こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国で、韓国ドラマを見ていると、お決まりのストーリー展開やよく見かけるシーンというものがあります。

いわゆる韓国ドラマあるあるです。

ただ、ドラマではよく見かけるのですが、実際の韓国での日常生活では見かけたことがまったくないことって実は結構あります。

そんな韓国ドラマのあるあるネタをピックアップしてみました。

韓国ドラマあるある

実はお父さんやお母さんが違う

韓国ドラマの半分ぐらいはこのパターンが出て来るのではと思ってしまうぐらい、「実は、今の親は本当の父親や母親ではなかった」というケースが実に多いです。

これって、最も典型的な韓国ドラマあるあるネタではないでしょうか?

韓国は昔、貧しかったから、子供を置き去りにすることが多かったのかなあ。

病院の管理が、よっぽどずさんだったのかなあ。

と思ったりもしたのですが、まだ実生活でそういう方に出会ったことはありません・・・

激しく怒っている時に、頭が痛くなって倒れ込む人

韓国ドラマは、感情表現が激しくて、ものすごい剣幕で怒るシーンってよくあります。

というか、すぐ怒鳴るというか、怒ってばかりだなあと思う時もあるのですが・・・

そして怒っている時に、頭の血管が切れたせいか、突然、頭を抱え、倒れ込む方は多いです。

韓国の人は怒り出すとすごいから、やっぱりそういうことって時々あるのかなあと思ったりもします。

街中でも時々、怒鳴り合っている人を見かけますが、その時に頭を抱えて倒れ込むことは見かけたことはありません・・・

喫茶店で相手の顔にコップの水を掛ける人

韓国ドラマでは、喫茶店で、本当に腹が立った時は、コップの水を相手の顔にぶっかけることがよくあります。

ちなみに、ドラマの中で、水をぶっかけられた人が、ブチ切れて、水を逆に掛ける人はいません。

基本的に、これは偉い人が、目下の人に対して行なう行為です。

日本だと切り捨てごめんですが、韓国だと水かけごめんという感じでしょうか・・・

ただ、私も、コーヒーショップにはよく行く機会がありますが、日常生活の中でそういったシーンに遭遇することはありません。

交通事故に遭う人が本当に多い

韓国ドラマの中で、交通事故に遭う人は本当に多いです。

これも韓国ドラマあるあるです。

韓国ドラマをたくさん見ていると、交通事故が起こるシーンはだんだん予想できるようになってきます

「あっ、なんかこのシーンヤバイんじゃない?」

「あー、くるよー、くるよー、絶対、くるよー」

ガシャーン

「やっぱり・・・」

という感じです・・・

もちろん、実際の韓国社会でも交通事故は多いのですが、さすがに韓国ドラマに出てくる頻度には及びません。

髪を引っ張り合ってケンカする女性達

韓国ドラマでは、女性の登場人物が、お互いの髪を引っ張りあってケンカをするシーンがよく見られます。

相手の髪をグチャグチャにすることによって、相手を動揺させる作戦なのかもしれません

実際、韓国には、気性の激しい女性達は多いのですが、さすがに日常生活の中は、そこまでやる女性は見たことがありません。

でも実は、皆さん、自分の家の中でやっているんですかね^^;

韓国ドラマはワンパターンになりやすい?

今回は、冗談半分で、韓国ドラマあるあるネタを少し集めてみました。

もし、韓国ドラマを見ていて、こういうシーンが出て来たら、「ほら、出た出た」と思って、笑って頂ければ幸いです^^

実際、韓国はドラマ大国ですし、星の数ほどドラマがあります。

なので、同じようなワンパターンのドラマが出てくるのは、ある意味、しょうがないのかなと思っている部分もあります。

実際、韓国ドラマは、同じ人ばかりが出ているので、役者さんの顔を見ながら、

「この人、また出ているけど、どの韓国ドラマで見たんだっけ・・・・」

と考えてしまうこともしょっちゅうです(笑)

ただ、こういったあるあるネタを探してみるのも、韓国ドラマを楽しむ一つの方法だと思います。

本当に水戸黄門の紋所と同じぐらい、お決まりのワンパターンって多いですから。

逆にそういうシーンがあると、みんな安心したり、盛り上がったりするのかもしれないですけどね~

私が韓国に来て面白いと思った韓国ドラマをランキング形式でまとめています。

合わせて読みたい記事