韓国のクリスマス(日本との違い)あれっ!?○○がない・・・

スポンサードリンク

12月24日はクリスマスイブでした。

韓国も日本と同じようにクリスマスはかなり盛り上がるのですが、日本とはちょっと違う点もいくつかあります

あと、最近、実は○○もないことに気が付きました(ノ゚ο゚)ノ

そんな観点から韓国のクリスマスの様子を紹介していきます。

クリスマスケーキはどこで売っている?

日本の場合、クリスマスケーキを売っているのはケーキ屋さんというイメージがありますよね。

もちろん、ソウルにもケーキ屋さんはありますし、そこでもたくさんのお客さんが詰めかけます。

でも、韓国でクリスマスケーキをメインで売っているところはパン屋さんです。

我が家の近所(ヨンシンネ)にもパリスバケットというチェーン店のパン屋さんがあるのですが、今年もがんばってケーキを売っていました。

ただ今年に関して言うと、クリスマスで特にがんばっていたのは、バスキン・ロビンスというアイスクリーム屋さんだったと思います。

ここでは、今年、クリスマスケーキを買うと、クマさんの人形をプラス1900ウォンで買うことができるという企画をやっていたのですが、これがなかなかヒットしていたようです。

我が家も、娘がクマさんの人形が絶対欲しいということで、クリスマス用のアイスクリームケーキを買うことになりましたので^^;

あとは、番外編として、ロッテスーパーでもケーキを売っていました。

スポンサード リンク

意外ににぎわう場所

韓国のクリスマスが日本と違う点は、やっぱり教会です。

ソウルにはたくさんの教会があり、イルミネーションがきれいなだあと思いながら、写真を撮っていたのですが・・・

教会の回りにはたくさんの車が駐車して混み合っていることに気が付きました。

教会の中では、クリスマスイブの記念礼拝をやっているのでしょう。

ここら辺は、さすがにキリスト教信者が多い韓国ならではだと思います。

クリスマス後も残り続けるクリスマスツリー

ちなみに日本では、クリスマスが1日でも過ぎると、クリスマスの飾りつけが一気に外されて、お正月モードに突入していきます。

でも、韓国ではクリスマスツリーがクリスマスを過ぎても、撤去されないで残っていることが多いです。

おそらく、韓国では、新暦ではなく旧暦に重きをおいているから、新暦の年末年始にクリスマスツリーが残っていても

「まあ、いいかあ。どうせ、すぐ片付けるのはもったいないしなあ。」

という感覚になるのだと思います。

韓国の年末年始に何故かクリスマスツリー

あれっ!?○○がない

ところで、先日、いつも日本で私のブログを読んで下さっている方から、

チキンは食べましたか~

という感じの質問を頂いたのですが・・・

あれっ(ノ゚ο゚)ノ

よく考えてみれば、韓国にはクリスマスにチキンを食べる習慣がないですね。

元々、チキンはキリスト教とは関係がないからなのかもしれません。

それに・・・

韓国人は普段からチキンを食べまくっていますから!

韓国のチキン事情@我が家の人気ブランドは?

クリスマスだからといって、敢えて特別に食べる必要がないのでしょう^^

こうやって考えてみると、韓国と日本のクリスマスって何だかんだといって、いろいろ違いがあるものなんですね~


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国のクリスマス(日本との違い)あれっ!?○○がない・・・”

  1. おーん より:

    くまさんのぬいぐるみかわいいですね、韓国人もやはりかわいい物には弱いんですね
    韓国のクリスマスでは日本でのチキンのように定番化した食事ってあるんでしょうか?

    • ケン より:

      おーんさん

      コメントありがとうございます!
      女の人が、かわいいものが好きなのは、古今東西変わらないですよね^^
      韓国ではケーキ以外定番の食べ物があまりないような感じがします。
      食事より教会の礼拝重視だという話もあるみたいですけどまた機会があればいろいろと調べてみます!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

このページの先頭へ