先日、久し振りに妻と映画を観に行きました。

映画のタイトルは、“분노의 질주 더 세븐”

IMG_3946

日本語に直訳したら、”憤怒の疾走、さらに7″という感じでしょうか。

後で、分かったのですが、これ、ワイルド・スピードの最新作だったんですね^^

私は、韓国では基本的に韓国映画を選んで見るようにしています。

だって洋画は、字幕を追いかけるのが大変なので・・・

でも、今回は、これが面白そうだったので観ることにしてみました!

実は、私、ワイルド・スピードのシリーズを見るのは初めてだったのですが、カーアクションシーンには、本当に圧倒されました。

飛行機から、車ごと飛び降りて、パラシュートで着地したり、中東の高層ビルを車で突き破って、隣のビルに飛び移ったり・・・

ハリウッド映画はやっぱり考えることが違いますね^^

韓国はなぜ洋画が早く上映される

ところで、韓国の場合、ワイルド・スピード SKY MISSIONは、4月1日から上映されています。

日本だと、4月17日からだそうです。

韓国の場合、洋画は早く上映される傾向があります。

一説によると、韓国は劇場で映画を見る人が多いため、市場調査をする上では、もってこいのところがあり、韓国では、早めに上映することが多いのだとか・・・

実際、韓国では映画を7,000~8,000ウォン(700~800円)早朝であれば、5,000ウォン(500円)ぐらいで見られますし、日本のように、レンタルDVD店はほとんどないので、必然的に映画は映画館でという雰囲気が出来上がっています。

だから、こうやって日本よりも早く、洋画を観られる時は、ちょっとしたお得感を感じてしまいます^^

あとは、私の字幕を読むスピードが、ワイルド・スピードになることを願うばかりですなんですけどね・・・

合わせて読みたい記事