韓国の整形はやばい!中毒になって年をとると・・・


韓国 整形

韓国に移住すると、韓国はやっぱり”整形大国”だと感じます。

韓国では、電車の中とかバスとかいろいろなところに整形の広告が貼ってあります。

テレビを見ていても、芸能人であるかどうかを問わず、整形している方はやっぱり多いです。

何でそんなことが分かるかというと、妻は、それをすぐに見破るからです^^

「あっ、この人、目を手術したわね。」
「この人は、鼻を手術したわ。ちょっと跡が残っているでしょう!?」
「この女優さんは、整形やりまくっているわね~」

とズバズバ言い当てます^^;

かくいう私も、韓国で数年間暮らす中で、整形をしている女性はすぐ分かるようになってきました。

そんな暮らしの中でで「やっぱり整形はやばいよなあ」と3つの観点で感じています。

韓国の整形はヤバイと思う理由

理由1:整形は中毒性がある

テレビを見ていると、整形に何百万円も掛けている女性が時々、出てきます。

日本でも扇風機おばさんが有名で、さすがにそこまでの人はいないのですが、それでも、サイボーグみたいな顔になっている人はよく見かけます

女性の「きれいになりたい」という願望に限りはないようで、一度やり始めると、「ここも、あそこも」という感じで止まらなくなってしまうようです。

一度、ハマったら抜け出せなくなるのが、整形の怖さなのかもしれませんね。

理由2:整形して年をとったら不自然な顔になる

今は、整形も大分、技術が進んでいるようですが、それでも10年後、20年後、あるいは30年後まで考えた技術はまだないと思います。

実際、韓国の女優さんを見ていても、若い方は、きれいに変わっている人が多いです。

(中にはやり過ぎておかしくなっている人もいますが・・・)

しかし、歳をとった女優さんを見ると、整形中毒になって、手術を繰り返しながら年をとり、本当に気持ち悪い顔になっている方をよく見かけます

整形は、一時の美しさに憧れてやる人が多いと思いますが、美しく老いたいのであれば、やらない方が良いと思います。

これから技術は、「歳を取っても大丈夫」という観点も含めてさらに進んでいくのか、それとも、「自然な美しさ」が見直される時代が反動としてやってくるのかは、分かりません。

これからも整形の行き着く果ては、静かに見守っていきたいと思います。

もちろん、娘が整形したいと言ってきたら、激しく動揺すると思いますけどね^^;

理由3:整形でみんな同じ顔になっていく

韓国には、いわゆる整形美人は多いのですが、整形をした女性はみんな同じ顔に見える時がよくあります

特に、韓国のガールズグループとか見ていても、一部を除いてみんな同じに見えます^^;

多分、整形手術をする際に美しく魅せるための黄金律とかが決まっているんでしょうね。

ただ、そういった同じ顔をした整形美人を見ていると、「韓国人女性はこのまま個性がなくなっていくのではないか」と心配してしまうのです。

韓国の整形社会の中で生きていると・・・

実際、韓国で整形をしている女性をたくさん見続けていると、私自身、ちょっと感覚がおかしくなって来ているところがあります。

具体的に説明すると、韓国できれいな女性を見ても、「美しいなあ~」という気持ちが湧かなくなってしまったのです

逆に「この人はどこを整形しているのかなあ・・・」という疑心暗鬼の思いを湧いてくるクセがついちゃいました。

つまり、女性を見ても感情が反応する前に、理性のチェックが働くようになってしまった訳です。

韓国の整形もやばいですが、美しいものを素直に美しく感じられなくなってきている私の感覚もやばいかもです・・・

↓こちらも整形にまつわる記事なのでご参考にして下さい。

韓国人女性がおでこをテカテカさせる理由

韓国の整形は何歳から?未成年の子供は親の許可が必要!





