こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、ブログを通じて出会った方と一緒に江南の蚕室にあるロッテワールド民俗博物館の食堂街でお食事をする機会がありました。

ここは、韓国の文化を堪能しながら、思い出を作るにも最適な場所なので、その魅力をお伝えしていきます。

民俗博物館食堂街への行き方

ロッテワールド民俗博物館は、蚕室駅の4番出口を出て80mほど歩いたところにあります。

この道をまっすぐ歩いていくと左側に、ロッテワールド民俗博物館が見えてきます。

ここがロッテワールド民俗博物館の入り口で、ここから入った3Fにあります。

ロッテワールド民俗博物館は観光も楽しめる!

ここは、食堂街だけでなく、昔のソウルの街並みが再現されていたり、お土産屋さんがあったりして、ちょっとしたプチ観光を楽しむことが出来ます

そして食堂街では、韓国の伝統的な料理を楽しめるお店が4軒ほどあります。

今回は、주막(酒幕)というお店に行って食事することにしました。

(名前を見ると居酒屋っぽく見えますけど、お食事のメニューもたくさんありますよ^^)

そこで、カルビタンやポッサムなどをおいしく頂きました!

民俗博物館食堂街の魅力

江南というと、レストランはどこも高いというイメージがあるのですが、ここのロッテワールド民俗博物館食堂街は、意外にリーゾナブルな価格の料理が並んでいます

ビビンバ、チジミ、ソルロンタン、サムゲタン、冷麺などなど

韓国の伝統的な料理がいろいろ揃っているという感じです。

その一方で、お店自体は韓国の伝統的な雰囲気のインテリアになっていたり、店員さんがチマチョゴリを着ていたりと、韓国の文化をじっくり楽しめるようになっています。

お手頃価格で食事を楽しみながら、韓国ならではの雰囲気を味わえる点がこのレストランの魅力だと思います!

民俗博物館食堂街で素敵な思い出が出来ました

今回、こちらのレストランをご紹介したのは、一つ理由がありまして・・・

こちらのレストランで一緒に食事をさせて頂いた方は、先日、私のブログに直接連絡を下さったのですが、実は、その方は、それをきっかけにして奇跡的な出会いを体験されたんです。

プライバシーに関わることなので、詳しいことは書けなませんが、正直、私は、この奇跡の出会いをお膳立てするために、今までブログ書いて来たのかなと思っているぐらいです。

自分でも驚くような形で、ブログがドラマチックな出会いをもたらしてくれたので、

「ブログって、もしかしたら、すごい可能性を持っているのかもしれない!」

と考えながら、最近一人で勝手にワクワクしています^^

今回、ロッテワールド民俗博物館食堂街というとても雰囲気の良いところで、その方や親戚の方と思い出に残るお話をしながら、素敵な時間を過ごすことが出来ました。

皆さんも、韓国で美味しい食事を楽しみながら、素晴らしい思い出をたくさん作っていかれることを願っています!

お店情報

名前:ロッテワールド民俗博物館食堂街

住所:서울시 송파구 잠실동40-1

アクセス:地下鉄2号線と8号線のチャムシル駅の4番出口から歩いて5分

合わせて読みたい記事