韓国の二重国籍制度で子供(男の子)の人生が激変!

スポンサードリンク

韓国の二重国籍制度は、兵役問題が絡んでくるので、実は、想像以上に大変だということを、最近、イヤというほど痛感する出来事がありました。

もし、この記事を読んで下さっている方で

  • 日韓カップルである
  • 18歳未満の男の子がいる
  • 韓国に住んでいる
  • 子供が日本籍を希望している

という条件にすべて該当している人がいましたが、この記事を必ず読むようにして下さい。

そうしないと、我が家のように大パニックになる可能性がありますので・・・

(ただ、そんな特別な人はあまりいないかもしれませんが^^;)

韓国籍の離脱手続きをする際の落とし穴

先回、ブログで韓国籍を持つ二重国籍の男の子は満18歳になる年の3月31日までに韓国国籍離脱の申請をしていないと韓国籍が確定され、軍隊へ行く義務が発生してしまうという話を書いたことがあります。

韓国の軍隊(徴兵制)@二重国籍だといつまでに手続きすべき?

すると、その記事へ韓国に10年以上住んでいらっしゃる方が以下のようなコメントを下さったのです。

現在、韓国内では韓国国籍離脱の手続きはできません

2011年から、この手続きができるのは韓国外にある韓国大使館や領事館のみになりました。

韓国内に生活基盤を置かずに、その国に定住することが条件です。

男子の場合、満18歳になる年の3月末まで、つまり満17歳になった年の翌年3月末までに韓国国籍離脱をしていないと、兵役を終えるか免除されていないと韓国国籍離脱はできません。

(正確には、どの国に住んでいても満18歳になる年の3月末をこえると、兵役義務期間の37歳までは、兵役を終えるか免除されていないと韓国国籍離脱ができません。

ただ、韓国内在住なら29歳までに兵役の義務があります)

二重国籍者が日本(韓国外)から韓国に移住する際、絶対に兵役を避けたいのなら、上記のことを踏まえて韓国国籍離脱の手続き後、韓国入国の際は完全に日本(外国)人として入国、韓国では外国人として住むことになります

記事を書いた時、我が家の長男は17歳でした。

本当は、”韓国内で韓国国籍離脱の手続きができない”ということの深刻さに早く気が付くべきだったのですが、その時は、なぜかあまりピンと来ていませんでした。

韓国では、ルールが役所やその担当者によって違ったり、交渉次第で変わることもよくあったりするので、少し甘くみていたのかもしれません。

韓国籍離脱の手続きで大パニック

ただ、妻が本格的に息子の国籍離脱の始めようとした時に、事の深刻さをまざまざと実感するようになりました

どんなに交渉しようとしても、韓国に住んでいたら、やっぱり韓国籍の離脱の手続きは出来ないことが分かって来たからです。

ちなみに二重国籍の男の子が、海外の韓国領事館で韓国籍の離脱をするには以下のような書類が必要となります。

韓国側で準備する書類

  • 家族証明書(韓国の戸籍謄本)
  • 本人の基本証明書
  • 韓国側の親の基本証明書
  • 全部事項証明書

日本側で準備する書類

  • 申請書
  • 戸籍謄本&韓国語訳
  • 本人の住民票&韓国語訳※親の住民票もあるのが理想
  • 本人の旅券(日本)
  • 本人の旅券(韓国)
  • 申請料:2,200円

ただ、実際に韓国籍の離脱の手続きをする場合は、必ず管轄の韓国領事館に直接確認する必要があります。

なぜなら、必要書類や条件などは、韓国領事館や担当者によって変わってくるからです。

そして、さらに申請の際は、厳しい条件があります。

実は、申請をしてから審査の結果が出るまで、最大で12ヶ月掛かり、その間、申請者本人が韓国に住んでいたら、国籍離脱の手続きが完了しないとのこと。

もう、我が家は大パニックです・・・

(ちなみに、最初は、申請をした直後から、韓国への入国禁止になるのかと思いましたが、最終結果が受理されるまでは韓国籍も有効なので、一時的に韓国に入国するのは問題ないとのことです。)

