韓国のトルチャンチのお祝い金や会場は?

スポンサードリンク

先日、親戚の子供のトルチャンチに招待されて行って来ました。

トルチャンチとは子供の1歳の誕生日のお祝いですが、会場を借りて、そこに親戚や友達を呼んで盛大に行うケースもあります。

前々から気になっていたのですが、盛大に行うトルチャンチってどんなものなのかレポートさせて頂きます!

トルチャンチの会場

今回のトルチャンチが行なわれたのは、”Baby Angel”という名前の会場でした。

IMG_4940

会場の名前からも分かるように、トルチャンチは、結婚式と同じように韓国では立派なビジネスとして成り立っているんですね!

私達が行った時も、何組かのトルチャンチが同時に行なわれていました。

IMG_4965

一つ一つの会場は、大体数十名ぐらいが入れるぐらいの大きさで、その時も50名ぐらいの方が招待されていたと思います。

IMG_4989

トルチャンチのお祝い金は

トルチャンチに招待されて少し悩んだのが、お祝い金です。

ネットで調べると50,000ウォンぐらいが相場ということだったのですが、私達は親戚ということもあり、家族5人での参加だったので、その4倍ぐらいを包みました。

これぐらいで大丈夫なのかはちょっと定かではありませんが^^;

スポンサード リンク

トルチャンチの服装は

トルチャンチというと男性はビシッとスーツで身を固めて、女性はチマチョゴリかな~と思っていたのですが・・・

実際は男性も女性もセミフォーマルでOKとのことでした!

トルチャンチでの食事

セレモニーの前後は、皆さん、会場の外にあるビュッフェから好きなものを取って来て、飲食を楽しむスタイルになっていました。

IMG_4990

IMG_4991

IMG_4992

やっぱりお祝いには、おいしい食事が欠かせません^^

トルチャンチの流れ

トルチャンチは以下のような流れになっていました。

1. 子供の記念映像を鑑賞
2. 子供が両親と一緒に入場
3. くじで当選者にプレゼントを渡す
4. トルチャビ
(テーブルに色々なものを置いて、
何を子供が掴むかによって将来を
占うという行事です)
5.ゲームをしてプレゼントを渡す
6. 両親からの挨拶
7. なぜか司会者とスタッフのかなり激しめなお祝いダ~ンス

IMG_4954

IMG_4952

結構、面白かったですが、今から考えてみれば、やっぱり最後は感動的に締めるべきではなかったのかなかと^^;

8.そして最後は、赤ちゃんの両親が記念品を参加者の方に配って、終わっていくという流れです。

IMG_4964

ちなみにトルチャンチに掛かる時間は1時間弱ぐらいでした。

やっぱり1歳のお子さんにとって、長時間のセレモニーは結構キツイですからね~^^

トルチャンチをやる子供、やらない子供

ちなみにどれくらいの子供達が、トルチャンチをやるのか、前に座っていた親戚に聞いてみたのですが、その親戚も子供が3人いるのですが、全員やったワケではなく、上の2人だけやっていたみたいで、あとは男の子が生まれるとやるみたいな感じになっているそうです。

ただ、子供達も小さい時は、よく分からないのですが、大きくなってから、兄弟の中で誰がトルチャンチをやって、誰がやっていなかったかが分かると、ちょっと微妙な気持ちになったりするのだとか・・・

韓国の親御さん達も、なかなか大変ですよね~


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国のトルチャンチのお祝い金や会場は?”

  1. リュウ より:

    ケンさんこんにちわ!
    トルチャンチ!日本でいう100日記念みたいなものなのでしょうか、ぼくも知り合い主催のやつに1回だけお呼ばれしました。気になったのはやはりお祝い金の相場でして、その時は50000ウォンを用意しました。
    冠婚葬祭の相場がはっきりしていない印象でしたけど、内容はケンさんの記事にあるような感じではなく、粛々と進行して2時間くらいでしたか、どの国でも子を思う親の気持ちは同じだなぁと眺めながら、ぼくは臭いエイをつまみにマッコリを飲んでいたのを覚えています。
    あとこだわりのある家族写真を飾っている家が多くありませんか。
    生まれて間もない長女メインの家族写真と生まれて間もない長男メインの家族写真があっても、真ん中のおねーちゃんは少し大きくなって長男メインの写真に入るという大人の事情を教えられちゃっているご家庭もありました笑

  2. ケン より:

    リュウさん
    コメントありがとうございます。
    トルチャンチもいろいなスタイルがあるのかもしれないですね。
    日本の100日祝いみたいだと言われれば、そうなのかもしれませんが、韓国の方が、やっぱり大体的だと思います。
    韓国の人は、家族の写真もそうですし、夫婦の写真もよく飾っていますよね。
    結構、奇跡の写真になっているケースが多いですけど^^;

  3. マザー より:

    日本の「お食い初め」みたいな感じかな?
    子供のお祝いっていいですよね。
    昔のように多産ではないから
    (中国ほどではないけど)イベント一つ一つに
    頑張っちゃいますよね。
    ビュッフェでのお客さんの雰囲気が
    ファミレスの店内みたいな感じですね。
    セミフォーマルよりもっとカジュアル感あります。

  4. ケン より:

    マザーさん
    コメントありがとうございます!
    トルチャンチで子供が食べるシーンはなかったのですが、まだ1歳なのにこれだけたくさんの人達からお祝いをしてもらうってすごく幸せなことだと思います^^
    会場の雰囲気は、確かに言われてみれば、もうちょっとカジュアルかもしれませんね~
    ちなみに今回、トルチャンチをやった親戚も二人目以降を生むつもりはないと宣言しているそうで・・・
    もちろん、価値観は様々あって良いと思うのですが、個人的には、やっぱりちょっと寂しいなあと感じてしまいます^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