韓国ではケーブルテレビが主流なので、チャンネル数がたくさんあります。

当然、24時間アニメを放送している専用チャンネルも何個かあるので、我が家の子供達は毎日アニメ三昧です(T-T)

ちなみにそこで見ているアニメの大半は、ドラえもんやクレヨンしんちゃんなど日本のアニメの韓国語バージョンなのですが、それを横で見ながらあることに気が付きました。

それは、韓国語バージョンでも登場人物の声が日本語バージョンと非常に似ているということです。

ドラえもんの場合

ドラえもんは、韓国語でも、そのまま도라에몽(ドラえもん)です。

どちらかといえば、昔のドラえもんより今のドラえもんバージョンとの方が、声が似ているかもしれません。

忍者ハットリくんの場合

次に、意外と結構放送されている忍者ハットリくんです。

韓国語では、꾸러기닌자토리(クロギニンジャトリ)と言います。

ハットリくんは、韓国語で토리(トリ)と呼ばれています。

韓国語版の忍者ハットリくんもYouTubeで結構アップされているのですが、テレビの画面をそのまま動画にして
アップしているものも多いようなので、”꾸러기닌자토리”で検索してみて下さい。

ハットリくんもそうですが、獅子丸の声とかもそっくりです。

クレヨンしんちゃんの場合

最後に、クレヨンしんちゃんです。

韓国語では、짱구는 못말려(チャングヌン モンマンリョ)と言います。

짱구(チャング)とは、しんちゃんの韓国語名で、訳すと「チャングは止められない」という意味となります。

韓国語バージョンだと、しんちゃんの声は、かなり似ています。

その一方で、クレヨンしんちゃんでは、東京はソウル、東京近郊は京畿道、東京タワーは南山タワーと表現されています。

つまり原作のイメージは変わらないように努力しているけれども、ここぞというところでは、しっかり変えてきているなあというのが韓国で放送されている日本のアニメのイメージです^^;

合わせて読みたい記事