スポンサード リンク

韓国の二重国籍制度に詳しい人から聞いた話

また、その際、韓国の二重国籍制度に詳しい方から以下のような話も聞きました。

「もし、お子さんが韓国籍を離脱した後、満18歳の8月末までであれば、F22ビザ(両親のいずれかが韓国籍である場合に取得できるビザ)を申請することが出来ます。

しかし、8月を過ぎると、お子さんは、日本人とまったく同じ立場に立つようになります。」

つまり、韓国籍を離脱した後は、F22ビザを取得しない限り、韓国に滞在できるのは90日までとなります。

そして就労ビザや結婚移民ビザを取得しなければ、韓国で働くこともできなくなります。

実際、長男が8月末までに韓国籍が離脱できる見込みもないですし、その時は韓国にいるかさえも分からないので、F22ビザのことは諦めています。

韓国の二重国籍制度が厳しいワケ

なぜ、韓国籍の離脱手続きがここまで厳しくなったかというと理由は簡単です。

それは、韓国人同士の夫婦が、子供を軍隊に行かせたくないので、アメリカで出産するなどして、他国の国籍を取得し、韓国籍を放棄させ、韓国に住みながら兵役を免除させようとする人が多かったからです。

一応、息子の名誉のために言っておくと、息子は兵役の話がなくても、韓国籍ではなく日本籍を選択するつもりでした

なぜなら、父親(私)が日本人だからです。

なので、そういった長男でも、韓国の二重国籍制度が同じように適用されて、韓国で国籍離脱の手続きが出来なくなってしまったことに対しては、やっぱり不憫に感じてしまいました。

結局、最後はどうなったの?

この韓国の二重国籍問題で家族が大パニックになった後、結局、どうなったかと言いますと・・・

途中の話は、あまりに長いストーリーになってしまうので、思いっきり割愛させて頂きます^^;

実は・・・(´・ω・‘)

長男は、今、アメリカの高校に留学しています。

結果的に韓国の二重国籍制度によって、長男の人生は激変することになりました

ただ、元々、長男はアメリカへの留学願望があったので、結果的にはその予定を1年ほど早める形になったという感じです。

もちろん、アメリカの高校留学は、かなりお金が掛かるので、今は、そっちの方ですごいことになっていますが、ここは、もー、がんばるっきゃありません。

すごくたくましくなっていた長男

実は、長男をアメリカへ留学させるにあたって、親としても、大丈夫かなあとかなり心配していました。

ただ、長男は、中学1年の時に、韓国へ移住し、韓国語が何も分からない状態から、現地の学校へ通い始めたという経験があありました。

だから、異国の文化に飛び込んでいくことに対して、慣れてきたところがあったようで・・・

アメリカの文化へ単身で飛び込んでいくことに対しても、恐れを感じる気持ちはほとんどなかったそうです。

今は、アメリカの学校へ、元気に通っており、毎日、カカオトークでビデオ通話しているのですが、韓国の学校へ通っている時よりも、顔が活き活きしています^^

元々、韓国へ移住する時も、子供達には、国際的な人物になって欲しいと願っていたのですが、親が想像する以上に子供達は、たくましく成長しているみたいです。

韓国に住んでいる日韓カップルで息子さんが将来的に日本国籍を取得しようとしている方にとって、今回の話はかなりショッキングだったかもしれません。

ただ、我が家のように、最終的には雨降って地固まることを願っています!

といいながら、我が家も今はまだ地面がぐちゃぐちゃになっている段階ですけどね~(笑)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

24 Responses to “韓国の二重国籍制度で子供(男の子)の人生が激変!”

  1. おーん より:

    ええ・・・アメリカ留学・・・
    韓国ドラマ並みの急展開ですね・・・

    • ケン より:

      おーんさん

      ですよね~(笑)
      我が家にはまだ次男がいるので、本当にこれからどうなるのやらって感じです^^;

  2. マザー より:

    完全にドメスティック人間なので国籍問題に疎いのと、読解力が無いのでいまいち理解できなかったのですが、長男君は「韓国籍離脱の手続きをしようとしている」けど「F22ビザは取得できるか不明なので期待せずに手続き中」ということでしょうか?
    そして、「韓国在住だと離脱手続きができないので、アメリカ留学してアメリカに住んでいる」ということですね?

