韓国では昨日(2018年2月16日)が旧暦の1月1日でした。

そして、その前後3日間(2018年2月15日~17日)が旧正月(ソルラル)ということになります。

韓国では、新暦よりも旧暦の方を重要視しているので、旧正月は、民族大移動とも言われる帰省ラッシュが起こります。

ただ、我が家では私が日本の会社で仕事をしているので、旧正月の時も休みではないということもあり、最近は帰省をせず、ソウルでまったり過ごすことが多いです。

(そもそも、妻は7人兄弟で、実家へ皆が押しかけると泊まるところがなくなるため、行きづらい事情もあります^^;)

実際、田舎でよく行なわれる旧正月の行事は、ソウルナビやコネストなど、有名なサイトで詳しく紹介されていると思います。

なので、ここでは帰省をしない家庭のソウルでの旧正月の過ごし方をお伝えしていきます。

子供はやっぱりセベットン

韓国の子供達の楽しみは何といっても、セベットン(お年玉)です。

我が家でも、娘が数日前から、旧正月が来るのを指折り数えながら、親にプレッシャーをかけてきました。

また、以前は、セベットンをあげる際、チョゴリやチマチョゴリを子供達に着させていたのですが、最近は段々面倒くさくなってきました^^;

ということで、今年も、起きたままの服装で、寝癖が直っていない子供たちに、セベ(세배)という敬礼をさせて、セベットンを渡します。

今は、長男がアメリカに行っていることもあり、中2の次男に70,000ウォン、小5の娘に50,000ウォンを渡しました。

親が渡す金額としては、相場より少し多めなのかもしれません。

ただ、子供達は、実家に帰ってたくさんの親戚からセベットンをもらえる訳でもありません。

また、必ず、他の友達は合計でいくらもらったかをチェックして、親にプレッシャーをかけて来るので・・・

あと、我が家の近所には妻の姉が住んでいるのですが、子供達は「イモ(叔母)の家に遊びに行こう!」と積極的にプレッシャーをかけてきます。

まあ、子供たちにとっては、旧正月が一年で最も稼げるチャンンスの時期ですから、気持ちが分からない訳でもありません^^;

旧正月と言えばトック

我が家は旧正月だからといって、特別なイベントを行なう訳ではありませんが、それでも朝は必ずトック(お餅)を食べます

旧暦の1月1日は、トックマンドゥグク(餃子とお餅が入った汁物)を家族で一緒に食べました。

韓国には、お餅屋が本当にたくさんあるのですが、やはりこの旧正月でのお餅の売上げが一年の中でも、かなりの割合を占めるのだそうです。

こうやってトックを食べながら、テレビで、チョゴリやチマチョゴリを来ている出演者達を見ながら、「あ~、旧正月だなあ」と雰囲気を味わうのが一般家庭での過ごし方だと個人的には勝手に思っています^^

旧正月のソウルのお店の状況

旧正月は、田舎へ帰省をする人がたくさんいるので、ソウルは基本的にガラーンとしています

我が家があるソウル恩平区・ヨンシンネの街を歩いても、人通りは多くありません。

そしてお店の状況はというと、約8割はお休みという感じです。

お店の貼り紙を見てみると、旧正月の3日間フルで休むところもありますが、旧暦の1月1日だけ休むところも結構あります。

ここら辺は、日本のお正月と似たような感覚があるのもしれません。

旧正月でストレスを感じる若者達

ところで、この間、テレビで

「最近の韓国の若者は旧正月で実家に帰る時、親の小言(チャンソリ・잔소리)でものすごくストレスを感じる」

という内容のニュースをやっていました。

ネット記事だとこちら(韓国語)になります。

ちなみに、若者が一番聞きたくない親の小言が

1位:「結婚は一生しないつもりなのか?」(22.5%)

2位:「就職はしたの?お前は何をして生きていくのか?」(22.2%)

なのだそうです。

韓国では、未婚や無職の若者が増えているので、そんな時は、親の小言を聞かないよう、私達と同じようにソウルで旧正月をまったりと過ごす人達が増えているのかもしれません^^;

合わせて読みたい記事