こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国の若者は自分の国の未来をどう予想していると思いますか?

最近、そんなことがふと気になって、我が家の子供達にいろいろ聞いてみたのですが、すごく意外な話がたくさん出て来ました。

これから書いていくことは日本人から見た韓国の話ではなく、韓国の中で韓国人(特に若者)が感じているリアルな現実の話です。

(いつもはもっと明るい話を書こうとしているのですが、今回だけちょっと路線を変えちゃいますのでお許しをm(__)m)

韓国の若者が抱える絶望感

最初に私が子供達に聞いたのは、

「韓国の若者や子供達ってやっぱり自分の国が大好きな人が多いの?」

ということでした。

すると、高校生の息子からは、

「うーん、僕の知っている限りでは、自分の国が好きだと言っている人は見たことがない。」

とかなり意外な返事が返ってきました。

さらに息子は、「だって・・・」と言いながら、韓国に関する様々な統計データについて話し始めたのです。

「自殺率一位だし・・・
中高生の喫煙率一位だし・・・
勉強時間の長さ一位だし・・・
睡眠時間の短さ一位だし・・・
幸福度指数ビリだし・・・
親が子供と一緒にいる時間は一番短いし・・・」

何だか、悲惨なデータが次々と出て来るではありませんか?

ただ、世界にはたくさんの国があるから、そこまで簡単に一位にはならないだろう?

と思って、データを確認してみると、すべての国を対象としている訳ではなく、OECD(経済協力開発機構)という世界の35ヶ国の先進国が加盟している国際機関の中での話なんだそうです。

それでも悲惨と言えば悲惨ですが・・・

ただ、一つ気になったのは、息子がなんでこんなデータを知っているのかということでした。

すると、高校生の息子は、

「YouTubeとかで知ったこともあるけれども、学校の学年集会で先生から言われることもあるよ。」

とのこと。

韓国の学校で先生達がそういう話をしていることも、私にとっては結構意外でした。

ちなみに息子から「韓国は脱出したい国家?幸福指数はOECDの中で最下位」というYouTubeの動画(韓国語)を紹介してもらったことがります。

その動画は、今は削除されているのですが、その動画では、以下のような韓国の悲惨な現実を伝えていました。

  • 幸福度指数はビリ(全世界では118位)自殺率1位(37分で一人が自殺をしている)
  • 貧富の差が最大
  • 老人の貧困率1位
  • 子供達の幸福度指数や生活満足度もビリ(勉強でのストレス、学校での暴力、インターネット中毒などが原因)
  • 大変な時に頼れる友達や親せきがいると感じている人の割合が最も少ない
  • 両親と一緒にいる時間は1日48分、父親が遊んだりしてくれる時間は1日6分
  • GDPの中に占める福祉の予算の割合が最下位

中盤は日本のテレビ番組で韓国の財閥とその他の企業の格差について紹介していますが、その内容は動画の中で直接確認してください。

ここで大切なことは、韓国人が自分の国に対してどう思っているのかということなので。

韓国の若者の未来予想は絶望!?

さらに小学校の娘も話に加わって話は続きます。

「韓国では、就職できないし、いじめもたくさんあるし、男女差別も多いし、それに韓国人は、つばもよく吐くし・・・」

正直、子供達から、こんな話がどんどん出て来るとはすごく意外でした。

高校生の息子の話では、特に昨年末から続いている大統領の事件があってから、若者の間では未来を絶望する雰囲気がさらに強まっているそうです。

実際、高校生の息子は友達から、

「この国は10年持たないから他の国へ行きな。」

と言われたり、小学生の娘も

「私が旅費をお金出すから将来アメリカで一緒に住もう」

と誘われたりしているそうです。

韓国の若者の未来予想は、かなり深刻なんだなあとしみじみ実感してしまいました。

批判や非難をしなくても・・・

実際、テレビを見ていると、今の大統領に対するデモを毎週のようにやっていますし、韓国のいろいろなところに像を作って声を挙げている人たちもいます。

でも、最近、私はそういう報道を見てもジッと黙っているようにしています。

なぜなら、人を恨んだり、大切にしなかったり、憎んだり、嘘を言ったり、だましたり、お互いに争ったりしていると、最後はブーメランのように全部自分にツケが回って来て韓国の人達は苦しんでいるのではないかということに段々気付いてきたからです。

そういった行動を見て、もちろん、正すべきところは正していかないといけませんが、必要以上に批判や非難はしなくてもいいんじゃないかと・・・

実際、相手の批判や非難をしても、結局、ハッピーな気持ちにはなれませんからね。

私自身、韓国に住みながら、確かに今でもびっくりすることはいろいろありますが、笑い話に変えちゃうと意外に面白いものです^^

もちろん、韓国には変な人もいますが、人として尊敬できる方もたくさんいらっしゃいます。

そういった韓国の良い人達との交流を深めていきながら、これからも明るく楽しくそしてリアルな韓国生活をブログで書いていくつもりです!

ただ、それにしても子供達からこんなリアルな話が出てくるなんて、本当にびっくりしました・・・

合わせて読みたい記事