こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、韓国人の友達から

「ケンならきっと気に入ってくれるレストランへ連れていって上げますよ。」

と言われて、とある日本食レストランへ連れていってもらったのですが・・・

実際に行ってみて、かなりの衝撃を受けました^^

ここではその理由も含めてお伝えしていきます。

韓国の日本食レストランへようこそ!

その日本食レストランの名前は、Mom’s kitchentといって、ソウルのプアムドンというところにあります。

ちょっとこじんまりとしているけれども、清潔感があって、おしゃれな雰囲気のレストランです。

韓国人の友達に連れられてお店の中に入ると、友達は、いきなり日本語で「12時30分に予約をしていたんですけど」と店員さんに話しかけます。

「えっ、ここは韓国ですよ~^^;」

と思ったら、店員さんは、にっこり笑いながら、日本語で応対。

「えっ、日本人がスタッフがいるんだΣ(゚∀゚ノ)」

それって、私にとっては、結構、びっくりすることでした。

なぜなら、韓国で日本食のレストランへ行っても、日本人はほとんどいないからです。

私が住んでいるソウルのヨンシンネでも皆無です。

店長さんは基本的に韓国人で「日本で勉強してきました~♪」というのがいつものパターン(笑)

だから、お店の名前も、「それ、絶対、日本人がチェックしてないだろう」とツッコミどころ満載のものが多いです

>>韓国の日本食レストラン事情と笑劇のネーミング

ところが、Mom’s kitchenでの驚きはさらに続きます。

お店で働いていたスタッフは3人ほどいらっしゃったのですが、全員が日本人だったのです。

そして、日本語で、きゃっきゃっと楽しそうに話しているじゃありませんか。

「え~っと、ここはどこ?私は誰?ヽ( °∇°)ノ」

正直、ここまで日本人でがっちり固められたレストランは韓国で初めて見たので、かなりの衝撃を受けました。

Mom’s kitchenのおすすめメニューはどれだ?

Mom’s kitchenのメニューは、ちょっと面白くて、紙一枚に一つのメニューが書かれているのです。

それをバラバラに広げると・・・

「全部、美味しそうで、どれを選んだら良いか分からな~い(*´▽`*)」

悩みに悩んだ挙句、私が選んだのは、キーマドリア。

そして友達は、キーマカレーを選びました。

どちらも9,500ウォンと非常にリーゾナブルな価格です。

日本食レストランと言いながら、結局は、洋食を選んだのですが、味噌汁はしっかり付いてきました!

(厳密に言えば、こちらのレストランは、日本食のレストランというよりも、日本人が経営している洋食レストランというのが正しい表現かもしれませんね。)

味は、日本のレストランらしく、マイルドでとても美味しかったですよ~^^

なぜ日本人がこういったところで・・・

ただ、

「なぜ、ソウルにこういった日本食のレストランがあるんだろう?」

と考えれば考えるほど、不思議なんですよね~

なぜ、日本人の方が、ソウルのこういったところにお店を出したのでしょうか?

しかも、なぜ、日本人のスタッフばかりを集めることが出来たんでしょうか・・・!?

とても気品のある日本人女性の店長さんに、本当はもうちょっといろいろ話を聞きたかったのですが・・・

ここはすごく人気のお店のようで、お客さんがたくさん来ていたので、邪魔にならないよう、お店を出ることにしました。

Mom’s kitchenは、味に暖かみが感じられてとても美味しいですし、不思議な日本体験が出来ます

ですから、韓国に住んでいる日本人の方とかは、是非、一度、行かれてみたらいいじゃないでしょうか。

もちろん、韓国旅行をされる方でも、韓国料理で少し胃が疲れて来たら、現地在住の日本人の方を訪ねてみるという感じで行かれていいんじゃないかなって思います!

お店情報

  • 店名:Mom’s kitchen
  • 住所:서울특별시 종로구 창의문로 146 (부암동)
  • 電話番号:02-395-7022
  • アクセス:地下鉄3号線の景福宮駅から부암동(プアムドン)行のバスに乗って、부암동사무소(プアムドンサムソ)の停留所で下車すると目の前にあります。

合わせて読みたい記事