韓国に移住したいと相談されたらどう答える?(男性編)

スポンサードリンク

韓国に移住して5年ぐらい生活しながら、ブログで情報を発信したりしていると、いろいろな方から、

「韓国に移住したいと思っているのですが・・・」

と相談を受けることが時々出て来ます。

そういった時、正直言うと悩みます。

韓国移住が良いかどうかは、その人が持っている事情によっても大きく変わって来ますし、人によっては韓国移住はしない方が良いケースもあるからです。

特に悩むのは、男性から移住の相談を受ける場合です。

女性の場合は、旦那さんが韓国人であったりして、既に移住をすることが決まっていることが多いです。

また、旦那さんがしっかりして仕事が出来る方であれば日本に住むよりは韓国へ住む方が良いので、より不安を取り除いて上げられるようなお話をします。

ただ、男性の場合は、韓国へ移住した後も、仕事をして生計を立てたり、家族を守る立場に立ったりするので事情がまったく異なって来ます。

下手なアドバイスをすると、その人の人生に悪い影響が出てしまうので、特に慎重に話をするようにしています。

ある男性からの相談メール

先日もある日本人の独身男性(Wさんとしておきます)の方から韓国へ移住したいという相談を受けました。

最初は、メールで簡単に返信をしました。

そして、メールだと微妙なニュアンスが伝わらないですし、Wさんに合った形でのアドバイスが出来ないので、

「もし、お会いする機会があれば、もっと具体的なお話をさせて頂きますね。」

とお答えしました。

すると、Wさんは韓国へ遊びに来たついでにヨンシンネまで来て下さったのです(*´▽`*)

Wさんの行動力にちょっと感動しつつ、ヨンシンネで美味しい焼肉を一緒に食べながら、そこで感じたことを少しお伝えしていきます。

男性が韓国移住を希望する場合の問題点

Wさんは30代半ばの男性だったのですが、日本ではそれなりに安定した生活をされていました

しかもWさんは背も高くて、礼儀作法もしっかりされいる好青年で、日本でも不自由なく生活していけそうな感じの方です。

ただ、普通のサラリーマン生活には、ある種の物足りなさを感じていました。

またいろいろな経緯で韓国に関心を持つようになり、いつか移住をしたいという気持ちを強く持っていらっしゃいました。

ちなみにWさんは、韓国へお嫁に行く日本人女性の話はよく聞くけれども、男性で韓国に移住した人の情報はなかなか見つけられなかったそうです。

そんな時、私のブログを見つけられたとのこと。

確かに日本人男性が駐在以外で韓国で住んでいるケースは稀ですし、そういった意味で私は超マイノリティです^^;

スポンサード リンク

万が一帰国した場合のリスク

男性が韓国へ移住する場合、私が心配するのは、一度、日本人男性が仕事を辞めて韓国へ移住した後、再び日本へ帰ることになると、ゼロからのスタートになってしまうということです。

まだ若ければ日本での再スタートは比較的楽なのかもしれません。

しかし、ある程度、年齢を重ねると、再スタートは簡単ではありません。

実際、韓国に骨をうずめる覚悟で来ても、韓国に済む年数が長くなってくると、健康のことや老後のこととかいろいろなことを考えるようになります。

そして、遅かれ早かれ日本へ戻る可能性は高いと思っています。

私も韓国へ移住した日本人男性の方々と接する機会がいろいろありましたが、半分ぐらいの人達は日本へ帰ってしまいました。

もちろん、私も韓国に永住する気持ちはありませんし、近い将来、日本へ帰る可能性は十分あります。

なので、男性の場合は、いつかまた日本へ帰ってくることを前提として、計画を立てる方が絶対良いのです。

仕事とビザの問題

また、もう一つの問題として、韓国で仕事をするのは簡単ではないという点も挙げられます。

日本人でも出来る仕事を探すというのも大変ですが、ビザの問題もクリアしなければなりません

実際、私の知っている日本人男性で駐在以外で韓国に来られて、どうやって仕事をしているかという点を差支えのない範囲でまとめてみると・・・

就業ビザのパターン
  • 韓国企業が日本にも求人を出していたのでその会社からビザを発給してもらって仕事をする
  • 韓国と日本の橋渡しをする業種で起業して投資ビザを取得して働く
結婚移民ビザのパターン(韓国女性と結婚)
  • 日本で培ってきた技術があったので奥さんの紹介で仕事を紹介してもらった
  • 韓国に来た後、アルバイトをしながらそこで知り合った人から良い仕事を紹介してもらった
  • 韓国関係の商品を仕入れて日本人に販売しているビジネスを行っている
ビザはあまり関係ないパターン
  • 日本でビジネスをやっていて、韓国へ来てもそこからの収入が見込めるので、韓国では仕事をする必要がない
  • インターネットを使って、日本語環境で仕事をして生計を立てる

