましておめでとうございます”と挨拶の表現が変わりますよね。

でも、セヘポンマニパドゥセヨは直訳したら“新しい年に福をたくさん受けてください”という意味なので年末と年始のどちらでも使えます。

正直、今年もアッという間に1年が過ぎてしまったなあという感じがしています。

2016年も私のつたない韓国ブログを見て下さったり、コメントやメッセージを頂いた方には心から感謝しています。

実際、最近は韓国に住んでいることが非日常から日常へ変わりつつあるので、ブログで書くネタもそろそろなくなって来たかなと感じることも時々あるのですが・・・

それでも、長く韓国に住んでみて初めて気が付くこともありますし、皆さんから励ましのメッセージを頂くと、やっぱりもっとブログをがんばって続けていこうというモチベーションが湧いてきます^^

これからもお世話になっている方々への感謝の気持ちを込めて、韓国に住んでいないと気が付けない情報を独自の視点から発信していければと思っています

ということで、皆様も良いお年をお過ごしください^^

合わせて読みたい記事