忠武路のグルメと明洞から徒歩で行けるメリット

スポンサードリンク

先日、忠武路のグルメをチェックする機会がありました。

忠武路は明洞へ行くために地下鉄4号線から3号線に乗り換える時によく通過していたのですが、忠武路駅で降りたことはありませんでした。

今回、忠武路の街を始めて歩いたのですが、実際に歩いてみるといろいろ気が付くことがあったのでお伝えしていきます。

忠武路は週末だと寂しい!?

忠武路へ行ったのは、日曜日だったのですが、駅を降りて思ったのは、

「えっ、人、少な!」

ということです。

人通りは本当にまばらです。

明洞の隣の駅だから、もう少し賑わっているのかと思ったので、結構、意外でした。

もちろん、平日はもっと賑やかなのかもしれませんが・・・

忠武路のグルメ通り!?

いろいろなサイトで情報を調べてみると、忠武路駅の6番出口を出て、5分ほど歩き、左側に曲がった通りに、いろいろな飲食店が集まっているようです

コネストさんの地図を参考にさせて頂くこと、この通りです。

今回、探していたのは、比較的リーゾナブルに食事が出来るお店でした。

まず、チェックしたのが、私が大好きなリーゾナブルなテジカルビが食べられるお店です。

“忠武路テジカルビ”というお店があったのですが、外観はかなり古びた感じです。

ネットで調べた時の写真を見ると、もっと豪華な感じがしたんですけどね^^;

そして、もう少し奥に入ると、テジハンパンという焼肉店がありました。

こちらは、価格もまあまあ安そうですし、お店も広かったので、候補地としてチェック^^

また、こちらのお店の2件隣には、テソンタッカンマリという鶏肉を丸々一匹食べる韓国の代表的な料理を扱っているお店がありました。

他にもセマウルシクタンという焼肉のチェーン店を発見

セマウルシクタンは、ペク・チョンウォン(백종원)という韓国でお手頃価格の飲食店を数多く展開している有名な実業家が代表を務めているチェーン店なので、値段は安いはずです。

それにしても、何だかお肉ばっかりですね(笑)

忠武路から明洞へは徒歩で簡単に行ける

ちなみにこちらの通りには、スタズホテル明洞Ⅱというホテルがあります。

「えっ、もう、ここは明洞?」かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、一応、このホテルは、忠武路と明洞の中間ぐらいの位置にあります。

そして、ホテルから出入りする人達の中には日本人の方がたくさんいらっしゃいました

多分、明洞へ徒歩で遊びに行きたい方が、こちらのホテルに泊まっていらっしゃるのだと思います。

だから、この近くの食堂には、ほとんどのお店で、日本語表記がされていんたんですかね~

実際、このホテルからだと歩いて6~7分で明洞に着きます。

(ちなみに、忠武路駅から明洞駅までは徒歩10分ちょっとぐらいで行けます。)

忠武路のタッカンマリのお店で食事を楽しむ

実は、私はこの日、明洞で友達と会う約束をしていたのですが、その友達が会った直後に、

「明洞の人混みはちょっと避けたいんですよね~」

という話をしていたので、

「じゃあ、忠武路へ行きますか?」

という話をして、先ほどの忠武路のグルメ通りにトンボ返りすることになりました。

そして、入ったお店が、先ほど、ちょっとご紹介したテソンタッカンマリです。

ここで、二人分で18,000ウォンのタッカンマリを注文しました。

こちらのお店は、ちょっと古めの雰囲気で、お客さんもそれほどたくさんはいないので、食事だけでなくゆっくりと話も楽しむことが出来ました。

明洞だと、ここまで空くお店は、あまりないかなと思います^^;

忠武路の楽しみ方

忠武路は、明洞から徒歩で行くことが出来ますが、明洞に比べると、非常に落ち着いたところです。

ですから、明洞でワイワイ楽しんだ後、ちょっと人混みを避けたいなあと思ったら、忠武路へ来られたら、ふっと心が落ち着くかもしれません。

そんな明洞からの近さと、明洞とのギャップが忠武路の魅力なのかもしれません。

また、忠武路は、かつては、映画の街としても有名なところだったそうなので、そういった街並みの風情も感じながら忠武路の魅力を味わってみてはいかがでしょうか?