一応、今回、ご相談をされた男性の方には、一番最後のパターンをオススメしておきました。

このパターンを確立することが出来れば、万が一、途中で日本へ帰ることになっても、スムーズに再出発できるからです。

正直言うと韓国移住したい男性から聞かれたら、7対3で反対する気持ちの方が強いです。

ただ、私みたいに韓国移住生活が自分の人生にプラスになっていると感じている人もいますし、人にはいろいろな考え方や生き方があるのは当然のことです。

ですから、その人の夢を実現させるためには、どんな方法があるのか、どんな条件を満たす必要があるのかというお話は最低限させて頂いたという感じです。

韓国移住を成功させるコツ

実際、韓国移住の相談を受けてお話をしていると、逆に自分でも気づかされることがあります。

今回も、Wさんとお話をしながら、韓国生活で私が経験してきた想定外の出来事を面白おかしくお話をさせて頂きました。

その話を聞いて、Wさんは大笑いしながら、

「やっぱり韓国で生き抜いていくには、そういった気持ちで乗り越えていくのが大切なんですね~」

とおっしゃっていました。

その言葉を聞いて、私も改めて、韓国の移住生活では、目の前の出来事をどうらえるかという点がいかに大切であるかを改めて実感しました。

以前、韓国で生き抜くための3ヶ条をまとめたことがありましたが、本当にそんな感じです^^

韓国移住の具体的なお話については

ちなみに、韓国に住みたい日本人の方は確実にいらっしゃるので、私は、韓国移住ガイドという記事で韓国に移住したい方に向けて

  • 移住の手続き(ビザなど)
  • 移住の費用
  • 韓国で住む上でのお役立ち情報
  • 韓国移住のメリット・デメリット

という観点で役立つと思った情報をまとめていますので、韓国移住ってどんなものかなと気になる方はご覧になってみて下さい!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

18 Responses to “韓国に移住したいと相談されたらどう答える?(男性編)”

  1. タケ より:

    韓国に移住するには、冷静に考えればしない方がいい。
    特にお金がないのに、韓国に来て何とか働いてなんてのは有り得ない。大企業は学歴社会と血縁重視、中小企業は血縁とコネ。韓国語が話せても、まともな給料の会社に入れる見込みは有りません。
    韓国の大学新卒でも難しいのに日本人が来て即戦力でもない人が仕事教えてくださいというのは無理です。
    お嫁さんで移住した人も姑や親戚の付き合いとか韓国独特の文化に慣れずに半分以上の人は挫折して帰国するようです。
    特に食文化は全く違うといっていいと断言します。日本で食べる韓国料理は時々だから美味しく感じるのだが、毎日だとキツい。胃潰瘍、ストレス性湿疹、など最初の一年目で相当体が悲鳴をあげる。体も精神的にも落ち着いて来るのは3年目過ぎたくらいから、僕は韓国語話せないし、仕事もやったこともないなど、最悪な環境でよくここまで来たなと思います。若い頃に仕事は見て盗んで覚えろと先輩に仕込まれたので、今それが生きています。そんなに甘くはないと言うのは共通認識です。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      韓国移住を希望されている方にとってタケさんがおっしゃるお話も大変貴重になると思います。
      食生活は人によりけりですね。先日も私と同じぐらいの時期に韓国へ来られた日本人の方とお会いしましたが、辛いものは大好きでした。
      ちなみに我が家では辛い物が苦手な私のために妻が相当配慮してくれているので助かっている部分があります。
      ただ、韓国へ移住して韓国の会社で働くのは簡単ではないと私も強く感じるので、記事にも書いてあるような第三の道をお伝えしました。
      私も韓国の会社で働いていたら、本当に大変だったと思います・・・

      • タケ より:

        そうですね。妻のサポートが無かったら無理でしたね。病院も健康保険のに入らないと莫大な支払だし、遊びに来てる訳ではないので生活するには色々な問題が発生しますからね。息子も幼稚園に途中入学して、相当苦労したと言ってました。僕も息子も、行けば分かるからと鬼対応され散々苦労しました。酒、煙草をやらないので、韓国の男の夜の付き合いは出来ないので、真面目さと勤勉で誠実に仕事をするしかなかったですね。誰よりも早く来て、遅く帰る。バカにされても韓国語分からないから気にならないしイッツマイウエイ!でも、今は分かるのでムカつく事もあるのですが。とにかくやるしかないです。

