テジカルビ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国には美味しい焼肉料理がたくさんありますよね。

私は、その中でも、テジカルビが一番好きなんです!

テジカルビは日本では、あまり馴染みがないかもしれません。

そこで、ここでは、テジカルビの魅力について、サムギョプサルの違いも交えてお伝えしていきます。

テジカルビとは?

テジカルビは、ハングルで “돼지갈비” と書きます。

돼지(テジ)は、韓国語で豚なので、テジカルビは、直訳したら、豚のカルビ(ばら肉)という意味です。

テジカルビは、ぶつ切りにした豚のカルビをヤンニョン(양념)と呼ばれる甘いタレにつけた後、鉄板や網などで、焼いて食べるのが定番です。

豚のカルビは柔らかいですし、甘いヤンニョンにたっぷりつけることによって、さらに旨味がアップします。

牛のカルビは高いので、焼肉としては、あまり使われていなかった安いあばら肉を使って料理したことから始まりました。

なので、テジカルビは、お手頃価格という点でも非常に魅力的です。

そんなテジカルビの安さと美味しさが、庶民達の間で、人気を呼び、今では、専門店を街でもたくさん見かけるようになりました。

テジカルビ・サムギョプサルの違いは?

ちなみに焼肉で豚肉系だと、他にもサムギョプサルが有名ですよね。

テジカルビとサムギョプサルの違いって何なのでしょうか?

一つには部位の違いがあるようです。

実は、私もこの記事を書くまで、部位の名前は分かっても、場所は漠然としていたんのですが、韓国のサイトで確認してみるとこんな感じになっています。

テジカルビは、日本語で言うと、バラ肉の部分に該当し、あばら骨周辺の肉を指すそうです。

そしてサムギョプサルは豚のお腹の方の肉で、赤身と脂身が3層になっている三枚肉の部分になります。

また、テジカルビとサムギョプサルはで違うのは、やはり調理法です。

テジカルビは、しょうゆをベースとしたヤンニョムで味付けをした後、ジュワーと焼いて食べます。

その一方で、サムギョプサルは、特に味付けをしないで、まずは焼き、その後、サムチュなど野菜で包んで食べる料理です。

ちなみに私は、テジカルビ派か、サムギョプサル派かと聞かれたら、やっぱりテジカルビ派です。

もちろん、人によって好みはありますし、我が家では、次男がサムギョプサル派で、夕食のメニューがサムギョプサルだと、テンションが一気に上がります。

皆さんも韓国へ来られた際は、テジカルビとサムギョプサルを両方食べてみて、どっちがおいしいかチェックしてみて下さい。

まあ、基本的にはどっちもおいしいんですけどね~^^

ソウル江南でおいしいテジカルビを堪能

実は、先日、韓国在住のブログ仲間のオフ会で、ソウル江南のノンヒョン駅近くにある店で、おいしいテジカルビを堪能してきました!

お店の名前は、「삼미 숯불 갈비(サンミ スップル カルビ)」と言いますが、숯불(スップル)というのは炭火焼きという意味です。

値段を比べてみると、やっぱり豚肉は牛肉よりも遥かに安いです。

テジカルビには、こういった庶民的なお手頃感があるので、安心してたくさん食べられるところがあります。

注文すると、ヤンニョンがしっかりしみ込んだテジカルビがやって来ます。

テジカルビ

そして、炭火でじっくり焼いていきます。

炭火で焼くと、テジカルビの美味しさは、さらにアップする感じがします。

あと、こちらは、パンチャン、つまりおかずです。

テジカルビは、安くて美味しいので、親しい人に一緒に、値段とか気にすることなく楽しく食事をすることが出来るので、是非、オススメです^^

今回行ったお店はこちら

  • 店名:삼미 숯불 갈비(サンミ スップル カルビ)
  • 住所:서울특별시 강남구 학동로2길 30
  • (新住所) 서울특별시 강남구 논현동 143-10
  • 電話番号:02-549-9485
  • 最寄駅:地下鉄7号線논현(ノンヒョン)駅

ちなみに最近のブロガーのオフ会をする時は、いつも韓国生活記録帳のtakabone(たかぼん)さんが幹事役になって下さっています。

takaboneさんは、いつも美味しいお店を探しながらブログでアップされていて、オフ会ではそのスキルを活かして、おいしいお店を探し当てて下さいます。

takaboneさん、いつも本当にありがとうございます(*´▽`*)

合わせて読みたい記事