    当たり前かも知れませんが、国籍離脱って簡単じゃないんですね。
    次男君がどちらの国籍を選択するのか決めたら早く動いたほうがいいですね。

    • ケン より:

      マザーさん

      コメントありがとうございます。
      息子は立場上、韓国にいると国籍離脱の手続きを完了させることが出来ません。
      また、F22ビザの申請は、国籍離脱が完了した後でないと出来ないですし、息子は将来的に韓国に住む予定はないので、F22ビザの手続きはしていないという感じですm(__)m

  3. ヤマネコ より:

    兵役を果たしたくないという理由でお困りでしょうか?
    今置かれてる一番良い方法は、兵役を果たしてから日本国籍を選択すれば良いと思いますが…。
    兵役が困るということでしょうか?
    ではなぜ、将来日本人として生きるのに二重国籍のまま韓国に移住させたのでしょうか?
    お子さんが可哀想ですが。

    • ケン より:

      ヤマネコさん

      私の日韓家庭の友人でその方はご主人が韓国人なので息子さんは軍隊へ行く準備をしていますが、軍隊に行く前に日本国籍を放棄する手続きをするよう言われているそうです。
      そういこともあり、二重国籍のまま軍隊に行くことが可能なのかどうかは正直よく分かりません。
      確かに、親の都合で子供達を韓国に連れて来たので、ある意味、可哀想なところはあるかと思いますが、その分、子供達の将来に対しては、親として出来るだけのことをして上げたいと思っています。

  4. いいたいこと より:

    国際的に活躍するってどういうことですか?自分の機軸もないただの根無し草です。語学的に優位かもしれませんか、所詮はただの語学やです。いまどき英語くらいしゃべれて当たり前。自己中な考え方ですね。何か不測の事態が身に起こったらどの国に助けてもらうのでしょうか?父親が日本人だから日本国籍とは安易です。母親が韓国人で韓国で生活しているなら、せめて兵役を終えてから国籍を離脱するのが誠実ではないですか? 子供に権利だけを主張し義務を果たさない生き方を教えるのですか?日本国籍を選ぶなら選ぶ理由に充分納得して欲しいです。

  5. 在韓10年以上 より:

    以前ここにコメントをした当事者です。
    国籍関係のことは本当に大事なことなので、何度も関係機関のサイトを確認して書き込みました。

    実は息子さんご本人やご両親の方にも別の規定があります。
    本人が韓国内で営利活動をしていたり、本人またはその父母の韓国内滞留期間が1年の半分以上(183日以上)の場合、韓国内に生活基盤があると判断され、兵役が課されるそうです。
    (日本の韓国領事館の国籍関係の項目に記事があります。韓国語サイトの方が確実です。)

    • ケン より:

      在韓10年以上さん

      コメントありがとうございます。
      また慎重に確認させて頂きますm(__)m

  6. 在韓10年以上 より:

    個人の方のブログにあれこれ書き込むのも気が引けるのですが、生活情報ということで…

    以前のコメント
    「男子の場合、満18歳になる年の3月末まで、つまり満17歳になった年の翌年3月末までに韓国国籍離脱をしていないと…」
    この部分ですが、正確には「韓国国籍離脱の申請をしていないと」です。審査に1年位かかるのも、件数の多さだけでなく厳密に調べられるからだと思われます。

    以前は韓国内に住んだままでこの手続きが可能で、また、韓国との二重(複数)国籍者ももう片方の国の者として外国人登録をして住むことができました。
    2011年から韓国国籍離脱は韓国外でのみ可能になって、韓国との二重国籍者も韓国人として住民登録することになっています。

    国際結婚をするにあたってはそれぞれの国の法律も知っておく必要があります。特に子供が生まれたら、子供の一生にかかわる問題になるので…

    • ケン より:

      在韓10年以上さん

      失礼いたしました。
      確かにそうでしたね。
      修正させて頂きました!

