こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、韓国在住日本人でブログをやっている人がメインのオフ会に行って来ました。

場所は、麻浦(マッポ)にある炭火タッカルビのお店だったのですが、そこで、麻浦グルメが満喫出来たので、その時の体験レポートをお伝えしていきます。

麻浦の炭火タッカルビのお店

今回オフ会を行ったのは麻浦(マッポ)の촌놈 숯불닭갈비(チョンノム スップルタッカルビ)というお店でした。

スップルとは韓国語で炭火というので、炭火焼のタッカルビということになります。

一般の観光客の人は、明洞や東大門にあるチーズタッカルビのお店へ行くと思うのですが、麻浦の炭火タッカルビとは、やっぱり韓国在住日本人のチョイスは渋いですね~

炭火タッカルビはメチャクチャ美味しかった

炭火タッカルビの店内は、こんな感じです。

この日は土曜日だったのですが、麻浦はオフィス街なので、そんなにお客さんがいっぱいという感じではありませんでした。

(あと、こちらのお店は5号線の麻浦駅から歩いて15分ぐらい掛かるということも影響していると思いますが・・・)

メニューを見るとタッカルビはハーブ、しょうゆ、ヤンニョンの三種類

そして、鶏モクサル(鶏の肩ロース肉)を2人分以上、頼むと寿司(チョバプ)が6個付いて来るとのこと。

取り敢えず、今回のメンバーは数名いたので、一通り注文!

すると10分ほどしたら、途中まで焼いた形でお肉が出て来ました。

こちらが鶏の肩ロース肉

そして、こちらがタッカルビです。

タッカルビというと辛いイメージがあったのですが、この中で辛いのはヤンニョンタッカルビのみです。

そして、焼き上がったお肉は、こちらのタレに付けて食べていきます。

写真の左側は何のソースかよく分かりませんでしたが、右側は辛いソースで、真ん中がタルタルソースみたいな感じでした。

最初に食べたのは、鶏モクサルだったのですが、タルタルソース(!?)につけて食べると、程よい柔らかさと旨味があって、メチャクチャ美味しかったです(*´▽`*)

そして、タッカルビの方も鶏モクサルに負けず劣らない美味!

韓国には日本のような焼き鳥がないので、久しぶりに美味しい鶏肉を食べた気がします。

とりわけ私は鶏皮肉が好きなので、こういうお肉は本当にたまらないです^^

これって寿司?

ちなみに、鶏モクサルを注文すると、寿司が付いて来るという話だったのですが、実際に出てきた寿司がこちら・・・

「ご飯だけじゃーん」

と思わず全員でツッコミ(笑)

皆で、「なぜ、ご飯だけなのか?」と試行錯誤した結果、このご飯に焼肉を乗せて、食べるんじゃないかという結論に到りました!

韓国の寿司屋へ行くと、ユッケ寿司とかベーコン寿司とか平気で出てくるから、タッカルビ寿司にして食べるのも韓国では別にいいのかもしれません^^;

タッカルビとチーズの愛称はバッチリ

そしてさらに「やっぱりタッカルビにはチーズでしょう」ということで、チーズを注文しました。

すると、チーズがたっぷり入った小鉢が出て来ました。

このチーズにタッカルビなどを付けて食べると・・・

美味しさが1.5倍ぐらいアップします!

よくチーズタッカルビの有名なお店が韓国にはありますが、タッカルビとチーズの相性は本当にバッチリなんだと思います^^

なので、後半は、このチーズにつけてばかり食べていました。

お酒好きな皆さんは、ビールや焼酎をグビグビいかれていましたが、お酒が苦手な私はチーズをたっぷりつけたタッカルビをひたすらモグモグしていました。

麻浦グルメは意外と穴場!?

他の日本人の方に伺うと、麻浦は日本人の駐在員の中でも独身の方が結構住んでいらっしゃるそうです。

地下鉄5号線の駅なので、金浦空港から乗り換えなしで行けますし、ソウル駅や明洞にも比較的近いエリヤとなります

明洞や東大門は観光客がたくさんいるので、ちょっと場所をずらして麻浦まで足を延ばすと意外においしいグルメに巡り会えるかもしれませんよ!

ただ、今回、ご紹介したお店は麻浦駅からちょっと離れていますけど・・・

お店情報

  • 店名:촌놈숯불닭갈비 마포용강점 (チョンノムスップルタッカルビ 麻浦龍江店)
  • 住所:서울특별시 마포구 용강동 116-1 ((ソウル特別市 麻浦区 龍江洞 116-1)
  • 電話場号:02-3663-8292

合わせて読みたい記事