次の記事: »

前の記事:«

19 Responses to “韓国の整形はやばい!中毒になって年をとると・・・”

  1. Linen より:

    こんにちわ~!いつもブログ楽しみに拝見しています。
    今、日本はソチオリンピックニュースがすごいです!もちろん日本選手の活躍中心です。
    ぜひ、韓国のオリンピックニュース情報アップして下さい韓国はショートトラックとか強かったですよね?
    韓国は

  2. 韓国整形技術は日本起源 より:

    日本の有名な整形外科医者が、韓国人に教えたり、助手にしたりして教えたそうです。ナノに、日本人が行くっておかしすぎ。
    今では中国人にもするので試験対象は無限。
    でも日本人は日本でするほうが良いと思います。

  3. yamamot03 より:

    同感です
    美しくなりたいという気持ちは解りますし、自分自身もコンプレックスだらけですが…..
    年老いたり行きすぎて崩れてくると、どこの国の人関係なく同じ様な顔になりますよね
    整形は一生メンテナンスが必要になってしまうので、本当に生活していくのに支障がでてという場合以外は踏み切る前にもうすこし違う努力をしてみてもいいんじゃないかな?と思います
    一生を台無しにしてしまう可能性も大きいので、もう少し重く考えた方がいいと思っています

  4. mmwk より:

    けんさん、こんにちは。
    私も、奥様と一緒で
    整形をしているの、ほとんど
    見破れますww。
    10年近く韓ドラ観てれば楽勝です。
    初めて観たとき、おなじ東洋人なのに
    なんてみんな鼻が高いの~と驚きましたが。
    美に対する願望は、悪いことではないですが
    やはり行き過ぎると、よくないと思います。

  5. ケン より:

    皆さ~ん。
    コメントありがとうございますm(__)m
    Linenさん
    いつもブログを見て下さってありがとうございます!
    ソチオリンピックの話は、次の記事で取り上げましたが、
    あまりご期待に添えていないかもしれませんm(__)m
    韓国整形技術は日本起源さん
    私もやっぱり技術は日本の方が上だと思います。
    日本の技術は慎重さがあるので、整形の場合、
    その方が良いです。
    (韓国の場合、良い意味でも悪い意味でも思い切りの良さがあります)
    yamamot03さん
    やっぱり整形は、長~い観点で
    見る方が良いですよね。
    私も、やっぱり内面の美しさを
    始めとして、もっと総合的な
    努力をした方がいいなあと思うタイプです!
    mmwkさん
    やっぱり韓流ドラマのプロでいらっしゃる方は、
    違いますね。
    私も、行き過ぎた方は、これからどうするのかなあと
    気になっていますが、静かに見守っていこうと思っています。
    実は、整形に関しては、論議を呼ぶテーマなので、
    取り上げようかどうか、ずっと迷っていたところがありました。
    でも、皆さんにいろいろ掘り下げて頂き、
    書いて良かったと思っています。
    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

  6. りか より:

    わたしも以前から整形をする韓国人にかなり疑問をもってました。
    なぜなら私の周りには医療関係者が多くて、いつも韓国人をみて「おかしい!あんな完璧な顔や肌をした人間はいない」とか「あんな健康な身体を買ったり貼ったりして(笑)若いときは筋肉が支えるけど、歳とったらめちゃくちゃになるはず」と彼らはみな同じことを言い、整形は怖いもの、ヤバイ!って認識をもっているからです。
    美容整形外科医も、メンテナンスの必要性や危険性をちゃんと伝えるべきですよね。
    あと、整形美人はすぐにわかります。
    江南区ではたくさん見かけたんですが…綺麗というより、すごく人工的な印象でした。

    • ケン より:

      りかさん

      コメントありがとうございます。
      私も最近は整形をしている人は簡単に見破られるようになってきました^^
      あと、整形をしている人の話を人づてに聞くと、整形をすると、年を取ったらバランスが崩れて来るので、またお金を掛けて直さないといけなくなり、どんどん泥沼にハマっていくような印象を受けています。
      韓国のテレビを見ていても、「あぁ、この人は整形をしていないから綺麗だよね~」と感じることはすごく多いです。
      一時的な美しさを求めるのであれば、整形は良いのかもしれませんが、美しく老いたいのであれば整形はやっぱり良くないと思います^^

  7. 匿名 より:

    整形って聞くと、
    弘田三枝子さん(歌手 、人形の家など)の
    昔と現在のお姿を思い出してしまいますね。
    メンテしてても年をとると、ああなるのかな?
    手術では無く、ヒアルロン酸注入でも毛細血管は死ぬから表情筋みたいなのはダメになるのかな?