      あと、もし差し障りがなければ、一度、個別にご連絡を頂けますとありがたいです。
      韓国在住の先輩のお話をいろいろ伺えればと思いまして^^

  7. cda より:

    当事者ではないので、無責任な物言いですみません。

    韓国に兵役があることによる困難ですよね。しかも男子だけ。

    女子にも兵役を課すなんて韓国政府が言えば如何なるでしょうか。きっと囂々たる批判が出るはずですね。
    なら、何故兵役を続けるのか?納得する理由韓国政府には示して欲しい気がします。準戦時体制だというのは弱いですね。

    息子さんが兵役に行かなくてもよくなって、尚且つ其れが社会で問題視されないような韓国になってほしいです。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      朝鮮戦争は終ったのはなく休戦状態のままですし、今、これから朝鮮半島の緊張感が高まっていると、兵役をやめることはやはり難しいのだと思います。
      兵役というのは、単なるボランティアや肉体の訓練と違って、もしその期間中に戦争が起こったら、巻き込まれて、死ぬ可能性が高くなるという特殊な意味合いを持っているので・・・
      韓国に住んで、また子供が成人になろうとすると、いろいろ考えさせられることは多いです。
      南北統一なんて、そんなに簡単な問題でないことは分かっているのですが、それでも早くこの国に兵役のいらない本当の平和が訪れることを願うばかりです。

  8. 在韓10年以上 より:

    すみませんが、個人的な連絡まではちょっと…ですので、こちらにコメントさせて頂きます。

    男の子なら、国籍関係のことは兵務庁にも確認する必要があります。
    韓国国内に親が住んでいれば、兵役の対象になる年齢になれば兵務庁から通知が来ます。当事者が海外留学の場合はある程度兵役の延期ができるそうです(何歳までかは確認が必要)。
    韓国で男性の場合除隊から2年以内は国籍選択の手続きが可能ですが、日本側との兼ね合いも考える必要があリます。
    男性で韓国人として兵役を終え、日本国籍もそのままでいるという例もあります。しかし、留学や就職などで重国籍者が制限されることもあります(留学の奨学金の対象から外されたり、就けない職業があったりする)。

  9. スホママ より:

    はじめてコメントさせて頂きます。まさに子供の国籍離脱の件で深刻に悩んでいていろいろ検索している中このブログにたどりつきました。本当に一筋の希望が見えて来た感じです。うちも2000年11月生まれの息子がおります。もしよろしければアメリカ留学などお話お伺いできればとても有難いのですが。よろしくお願いします。

    • ケン より:

      スホママさん

      コメントありがとうございます。
      個別でもご連絡頂いているので、そちらから連絡させて頂きますね。

  10. ドル より:

    はじめまして、とても有益な情報を載せていただき、ありがとうございます。
    私も上記の4つにあてはまるものでして、
    韓国人男性と結婚し、韓国に在住、今年男の子を日本で出産しましま。
    本人の意思はまだわからないですが、最近は韓国人でも、韓国の将来が不安で海外に就職する人が多いというニュースを見て、将来日本国籍を選択することになるのではと思っています。
    ブログと記事を読む限り、兵役をおえないうちの韓国籍離脱はとても難しそうですね。
    申請中は韓国に定住できないというのが大変です。
    またじっくりブログ読ませていただきます。

    • ケン より:

      ドルさん

      コメントありがとうございます。
      実はこの記事を書いた後も、情報がいろいろ入って来たのですが、お父さんが韓国人の場合は基本的に韓国籍を離脱するのは難しいみたいです。。。
      兵役へ行った後だと、どうなのかは分からないのですが、その点だけご確認を頂けますと幸いですm(__)m

  11. ドル より:

