韓国に住んでいて分かって来たことは、韓国人にはナルシストが多いということです。

韓国語でナルシストは、자뻑(チャッポク)と言います。

これは、自分という意味の자기(チャギ)と「惚れる」という意味の뻑가다(ポッカダ)という言葉が合わさって出来た言葉です。

韓国人は自信家が多いというか、自分大好きな人が多いですよね。

実際、韓国人は褒められた時の反応も日本人とは全然違うので、そんな点も含めて解説をしていきます。

韓国でナルシストの男が取る行動

先日、我が家の長男と、韓国人はナルシストだよねという話になった時、長男が気になる話をしていました。

「クラスの男子の半分くらいは、鏡をよく見ているよ。

トイレに何度も髪を整えに行く人もいるし・・・」

さらに長男は続けます。

「あと、『俺ってかっこよくね~?』と周りの友達に聞く人も時々いるよね」

こりゃあ、完全にナルシストだわと私は苦笑しながら、

「そんな人は、周りの人から絶対嫌われるでしょ~」

と息子に聞いてみました。

すると・・・

「確かに、周りの人からは『何言っているんだよ~』と言われたりはするけれども、それで嫌われたり、バカにされたりすることは絶対ないよ。

とちょっと意外な返事が返って来ました。

実は、韓国ではナルシストの男性はそれほど嫌われないところがあるようです^^;

韓国でナルシストの女性が取る行動

一方、女性の中にもナルシストは多いです。

以前、韓国人と日本人の女性アスリートが一緒に並んでいて、ファンの人達から、「きれいですね」と同時に言われた時があったのですが・・・

日本の女性アスリートは、「いや、そんなことないですよ~」と謙遜に答えていたのに対して、韓国の女性アスリートは、「うん、知ってる」とニコニコしながら、答えていました

「あっ、ナルシストだ」とその時は思ったのですが、よくよく考えてみれば、私の娘も鏡の前で、

「私は何て可愛いんだろう!」

とよく呟いていることを思い出しました^^;

実際、日本にいると、ナルシストの人には違和感を覚えるものなのですが、韓国のナルシストの人は、もっと自然な印象を受けます

褒められた時の韓国人の反応

実際、韓国では、褒められている時の反応が日本と全然違います。

先日、高校2年生の息子が、日本へ一時帰国していたのですが、帰国後、気になる話をしていました。

「日本で褒められた人が、『いやあ~、それほどでも』って言うのを聞いたんだけど・・・

あれ、全然意味が分からなかったんだよね。

なんでそんなこと言うの?」

どうやら、韓国暮らしが長くなってきた息子は、日本の謙遜する文化はまったく理解が出来なくなっていたようなのです。

一応、日本では、褒められた時は、傲慢にならないよう、そういう表現をよく使うよという説明はしました。

しかし、長男はなかなか納得が出来なかったようで・・・

「そう答えられるとなんか気持ち悪い」
「その人よりも劣る人に対して失礼なんじゃない」

と韓国人から見た感想を言い続けます。

褒められたら韓国語で何て答えるの?

そこで、私は息子に、

「じゃあ、韓国人は褒められたら皆、どう言うの?」

と逆に聞いてみました。

すると息子は、

「一応、韓国語でも『그 정도가 아니에요. 』(クジョンドガアニエヨという、”それほどでもない”という日本語の韓国語訳)という言葉はあるけどね・・・」

答えてから、少し考えた後・・・

「そんなこと言っている人、見たことない」

と言って来ました。

「基本的には、ありがとうと言うでしょ~。

あと、サッカーでシュートを決めた人が褒められると、“당연하지”(タヨナジ:”当然でしょう”という意味)という言葉をよく使っているよ。」

ということなんだそうです。

うーん、やっぱり韓国人はナルシスト^^;

日本と韓国の文化の違い

確かに日本では、謙虚な人は多いですけど、もう少し自信を持ってもいいんじゃないかなという人も多いと思います。

(かくいう私もそんな一人かも・・・)

一方、韓国の人の話を聞いていると、自慢話ばかりで、段々、そのナルシスト的な話し方にうんざりしてくることもよくあります。

ここら辺は、日本と韓国の文化の違いなんでしょう。

個人的にはやっぱり、足して2で割るぐらいがちょうどいいのかなあって思うんですけどね~^^

合わせて読みたい記事