        • ケン より:

          タケさん

          確かに韓国の学校は日本と違って、外国人の方にサポートスタッフを付けてくれるようなことはしてくれないですからね。。。
          一応、多文化センターである程度の対応はしてもらえますが、あくまでも”ある程度”の範囲となるので。
          そういった中で、うちの息子や娘達は、学校で明るく元気にがんばっているので、尊敬の念さえ湧いてきます^^

          • タケ より:

            そうですね!子供に関しては自分の意思で来た訳ではないので、頭が下がるし涙がでる程申し訳なくおもいます。
            パボヤーと言われる嫌でやるときにはやるのだろうね、勉強は小1~現在までトップクラス5教科の平均点は95点以上、公務員か検事志望だという!変わったゲーマーです。

          • ケン より:

            タケさん

            タケさんのお子さんは本当にすごいですね(*´▽`*)
            私も頭が下がる思いです。

  2. 田中 利博 より:

    韓国に限らず、海外移住のリスクは、医療と年金ですね。

    サムスンの李健煕会長が、アメリカの病院で胃ガンの緊急手術を受けたのは、有名な話です。三星医療院があるのに、不思議な話です。

    韓国在住者の方には、申し上げ難い話ですが、韓国とアメリカや日本と医療技術を比較すると、まだ、韓国は、医療技術が低いと思います。サムスンの李 秉喆 創業会長が、東京の病院で、胃ガンの緊急手術を受けたのも、医療技術に対する不安だったのでは、と思います。

    先日、日経新聞にソニーの平井一夫社長のインタビューが載っていました。自動車が好きだった平井社長が、自動車メーカーの内定を蹴ったのは、父親の趣味を仕事にするな。趣味を仕事にすると、逃げ場を失う でした。

    私の場合、韓国芸能は、趣味の極みであって、仕事にするつもりはないです。

    私は、韓国のお菓子が好きで、韓国で買う事が多いですが、日本より高いですね。チョコパイが、日本だと、300円ぐらいですが、韓国だと倍ぐらいします。
    ポッキー極細カフェラテ味は、日本でも売っておらず、Gマーケットの海外発送でも、取り扱いがないので、年末の訪韓で購入予定です。^^

    私の韓国好きを知っていて、他人が韓国移住を勧める話をするのですが、慎重にならざるを得ません。

    私は、日本で仕事をして、年数回の訪韓を目指すのが、ベストだと思っています。

    以上、長文にて失礼します。

    • ケン より:

      田中 利博さん

      コメントありがとうございます。
      そうですよね。田中さんのように趣味で一年に何度も韓国へ旅行に行かれるというのも一つの理想的なパターンだと思います。
      韓国はどの分野でもサービスや技術が一律ではありません。
      病院も当たり外れがあり、病院によって診断結果が全然違うというケースもザラにあります。
      内の息子も、ある病院では「MRI検査をしなければ」と言われ、別の病院では「ただの喉の風邪です」と言われたこともありました。
      そういった意味で、特に年齢を重ねてくれると「韓国の病院で本当に体のケアが出来るか」という悩みは当然出て来ます。
      あと、最近の韓国の物価は日本よりも確実に高いと思います(交通費とか一部の料金は別ですけれども)。
      昔の韓国を知る人が見たら、隔世の感があると思います^^;

  3. quazm より:

    外国に暮らすのは、やはりいろいろと大変ですよね。
    私も今は単身でかなり慣れてはきたものの、大変だという思いは強くなるばかりです。

    ちなみに、配偶者が韓国の方と言う方々を私もけっこう存じ上げてます。女性が圧倒的に多いですが、男性の方も存じ上げてます。
    男性だと、日本企業の現地採用という方法もあります。お給料は日本での採用よりはちょと下がるかもしれませんが。
    女性のほうは嫁いでこられた方でも、なんだかんだで8割ぐらいの方が日本に戻られているとか…
    いずれにしても、長く留まれる方は少数派になりますね。
    正直、よほどの事情や覚悟がない限り、韓国への移住は私もオススメはできかねないですね。
    他の在住者の方々のブログを見ていても、始めは希望いっぱい夢いっぱいの楽しい記事が多く、そのうち、不満やグチの内容が多くなる傾向が高いですよね。他の国へ移住された方々よりも顕著なような気がします。(^^;;

