こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に来て4年近くの歳月が流れました。

「それだけ住んでいたら、韓国語はペラペラでしょう~」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、現実は甘くはありませんよ(笑)

なぜなら、私は普段、日本の会社に勤めていますし、韓国語の勉強は全然していないですし、しかも移住したのが40代の時だったので・・・

ただ、そういった中でも韓国語の上達方法について感じるところはあるので、その内容をお伝えしていきます。

韓国に20年以上住んでいる先輩からのアドバイス

「韓国語を上達させるには、ドラマをたくさん見たらいい。あと、新聞もたくさん読むことが大切。」

これは、私が韓国へ移住したばかりの頃、韓国に20年住んでいる日本人の先輩から頂いたアドバイスです。

言葉はやはりイメージと一緒に覚えないと記憶に残らない性質があるので、そういった意味で韓国ドラマを通じて勉強するのは最高に良いとのこと。

「韓国語が分からなくても、ずっとドラマを見ていると、急に耳が開いて、分かるようになる時があるんだよね~」と先輩は話してくれました。

では、私の場合、その後、どうなったのでしょうか?

韓国に住めば韓国語は上達するのか?

実は、私は、韓国に移住したばかりの頃は、「1年で韓国語を完全マスターしてやる」ぐらいの勢いで、結構、がんばって独学で韓国語を勉強していました。

それでTOPIKという韓国語能力検定試験で4級を取得するところまでは出来たのですが、その後、いろいろ忙しくて、韓国語の勉強を一切しなくなってしまいました

仕事も完全に日本語環境でやっていますし・・・

では、韓国語がまったく上達しなかったかと言えば、実はそうではありません。

子供達が韓国語で会話するのを聞いたり、韓国ドラマやニュースを家族と一緒に見たりする中で、少しずつではありますが、確実に耳が慣れて来ているところがあります。

今は、ドラマだと7割~9割ぐらい、ニュースだと6~7割ぐらい理解できるかなあという感じです。

日常会話であれば、基本的には問題ありません。

(耳が開くという感覚はあまりよく分からないのですが、徐々に分かるようになってきたという感じです)

移住したての頃は、お店で買い物をしたりする時もかなり緊張したのですが、最近は、「分からないことがあれば、また聞き直せばいいや。」と思えるようになってきました。

韓国語上達のおすすめの方法

韓国に住みながら感じることは、韓国語上達のコツは、とにかく毎日、韓国語に触れ続けることだと思います。

その時、自分が好きなものじゃないと、毎日、続けるのは難しいので、そういった時に、韓国ドラマは、韓国語の世界にハマりながら勉強できるのでオススメです。

ただ、まったく韓国語が分からないと、韓国ドラマを見ても、まったく理解が出来なくて困ってしまうと思います。

ですから、そのためにも最低限の韓国語の基礎は何らかの方法で身に付ける必要があります

そのために、私がお勧めしているのは、TOPIKとか韓国語の試験を定期的に受けるという方法です。

やはり目標があると、緊張感が生まれ、韓国語を勉強する気合いも違って来るからです。

基礎の部分で重要になってくるのは、やはり単語力と文法です。

単語に関しては、最近はスマホアプリなどでゲーム感覚で勉強できるものがたくさんありますし、文法もTOPIKを勉強するためのテキストがあれば、必要な内容が網羅されています。

韓国語学習に年齢は関係ない!

私も韓国語がまだ完璧というワケではありません。

ただ、40歳を過ぎても、努力をすれば韓国語の能力はまだまだ伸ばせることが分かってきたので、向上心は捨ててはいません。

最近は、朝、韓国のニュースを見ながら分からない単語が出て来たら、一つだけ辞書で調べてチェックすることを日課にしています。

学ぶことに年齢の限界はないと思いますし、韓国語は日本語と似ている部分も多いので、韓国語に関心のある方がいらっしゃれば、共にがんばっていければ幸いです^^

合わせて読みたい記事