    お返事ありがとうございます。
    まだ先の話なんですが、男の子とわかる以前の、妊娠初期から気になって色々ネットで調べていても、曖昧な情報ばかりだったので、こちらのブログの記事がとても参考になり、びっくりしました。
    父親が韓国人だと基本的に離脱は難しいのですね!(-“”-;)
    離脱したいと思えば書類出すだけで簡単にできると思っていたのでショックです。
    日韓ハーフの男の子を持つかたの多くは、兵役に就かせたり、韓国籍を選択させたりしてるんでしょうか。
    定かではありませんが、ネットで兵役についたあとだと日本国籍を選べないという話も見ました。
    日韓ハーフの男の子で、さらに父親が韓国人で、日本国籍を選択するのはほぼ無理ということなんでしょうか。
    これからまた法律などが変わってくれることを期待するしかないのでしょうかー(-“”-;)

    • ケン より:

      ドルさん

      私の知り合いでお父さんが韓国人でお母さんが日本人の男の子が軍隊へ行く際に、日本国籍を放棄するよう言われたという話も聞いたこともありますが、別のそういった法律に詳しい人に聞くとそんなことはないはずだと言っていました。
      国籍に関してはやはり役所に確認するのが一番確実だと思います。
      韓国籍の離脱に関しては、海外の韓国領事館か韓国の法務局が問い合わせ先になるかと思います。
      (私は日本の韓国領事館に相談しました)
      また、日本の国籍選択に関しては日本の法務局へお問合せ頂くようになります。
      軍隊に行った後だと、年齢的に日本での国籍選択宣言の期限を過ぎてしまう可能性もあるので、その点も含めて相談されるのが良いかと思います。
      あと、韓国の場合、役所や担当者によって言うことが違うことが多いので、その点だけご注意ください。
      (例えば、東京の韓国領事館と横浜の韓国領事館でも対応が違う場合があります。)
      ちなみに軍隊に関しては、先日、息子さんを軍隊へ送られているお母さんと話をした時、韓国の軍隊も以前に比べると大分楽になったという話を聞きました。
      兵役の期間は短くなっていますし、先輩が後輩をいじめないように基本的に同世代の人達とのみ行動するようにしたり、親御さんが上司の人と相談できたり、自由時間が結構あったり、息子さんが親と面談しやすくなったり、韓国軍の方でもかなり配慮をしてくれているとのことです。
      また、今の韓国の兵役制度は、韓国と北朝鮮が休戦状態になっているがために存在しているので、南北が統一するなど、何らかの形で休戦状態が解消されたら、兵役制度は消滅する確率は高いのではないかと思います。
      恐らく、ドルさんの息子さんが軍隊の事を具体的に考える頃には、かなり状況が変わっている可能性は高いと思いますよ。

  12. ドル より:

    お返事ありがとうございます!
    そうですよね、一番は大使館、領事館に確認して手続きをすすめることですね!
    韓国は本当に担当者などによって話が変わったりするので、そこは要注意ですね。
    もしどうしても無理な場合は軍隊に行って精神と肉体を鍛えるのもありなのかもしれないと考えるしかないですね、
    まだだいぶ先のことですのに、早まって小学校入学前くらいにしばらく日本に帰って、国籍離脱の手続きをしようかと思ってしまいましたが、これからどうなるかわかりませんし、少なくとも本人の意思を聞ける年齢くらいまでは、二重国籍でいさせようかと思います。
    もしかしたら本人は行きたいというかもしれませんし。

    ブログも役に立つ情報ばかりですので、じっくり読ませていただきますね!
    また更新を楽しみにしております。

    • ケン より:

      ドルさん

      ありがとうございます!
      これからもどうぞよろしくお願いいたします^^

  13. こう より:

    ブログ拝見させていただきました。貴重な情報ありがとうございます。
    韓国国籍の離脱手続きが「2011年から、この手続きができるのは韓国外にある韓国大使館や領事館のみになりました」とあります。私ども日韓のカップルで7歳の男の子がおり、韓国在住でありますが、第三国たとえばアメリカにある韓国大使館などでも韓国籍離脱手続きは可能なのでしょうか?そして、離脱までどのくらいかかるのか知りたいです。
    よろしくお願いいたします

    • ケン より:

      こうさん

      コメントありがとうございます。
      個別に連絡させて頂きましたので、そちらをご確認ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