    あと、私は今韓国企業なので、日本に戻った時はプーになるので職探しからですね。(^^;;

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、時間が経てば経つほど、ジワリジワリと来るものってありますよね~
      私自身も時々不満っぽいことをブログに書いてしまうこともありますが、出来るだけ笑いのネタに変えるようにしています^^;
      私が知っている人の中には韓国人に帰化してしまう方もいらっしゃいますが、それは本当に稀なケースだと思います。
      そういった意味で相当の覚悟を持って韓国へ移住する場合も、いつ日本へ戻ることになっても大丈夫な体制を作った上で、行かれるのがやっぱり良いのかもしれません。
      あと、韓国の在住日本人同士で実際に会ったりして交流できると、気持ちが楽になることが最近分かってきたので、quazmさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

  4. quazm より:

    > 韓国の在住日本人同士で実際に会ったりして交流できると、気持ちが楽になることが最近分かってきたので

    海外にいると、やはり、自分の一番話しやすい言語で、そして、自分が一番理解しやすい文化をもつ人と交流するのが一番気楽だと思います。
    悩んだり疑問をもつポイントも同じようなところがありますからね。いっしょに相談もできますし。

    • ケン より:

      quazmさん

      確かにそうですよね~
      やっぱり韓国に住んでいる日本人しか体験できないことや感じられないことってたくさんありますから^^
      それに同じような環境でもがんばっている日本人の方を見ると勇気を与えられます!

  5. 大元 より:

    お久しぶりです。大元です。
    フェイスブックから来させてもらいました。いつのまにか5年も経ってしまったんですね。
    ブログを読んで私の行動力の無さを申し訳なく思いました。苦笑
    こうやって韓国生活のメリット、デメリットを整理されて、うんうんと頷かせていただきました。
    お仕事のストレスや韓国生活ならではの大変さがあると思いますが、お体に気をつけてお過ごしください。

    • ケン より:

      大元さん

      ご無沙汰しています^^
      そしてコメントありがとうございます!
      5年って長いようで本当にアッと言う間に過ぎていくものですよね^^;
      今だったら、大元さんとも、5年前とはまた違ったお話が出来るかもしれません。
      機会があれば、是非、お会い出来ますと幸いです^^
      お互い韓国生活がんばりましょう!

  6. たく より:

    年金の問題とかもありそうですね。
    今韓国語を教わっている先生は
    奥さんが日本人で、それなりの収入があり
    日本に移住して、韓国語講師をしていらっしゃいます。
    日本に厚生年金を納めているのに年金受給資格がないと嘆いていました。
    前までは25年積まないともらえなかったのですが
    法が改正され、たしか5年つめばもらえるように変わったのですよね。
    教えてあげたらとても喜んでいました。

    韓国に住むのなら、自力で稼げる環境であればありだと思います。
    くれぐれもどこかの企業で働くというのは、危険すぎます。
    幹部としてやっていけるならまだしも、管理職でも平気で
    肩叩き会いますからね、そしてなけなしの退職金を叩いてチキン屋開業というお決まりのコース。
    住むには魅力の多い韓国ですが、生きていくのはそうとう苦労すると思います。
    いろんな話を伺うと、日本も捨てたもんじゃないというのが、よくわかります。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      確かに韓国の会社の仕事環境の話を聞くと、日本はいかに恵まれているかってことがよく分かります。
      日本でもブラック企業とかいろいろ言われたりもしますが、それでも社員が守られるシステムがしっかりしていますので。
      やっぱり韓国移住で失敗しないためには、自力で稼げる環境を作ることが本当に重要になってきますよね~^^

  7. 駐在おやじ より:

    こんにちは
    皆さん書かれているようですが、僕の考えも反対です。
    やはり仕事を辞めてというところがリスクが高すぎると思います。 
    もともと技術者でその技術を持って「引き抜かれた」とかなら別ですが、実際に住み始めてこんなはずじゃなかったということになるのではないかと思います。
    もちろん 個人的な考えです

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      貴重なアドバイスありがとうございます。
      駐在おやじさんのおっしゃる通り、日本の会社を辞めて、韓国で仕事を探すことから始めるととんでもない落とし穴にハマる可能性がありますよね・・・
      私自身も、韓国の会社には依存しない環境を作ることが出来て、その気になればいつでも日本に帰ることは可能なので、気持ち的に楽になれている部分があるのかもしれません。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