40代で韓国(ソウル)へ移住して半年・・・何が変わったか!?

スポンサードリンク

韓国(ソウル)に移住してから、半年(家族は9か月)が経ちました。

ちょっと総括

↓ ↓ ↓
【韓国移住ガイド】まとめました!

韓国語

日本語環境の職場で働いているせいか、思ったように韓国語の力が伸びていないような感じがして、少し焦っているかもしれません。

移住前は、日常会話は、ある程度出来るレベルから出発しましたし、単語力は確実について来ているので、ドラマを見ていても、理解度は確実にアップしていますが、まだ70%ぐらいまでしか理解できません

ストーリーの流れは理解できますが、細かい話になっていくとついていけない状態です。

子供の学校

子供達は、先に韓国へ来たので、移住してから、9か月経ちました。

語学コースは受けず、いきなり現地の学校に入った子供達でしたが、小四の息子と小一の娘は、家で、遊ぶ時、韓国語の方が多くなってきたり、中二の長男も、「この表現は、韓国語で言った方がスムーズなんだけど・・・」と言うようになってきました。

学校の勉強は、まだまだ大変なのですが、韓国語がそれなりに分かってきたので、これからの飛躍を密かに期待しているところです。

ただ、小一の娘の日本語が少し怪しくなってきているので、父親としては、かなり心配です^^;

全体の感想

韓国では、基盤がないので、孤独を感じたり、自信がなくなったりすることは多いです。

やっぱり40代で新しい人生にチャレンジすることは簡単でないと何度も実感しています^^;

それでも毎日が刺激的で楽しいこともいろいろあり、やっぱり移住して正解だったと思っています。

「何が変わったか?」と聞かれれば、まだそんなに大きく変わってはいないのですが、でも、確実に前進はしているので、光が少し、「見えているかなあ~」という感じです。

これからの展開にご期待ください^^

【韓国移住ガイド】まとめました!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

6 Responses to “40代で韓国(ソウル)へ移住して半年・・・何が変わったか!?”

  1. 竜虎豚 より:

    お子さんたちも大変でしょうね。うちも来年小学校に上がるので心配です。お互い頑張りましょう~

  2. ケン より:

    竜虎豚様
    私もいろいろと心配しましたが、子供達は、思っていたよりも、よく学校に順応してくれているので、ホッとしています。
    竜虎豚さんのお子さん達も、韓国の学校をエンジョイされるよう願っております^^

  3. Hey より:

    はじめまして。
    韓国の情報を集めていて、ケンさんのページに巡り合いました。 実は私の嫁さんが韓国人でして、それも恩平区に実家があり、韓国への移住を計画中です。 F6Visaを取得し、近じかソウルへ向かいます。
    また、こちらのページを拝見させていただきますね。

  4. ケン より:

    Heyさん
    コメントありがとうございました。
    ご返信が遅れてすみませんm(__)m
    恩平区にご実家があるなんて
    すごいですね!
    恩平区は、本当に住みやすいところだと感じています。
    都会と田舎の雰囲気を両方味わえますし、いい人が多いですし、かなり気に入っております^^
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

  5. Hey より:

    実は、韓国に住む事を決めたものの、韓国語がさっぱりでして…。 何処かで、安く(無料ならもっと嬉しい)語学を勉強できる場所(コミュニティー)がありますか?

  6. ケン より:

    Heyさん
    コメントありがとうございます。
    私自身は、仕事もあって行けていないのですが、外国人支援センターというところがあります。
    http://japanese.seoul.go.kr/lh/education/lk.php?pidx=3
    あとは、韓国ドラマを観まくるという感じでしょうか^^;
    韓国に住んでいる私の日本人の友達は、韓国に来て数か月は、語学学校に通って、マスターした見たみたいですが、本当はそういったところに通うのがベストではあるんでしょうけどね・・・
    韓国語、大変だと思いますが、がんばってください!(私もがんばらないといけない立場ですが^^;)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