こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国では、秋夕(チュソク)に贈り物を贈る習慣があります。

日本にも、そういった習慣がありますが、韓国の秋夕も品物は違えど、お土産三昧です。

私の妻は、いろいろな会社の社長さんと交流することが多い仕事をしているという事情もあり、社長さん達から、ものすごい量のチュソクの贈り物をもらって来ました。

韓国では、こんなのものをチュソクで贈っているんですよ~という意味で、ザーッとご紹介していきます。

クルビ(굴비)

クルビ(굴비)は、いしもちの干物という意味です。

クルビ(굴비)は、韓国の高級なお魚として有名で、秋夕のお土産としても、ぴったりなのです。

韓菓(ハングァ)

韓国の伝統的なお菓子です。

韓菓(ハングァ)も秋夕の贈り物として、結構、定番という感じですね。

キノコセット

林産物と箱には書いてありましたが、韓国のキノコセットです。

特に京畿道の加平(カピョン)郡というところが、キノコの有名な産地なのだそうです。

ミヨクなどの海産物セット

ミヨクはワカメという意味です。

ワカメは、巨済島(コジェド)というところが有名なのですが、そこの海産物のセットを頂きました。

身がプリプリしていてすごくおいしいですよ。

牛肉のセット

高級なお肉も頂きました。

育ち盛りの子供たちがいる我が家には本当に助かります。

梨セット

大きな梨もたくさん頂いてしまいました。

やっぱりこの季節は梨がおいしいですよね。

秋夕の贈り物で冷蔵庫がいっぱいに

先日、引っ越しをした際、大きな冷蔵庫を買ったのですが、その冷蔵庫が一気にいっぱいになってしまいました。

「冷蔵庫はその家の経済力を表すから、良い冷蔵庫を買ったら、経済の運勢も良くなるのよ~」

と妻は話していましたが、いやいやそれ以上にチュソクと社長さん達のお陰でしょう^^;

今年は、もらってばかりになってしまいましたが、私も早く韓国で立派になって、今度は、たくさんの方々へ、いろいろな贈り物を贈れる立場に立っていこうと密かに決心しております!

合わせて読みたい記事