日本語の名前を韓国語に変換する方法!この名前の人はご注意!?


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語を学んでいる方の中には、自分の名前を韓国語に変換するのか気になる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、名前を韓国語に変換するルールや注意点をお伝えしていきます。

また、最後に名前を韓国語で呼ぶと、別の意味で捉えられる可能性がある日本人の名前をお伝えするので、お楽しみ下さい!

名前をひらがなにして変換しよう

日本語の名前を韓国語に変換する場合は、ひらがなにしてそこから変換していきます。

具体的には、以下のような基本ルールに沿って変換をしていけば大丈夫です。

清音

あ行 あ(아)、い(이)、う(우)、え(에)、お(오)
か行 か(카)、き(키)、く(쿠)、け(케)、こ(코)
さ行 さ(사)、し(시)、す(스)、せ(세)、そ(소)
た行 た(타)、ち(치)、つ(츠)、て(테)、と(토)
な行 な(나)、に(니)、ぬ(누)、ね(네)、の(노)
は行 は(하)、ひ(히)、ふ(후)、へ(헤)、ほ(호)
ま行 ま(마)、み(미)、む(무)、め(메)、も(모)
や行 や(야)、ゆ(유)、よ(요)
ら行 ら(라)、り(리)、る(루)、れ(레)、ろ(로)
わ行 わ(외)、を(오)
ん行 ん(ㄴ)

濁音

が行 が(가)、ぎ(기)、ぐ(구)、げ(게)、ご(고)
ざ行 ざ(자)、じ(지)、ず(즈)、ぜ(제)、ぞ(조)
だ行 だ(다)、ぢ(지)、づ(즈)、で(데)、ど(도)
ば行 ば(바)、び(비)、ぶ(부)、べ(베)、ぼ(보)

半濁音

ぱ行 ぱ(파)、ぴ(피)、ぷ(푸)、ぺ(페)、ぽ(포)

拗音

きゃ行 きゃ(캬)、きゅ(큐)、きょ(쿄)
しゃ行 しゃ(샤)、しゅ(슈)、しょ(쇼)
ちゃ行 ちゃ(챠)、ちゅ(추)、ちょ(초)
にゃ行 にゃ(냐)、にゅ(뉴)、にょ(뇨)
ひゃ行 ひゃ(햐)、ひゅ(휴)、ひょ(효)
みゃ行 みゃ(먀)、みゅ(뮤)、みょ(묘)
りゃ行 りゃ(랴)、りゅ(류)、りょ(료)
ぎゃ行 ぎゃ(갸)、ぎゅ(규)、ぎょ(교)
じゃ行 じゃ(자)、じゅ(쥬)、じょ(죠)
ぢゃ行 ぢゃ(자)、ぢゅ(주)、ぢょ(조)
びゃ行 びゃ(뱌)、びゅ(뷰)、びょ(뵤)
ぴゃ行 びゃ(퍄)、ぴゅ(퓨)、ぴょ(표)

ひらがなやカタカナから一発で変換するサイト

ただ、この一覧を見ながら、自分の名前の文字を一字一字チェックするのは面倒だという方もいらっしゃるかと思います。

その場合は、こちらのサイトで調べると一発で韓国語に変換することが出来ます

>>日本名ハングル表記変換

私も、いくつか試してみましたが、かなり優秀でしたよ^^

日本語を漢字に変換する際の注意点

上記の表は、一般的なルールですが、実際に名前をハングルに変換する場合は、いくつかの注意点があります。

伸ばす音は表記しない

日本の名前で、伸ばすような名前になる場合の音は発音しません。

例えば、伊藤さんだと、平仮名と、「いとう」となりますが、ハングルでは、이토우ではなく이토となります。

ここら辺は、パスポート表記をベースに考えればいいですよね。

「ん」を使う場合

「ん」はパッチムを使って表記します。

例えば、丹波(たんば)さんは、“탄바” という感じで書きます。

最初の文字は激音にしない!?

ネットで調べていると、苗字や名前の最初の文字は、激音にしないと言われているようです。

例えば、高田清美(たかだきよみ)さんは、

  • 다가다 기요미 →正解
  • 타가다 키요미 →間違い

ただ、実際の使われ方を見てみると、デスノートに出て来る高田清美さんは、韓国のサイトで、타가다 키요미と紹介されているので・・・

ここら辺はあまり厳密じゃないと言えます^^;

「つ」の発音について

「つ」は、“츠”と書きました。

実は、文化体育観光部、国立国語院では、“쓰” で書いてあるのですが、これは、どう考えても「す」ですよね。

もし、“쓰”だと、津村(つむら)さんは、“쓰무라(すむら)” さんになってしまいます。

やっぱり、「つ」は、“츠” だろいうということで、こちらを書かせて頂きました。

「ざじずぜぞ」はしょうがない

「ざじずぜぞ」は、ハングルで、자、지、즈、제、조と書きますが、これを逆にカタカナにすると、「ヂャ(ジャ)、ヂ(ジ)、ヂゥ(ジュ)、ヂェ(ジェ)、ヂョ(ジョ)」となります。

ですから、矢沢(やざわ)さんは、야자와(ヤジャワ)となります。

一方で、カタカナでは表記しきれない韓国語の発音もたくさんあるので、ここら辺はしょうがないかなと。

ルールは実は厳密ではない?