    日本の芸能人は歯の整形が多いみたいですねえ
    矯正は時間がかかるからか? 
    インプラント的なのが多いですね。
    カミングアウトした人では
    芸人の日村さん、真鍋かをりさん(フジの深夜番組で)
    真鍋かをりさんは歯を細く削って被せるの
    (歯茎の下の骨にネジで取り付けるタイプではない)

    • ケン より:

      匿名さん

      コメントありがとうございます。
      弘田三枝子さんの画像を時系列で拝見しましたけど、あ・・・・って感じでした。
      日本だと整形している人の方がまだ珍しいんですかね。
      韓国の芸能界(特に女性)は整形していない人を見つける方が大変ですし、整形していないと言われても、まず疑ってかかってしまいます^^;

  8. cda より:

    美容整形では無くて、噛み合わせや歯並びや骨格の問題などを扱う「成形」はやった方がいい気がします。

    一昔前に流行った美容整形番組でも、明らかに成形の範疇の物も扱って居たので十把一絡げにしてはいけないと思う様に為りました。

    然し、隆鼻術や目頭切開法やヒアルロン酸やボトックスの注入やエラ骨切除や胸シリコンなんかは正直要らないと思います。なんで西洋人化したいのかな?典型的東洋人、北東アジア顔の自分には分かりません。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      「成形」はその人が持っている本来の美しさを活かすものだからいいのかなって思います。
      「整形」は自分にないものを身に付けようとするから良くないのかなって思います。
      日本だと、大陸系の顔の人と、南国系の顔の人が混ざっていますが、韓国は大陸系の顔の人ばかりです。
      そういった人は目がパッチリした南国系の顔の人に憧れるのかもしれませんね。
      ただ、個人的には大陸系の顔の人の方が、年を取ってから、あまり変わらない人が多いと個人的には思っています^^

  9. Meg より:

    最近若い日本女子の間では、韓国コスメが流行っています。
    K-POPアイドルも人気で、韓国人みたいな顔になりたいって言う女の子も多く、男女問わず美の基準が韓国アイドル顔になっている人達も多いです。
    私が危惧しているのは、その中にコスメだけではとどまらず、韓国で整形して来る人達も多い事です。
    ヒアロルン酸やボトックス、糸を入れる整形は”プチ整形”と呼ばれ、気軽な罪悪感が無い整形になっています。
    中には脂肪吸引や顎を削っている人もいるみたいです。
    ある程度の年齢でやるのは、気持ちが分からなくもないですが、韓国女子の顔になりたいからと若い女の子達が気軽にやるのは如何なものかと心配です。
    韓国のTVを観ていると「見た目重視、美しくなるためなら整形して何が悪いの?」と洗脳されて行きます。
    若い子達は後先のリスクも考えずに飛びついて行きます。
    失敗例もたまに見聞きしますが、そういった不都合な情報は消されて行きます。
    韓国政府は美容整形を観光事業に入れているのも問題だと思います。
    以前膝を悪くした事があり、たまにヒアルロン酸の注射をしていました。注射後1時間位は膝が固まり歩けなくなっていました。
    あんなのを少量でも顔に入れると無表情になるのでは?と思い怖かったです。リスクを負いながらもそれでお金を稼いでいる芸能人と素人では違うと言う事を考えた方がいいですね。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      “韓国人みたいな顔”というところで少し笑ってしまいました。
      性格には、”整形した韓国人みたいな顔”だと思うので^^
      韓国に住んでいると、特に子供達が整形に対して抵抗を持たなくなってくる気持ちも分からない訳ではありません。
      ただ、それと同時に整形をしまくって明らかに顔がおかしくなっている人をたくさん見かけてその現状が分かるのも事実です。
      やっぱり今の若い子達にも長い目で考えて頂きたいですよね~^^

  10. uy より:

    はじめまして^_^ 以前に付き合っていた韓国人の彼女に言われたのが、
    「韓国はハンサムや綺麗な顔の人がアジアで一番多い」と言われた事を思い出しました笑

    個人的には韓国に10回以上行った上で思うのは、平均的にはイケメンと美人率は日本の方が(特に福岡と東京w)多い印象なのですがwおそらく日本の美と韓国の美に対する判断基準が正反対なんだと思います。

    不適切な例えですが、料理で例えると日本人は素材とその活かし方重視で、韓国人は味重視みたいなw

    化学調味料入れまくりのマクドナルドを美味しいレストランと言わないのと同じく、メス入れまくって作った容姿を美人、イケメンと賞賛する事に違和感があるんですよね。。

    体をサイボーグ化してオリンピックで金メダル取る事が正当化されるような(笑)え、それで金メダルとって嬉しいの?って思うように、整形する事に違和感が無い風潮に違和感を覚えるんです。

