韓国の学校は、今、長~~~~い冬休みと春休みに突入しています。

そんな子供達を喜ばせるためにロッテワールドへ行ってきました!

ロッテワールドはただでさえ混んでいるのに、しかも週末・・・

実際に行ってみると、どんな感じなのか、今回はレポートしていきます。

ロッテカードの週末の混雑具合

ロッテワールドへ行くのは私は今回が初めてだったのですが、行ってみて、「屋内型遊園地」という意味が初めて分かりました。

IMG_4901

入口は、蚕室の地下通路と繋がっていて、本当に、屋内にアトラクションなどの施設がたくさん詰まっているんですね。

IMG_4903

“百聞は一見に如かず”とは、まさにこのことだなあとしみじみ実感いたしました^^

屋内だと全然寒くないというか、ジャンバーを着ていると少し暑く感じるぐらいです。

ロッテワールドの営業時間は、週末だと23:00までとなっているのですが、屋内だからこんなに遅い時間まで出来る訳なんですね。

ただ、気になったのは待ち時間です。

娘と一緒にバイキングの列に並びましたが待ち時間は80分でした。

IMG_4904

その日は夕方5時過ぎにロッテワールドに到着して6時過ぎに並び始めたのですが、どこも人がいっぱい並んでいます。
もちろん日中に人が増えるのはしょうがないと思っていましたが、夜でもこんなに並ぶことになるとは・・・

考えてみれば、韓国の人達は、夜型人間が多いですし、週末に、こういうところへ来ることがちょっと無謀だったかもしれません^^;

ちなみに子供達の反応ですが、小3の娘は、やっと身長が、アトラクションに乗れる基準まで大きくなったので、ウキウキ
していたのですが、バイキングは思いの外、怖かったみたいで、その後、一気にトーンダウン・・・

小6の次男は来年から中学生ということもあり、あまり遊園地を楽しめない年齢に突入してきたみたいで・・・

高1の長男はロッテワールドへ行こうと言ったら、「なんで!」と怒ったように一蹴・・・

最後は、それなりに派手な夜のイベントをやっていたのですが、その頃、家族はすっかり帰るモードに・・・

IMG_4913

家族サービスってなかなか難しいですよね^^;

合わせて読みたい記事