私自身、今回、ひらがなを韓国語に変換するルールについて、いろいろ調べてみたのですが、情報ソースによって若干違いが出て来るんですよね。

普段の生活の韓国語に変換されている名前を見ても、変換方法が違うケースがあります。

かくいう私も、ハングルに変換する時、いくつかのパターン出かけたりするので、自分の名前をハングル表記する際「あれっ、どっちだっけ!?」と迷う時がよくあります^^;

よくよく考えてみれば、ハングルをカタカナにする場合でも明確なルールって、ありそうでなかったりします。

例えば、김밥は、キンパ、キムパプ、キンパプといろいろあったり・・・

ですから、ひらがなをカタカナに変換する際も、厳密に決まり切っていないところもあるのかなって感じています。

漢字から変換するケースは?

もう一つの日本語の名前を韓国語に変化する方法として、漢字を変換する方法があります。

スマップの草彅剛さんが、韓国名では、초난강(チョナン・ガン)として活動しているのは有名な話ですよね。

(ただ、彅の漢字では、正式には、전(ジョン)が正しい読み方だそうです。)

しかし、こういった変換の仕方は、日本人の名前では使いません

ただ、その一方で、中国語の名前は、漢字をハングル読みにして変換します。

例えば、ブルースリーは、韓国語で、이소룡(イ・ソリョン)と呼びますが、これは、彼の漢字名「李小龍」をハングルに変換した読み方です。

ジャッキーチェンは、성룡(ソンリョン)ですが、これも漢字名「成龍」をハングル読みしたものです。

実は、先日、ある方から、韓国人の名前でハングルは同じだけれども漢字表記はあるかというご質問がありました。

答えはイエスです。

例えば、이경자(イ・キョンジャ)さんという方を漢字にすると、李敬子、李京子、李璟子というパターンがあります。

韓国人にとって意味を持ってしまう日本人の名前

最後に、ちょっとおまけになりますが、韓国人が聞くと、別の意味で聞こえてしまう、日本人の名前をご紹介していきます。

  • 島田(시마다)さん:“심하다” で「ひどい」
  • 板倉(이티구라)さん :“이 닦으라” で「歯を磨け」
  • 鎌田(카마타)さん :“까맣다”で「黒い」
  • 田畑(타바타)さん:“다 봤다”で「全部見た」

この中では、島田さんが一番有名ですが、あとは、ちょっと強引に考えたものもあります。

もし、他にも「この人の名前は、韓国語に変換すると、アレ」というものがあったら、コメント欄にご記入頂けるとうれしいです^^

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

7 Responses to “日本語の名前を韓国語に変換する方法!この名前の人はご注意!?”

  1. 田中 利博 より:

    アラビア語では、田中 تاناكا 一般的ですが 、ناكاطا とも書けます。

    田中は、韓国語の古い教科書では、다나카 ですが、私は、타나카 を使っています。

    いずれにしても、日本人の姓名を、外国語表記するのは、面倒ですね。

    • ケン より:

      田中利博さん

      アラビア語は、本当に全然分かりません^^;
      田中さんは、最近は、타다카さんと書くケースが増えているのかもしれないですね。
      実際、ハングルをカタカナで書く時もいろいろな書き方があるので、日本語の名前をハングルに変換する時もいろいろな書き方があっていいんだと思います^^

  2. 田中 利博 より:

    もう一つの田中のアラビア語綴り 

     ناكاطا は、誤りで、 

    طاناكا が、正しいです。

     訂正します。

  3. たく より:

    帰ってきたファングムボグでは
    日本人は山田さんでした。
    日本人の代表的な名前として、知られているのですね。
    やまださんは特に意味がないですね。
    今習っている韓国の先生の名前は
    宋錫(손 석)さんです。
    自分の名前は、택정 일호です^^
    ハングルから漢字を想像するのは難しいですね。

    • ケン より:

      たくさん

      確かに山田さんだと特に意味はないですよねえ^^
      今、思い出したのですが、私が韓国語を学校で習っていた時の先生の名前は「ナ・ミエ」と言いました。
      ご自身で、「安室奈美恵と同じです」と自己紹介をしていらっしゃったのを今でも覚えています。
      あと、たくさんのハングル表記から漢字を予想しようとしましたが、やっぱり難しかったです^^;

  4. cda より:

    やはり日本人名は、原音に近い表記にするのではなく、韓国語の漢字発音でするのがいいと思いました。豊臣秀吉も「とよとみひでよし」ではなく、「プンシンスギル」ですね。日本でも韓国人名を原音に近い形で発音するようにしていますが、日本語の音では失礼な意味になったりしていますし。
    李承晩は「りしょうばん」、金大中は「きんだいちゅう」、文在寅は「ぶんざいいん」でいいのではと思うのです。

    • ケン より:

      cdaさん

      慣れたら大丈夫なのかもしれませんが、
      私の名前を韓国語の漢字発音で読むと、チェドンコンとなり、何だか恥ずかしくて^^;
      そういえば、韓国人の名前も昔は、日本語の漢字発音だったのが、最近は、韓国語の漢字発音に変わって来ていて、ここら辺も時代の流れを感じますよね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