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

恩平区(ヨンシンネ)でタッカルビの美味しい食堂... 移住生活3年目を迎えて、やっと辛い物にも慣れてきた(気がする!?)こともあり、先日、家族で、タッカルビが美味しいと評判のお店に行って来ました。 お...
ヨンシンネの安くて美味しい焼肉屋を発見!... 先日ヨンシンネで安くて美味しい焼肉屋を見つけました。 お店の名前はファトンチプ(화통집)ヨンシンネ店というチェーン店です。 ここのお店はかな...
ソウル(ヨンシンネの近く)で冷麺が美味しいお店を発見... ソウルのヨンシンネ駅の隣にブルガン駅というところがありますがそこにNC百貨店というデパートがあります。 食材をまとめて買ったり、家具を買ったり、映画を観に...
韓国のビュッフェ(バイキング)恩平区編、ここは超オススメです^^... 妻曰く「成長期の子供たちにしっかり食べさせないと」 ということで、家族でビュッフェに行ってきました。 本当は、もうちょっと高いところへ行くはずだった...
韓国ではマックよりロッテリアが優勢... 家族へロッテリアの前を通ると、ソフトクリームが500ウォンで売っていました。 500ウォンだったら、50円以下じゃないですか^^ 韓国は、アイスが結...
次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

8 Responses to “忠武路のグルメと明洞から徒歩で行けるメリット”

  1. 駐在おやじ より:

    テソン行かれたんですね ^^
    チュンムロは確かに週末人が居ませんね って平日に行ったことはありませんが www
    ここのタッカンマリ 初めから少しタデギが入ってて
    スープが少し赤くて ピリ辛のタッカンマリが美味しいですね

    ちょっと辛いですが Tマークのすぐ裏にある 
    チュクミのお店美味しいですよ

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      駐在おやじさんもテソン行かれていたんですね!
      確かにそう言われてみるとピり辛でした^^
      今回は、辛い物があるお店は完全にスルーしていたのですが、
      そうですね。機会があれば^^;

  2. cda より:

    日本語と中国語の献立表記があるので、観光客もそこそこ来ているのでしょう。韓国語の下に書いてあるので、二重料金無しで良心的ですね。
    チャーハンや餃子が200円程度なのも良いですね。逆に安くてちゃんと儲かっているのか、余計なお世話様ですが、気になります。

    観光地や繁華街に美味いもの無し。中心からちょっと外れた所でやっている、行列が出来る店や口コミで広がる店ならokな気がします。大阪でもそうですよ。一過性の観光客相手ばかりの所はどうしようもない。あと変に勿体つける店や高い店。兎に角安けりゃ良い訳ではないですが。

    『孤独のグルメ』韓国篇で松重豊さん演じる井の頭ゴローが訪れた韓国食堂。早速、看板にゴローを入れて宣伝していますね。こう言う所が私が韓国人を好きになれない所です。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      私も韓国在住の日本人の方と会う時は、観光地には基本的に行きません。
      私はグルメ音痴なんですが、他の韓国在住日本人の方は、ちょっと外れたところの安くて美味しい店をたくさん知っているので^^
      孤独のグルメは韓国でも人気が高いので、ロケ地に選ばれたら、宣伝したい気持ちも理解できない訳ではありません。
      あとは、すぐ天狗になって、味とサービスの質が落ちなければいいかなと思いますけど^^;

  3. たく より:

    今度ソウル行くことがあったら、行ってみようっと。
    いつになるかな^^

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね!
      また、ご都合がつきましたら、是非、行ってみて下さい^^

  4. ムクゲ より:

    実は忠武路は韓国に住んでいて行くことがあまりない所ですね。
    この駅の辺にはドングック大学とナンサンゴルハノック村があります。

    ナンサンゴルハノック村は北村と違って静かな所だそうです。静かに観光したい方はここをお勧めます。

    ドングック大学は私が大学入試試験を受ける時行ったことがあります。
    仏教財団が建てた学校なので,キャンパスの中に寺があります。
    周りの村の住民達がここに来てよく祈るようでした。

    私の個人的には見所がないところだと思います。

    • ケン より:

      ムクゲさん

      コメントありがとうございます。
      やっぱり普段も静かですか^^;
      大学の中にお寺があるとは変わっていますね~
      お話を伺うと、見どころがない分、宿泊するには明洞にも近いし、静かだしいいのかなって思いました^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