    ドーピングせずに本来の自分でどこまで自分を高められるかが日本的な価値観ですので、韓国の人からは奇妙に思われちゃうんですが(笑)

    • ケン より:

      uyさん

      コメント頂き、ありがとうございます。
      すごく本質を捉えたコメントだなあと思っています。
      実際、韓国では、整形をした人の方が、社会で優遇されたり、ドラマで主演を勝ち取ったりしてしまう社会になっているので、
      そういった社会に住んでいると、「整形やらないと損」という考え方にどうしてもなってしまうのだと思います。
      ちなみに、日本は生まれた時から二重の子達が多い(韓国に元々二重の子はほとんどいません)ので、
      やっぱり、美人率は韓国よりも高いですよね。
      もちろん、素材という観点での話ですが^^

  11. uy より:

    ケンさん

    お返事ありがとうございます!

    少し話が変わりますが、
    改めて思うのは、日本と韓国って、似てる価値観もあるんですが、正直に言って、メンタリティは水と油だなと感じるんですよね。

    僕だけじゃなくて、韓国に住んでる日本人の知り合いも言ってた事なのですが、

    “え、そんな事で、そんな怒る….?”と思う事が多々あったり、自分の考えに反する人に対して徹底的に敵意を剥き出しにする所など、付き合い方が非常に難しくて笑

    日本人や他の国の人に比べて、韓国人は怒りの沸点が低いというか、怒りセンサーが凄く敏感で、物事を悪く解釈する事も日本人以上だと思っています。(当然、韓国人全員がそうではないですが)

    もちろんこれはあくまで僕個人の考えですが、日本人と韓国人が円満に接していく為には、何が必要なのでしょうか?

    もし、機会がありましたら、日本人と韓国人のメンタリティの違いなどをブログ記事で解説していただきたいです。

    おそらく韓国人と関わってる人には需要があると思います。

    • ケン より:

      uyさん

      コメントありがとうございます。
      私自身、韓国人の友達もいますが、普段は、ネットを通じて日本の会社に通っているので、韓国人の人達は実はそれほど深く付き合っていません。
      逆に韓国の会社に入っていたら、今頃、韓国に住んでいなかったかもしれません^^;
      その一方で私の韓国人の妻は日本で10年住んでいましたが、そのせいか、韓国の会社では病気になってしまうほど、苦労していました。
      正直、私自身の中では、日本人と韓国人が円満に接していくための回答は得られていいないんですよね。
      ただ、妻とは円満な関係を築いているので、そこで感じるのは、いろいろな日韓の歴史問題や政治の問題については一切触れないことが大切だということです。
      別にそういった話はしなくても、深い関係を築くことは十分可能なので。
      そういった意味で、私の中では結構割り切っているところがあると思います。

      • uy より:

        ケンさん

        お返事ありがとうございます。

        奥様も僕が言ってる事と同じような事で悩まれていたのでしょうか?

        でも、同族意識や結束意識は日本よりあるので、自分が認めた相手や好感持てる相手に関しては(いや、何様だよとは思いますがw)無制限に愛情を注ぐので、そういった面は暖かい民族だなって思いますが。。

        ただ、怒りセンサーが本当に敏感なので、韓国人と接する際に地雷を察知する能力は必須かなと。

        敵と見なした相手には周りを巻き込んで、限度なく徹底的に攻撃してやれ!って風潮が日韓関係がいつまで経っても前進しない事はあると思ってます。

        日本は議論を避けすぎたり、曖昧すぎる事が問題ではありますが。

        • ケン より:

          uyさん

          >奥様も僕が言ってる事と同じような事で悩まれていたのでしょうか?
          いえ、それ以前の問題です。

          具体的に書いてしまうと、いろいろ支障が出てしまうので^^;

          韓国は良い意味では家族主義なのですが、悪い意味では家族以外排他主義なんですよね~

          今の日韓関係の悪化については、個人的にいろいろと思っていることがあるのですが、そこら辺のお話は個別にお話する機会があれば、お伝え出来ればと思っています!

          (今回は曖昧な返事になってしまってすみませんm(__)m)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