こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国では、秋夕(チュソク)を迎えています。

韓国旅行が好きな方にとっては、この時期、お店がちゃんとやっているか気になるところではないでしょうか?

私自身、最近の秋夕では、ソウルにいることが多いのですが、秋夕期間中のお店の様子などをお伝えしていきます。

秋夕でお店は休みになってしまうのか?

韓国では旧暦の8月15日(2018年は陽暦で9月24日)が秋夕のメインの日となります。

この時に、私が住んでいるソウル・ヨンシンネの街を回ってみると・・・

やはり、半分以上のお店がお休みになっていました

お昼頃に街を歩いてみましたが、人通りはまばらです。

マクドナルドやロッテリアなどチェーン店など、店が閉まらないことを強みとしているお店は営業をしてしました。

ただ、個人のお店や、小さめのチェーン店、そして飲食店以外のお店はお休みになっているところが多かったです。

市場はガランと

また、ソウルの街の中での休み率が一番高かったのは市場(シジャン)です。

実は、秋夕に入る前日、旧暦の8月14日(2018年は陽暦で9月23日)、私は妻と一緒に秋夕前の買い出しのため、ヨンシンネにるヨンソ市場というところへ行っていました。

その時の人だかりがすごかったこと、すごかったこと!

しかし、翌日、秋夕に入ってから、市場へ行ってみると、見事にガランとしていました

こちらが秋夕前日の市場の様子

人が多過ぎて、まともに歩けない状態でした。

それが翌日になるとガラン

また、秋夕には、ソンピョンという韓国のお餅を食べるのが定番となっています。

ソンピョンとは、こんなお餅です。

そして、お餅屋の前は、ソンピョンを買い求めるため、ものすごい人だかりになっていました。

でも、秋夕になると、店は完全に閉まっています。

秋夕の市場の様子は、日本の年末年始の風景に似ているところがあります。

秋夕で店が休みになるのは旧暦の8月15日だけ

ただ、お店のお休みの案内を見てみると、お店が休みになるのは、旧暦の8月15日だけとなっているところが結構多かったです。

長くても、翌日までの2日間という感じです。

つまり、秋夕の時に韓国旅行をした際、1日だけ大半のお店が休みになるのを我慢する必要がありますが、それ以外であれば問題ないのかなと思います。

あとは飛行機代をどうするか?

ただ、秋夕の時に韓国旅行をする際に、もう一つ気を付けなければならないのは、飛行機代が跳ね上がるということです。

なので、LCCなどで安い航空券を抑えたり、航空券代に目をつぶったりして、飛行機代の問題をクリアする必要があります。

こういった問題をクリアして、秋夕の風景を楽しんでみるか、それとも時期をずらして別の時期に韓国旅行を楽しんでみるか・・・

ここら辺は、考え方によっても違って来ると思いますので、ご判断にお任せいたします^^

合わせて読みたい記事