韓国でコンビニのプリペイドWiFiカードを使った結果(涙)

スポンサードリンク

韓国でWiFiを利用する方法はいろいろあります。

WiFiに関してはこちらのページでもいろいろまとめているのですが、その中の一つに、韓国のコンビニでプリペイドのWiFiカードを購入するという方法があります。

コンビニで扱っているWiFiカードには、ollehとT WiFiの2種類があります。

我が家の近所にあるセブンイレブンではollehのプリペイド式WiFiカードを1日分が3,300ウォンで売っていたので、試しに買ってみたのですが、かなり意外な展開になったので、お伝えしていきます。

olleh WiFiカードの利用方法

olleh WiFiカードは、コンビニで購入した後、裏にスクラッチシールが貼ってあるので、それを硬貨などで削ります。

すると、パスワード用のPIN番号が出て来ます。

次に、スマホで周囲に飛んでいるWiFiの電波を探して、その中で鍵マークが付いていないollehWiFiというWiFiの電波を探します

そこに接続してインターネットをつなげようとすると登録画面が出て来ます。

次に”Prepaid WiFi(PIN)登録“というボタンを押します。

そして、PIN番号、名前、メールアドレスを入力する画面が出て来るので、入力をしたら完了です。

(どうやら1つのカードに対して一人のユーザーしか使えないようにしているようです)

スポンサード リンク

コンビニのWiFiカードを使ってみた結果・・・

私は月に利用できるデータ通信量が決まっているスマホ契約をしているのですが、先日、韓国の地方へ行く機会があったので、その際に利用しようと思ってコンビニのWiFiカードを使ってみたのです。

ところが・・・

olleh WiFiの電波って、想像以上に飛んでいないのですね(T-T)

最初は車の中でつなげようとしたら、

olleh WiFiの電波がない・・・

やっとolleh WiFiの電波を見つけてつなげようとしてもエラーになる

繋げてもすぐ切れる・・・

やっぱり車の中だからダメなんだあと思って、ソウルの市内で歩きながら試してみたのですが・・・

なんと同じ結果になりました(涙)

ちなみにolleh WiFiの電波は私の自宅でも飛んでいませんでした^^;

また、地方へ行った時も駅の構内や人通りの多いところではかろうじて繋がりましたが、それ以外の場所ではまったくつながりませんでした。

韓国のコンビニのWiFiカードはこういった方にお勧め

今回、韓国のコンビニで購入したWiFiカードを1日使ってみましたが、想像以上に使えなかったなあというのが正直な感想です。

もし、こちらのプリペイド式WiFiカードは、

  • 繋がらないことがあっても、とにかく安いWiFiの方法を探している
  • 事前にolleh WiFiの電波が飛んでいる場所を確認している
  • 移動はしないで一ヶ所でWiFiを使うことが多い

という方にオススメいたします。

なんだかワケの分からないオススメ方法になってしまいましたが、実際、韓国には無料Wifiが使えるところがいろいろあります

韓国で無料WiFiが使えるところ

また、より確実にWiFiを使えるようにしたい方は日本でWiFiのレンタルサービスを利用されることをオススメいたします。

韓国のおすすめレンタルWiFiサービス

あとは韓国でWiFiをどれくらい使いたいのかというニーズに応じて、方法を選択してみて下さい^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

8 Responses to “韓国でコンビニのプリペイドWiFiカードを使った結果(涙)”

  1. ひょの より:

    韓国はほとんどのカフェで無料Wi-Fiがあるので、そちらの方がいいですね。

    旅行者用のSIMが売られているので、どこでもスマホでネットをしたい方には勧めますが、ドコモやソフトバンクのSIMロック解除したスマホが必須です。auはダメです。

    • ケン より:

      ひょのさん

      コメントありがとうございます。
      最近は日本でもSIMロックが解除されたスマホが出て来ているんですね~
      ちなみにカフェであれば学生など若者がパソコンを持ち込んで長居をしているようなところであればWiFiが使えると思って間違いないと思います^^

  2. ひょの より:

    日本の携帯電話会社のスマホは最初からSIMフリーではなく、購入してから180日経たないとロックを解除してくれません。

    韓国のスマホはフリーSIMかと思いきや、サムスンやLGのは携帯電話会社がロックをかけていて、SIMを入れ替えても使えないようになっています。端末機の割賦金を完済すると完全なSIMになるようです。

    以前に神戸の有馬温泉に行ったとき、韓国のスマホに日本のSIMをいれて使ったのですが、韓国で売られているスマホは一部日本の周波数帯に対応していないため、圏外になりました。やはりiPhoneが一番いいですね。

  3. うまうま より:

    今は分割で買った場合、端末購入日から100日でロックが可能です。
    12月からは一括購入の場合は購入日にロック解除可能です。

    また、auがダメということはなく、スマホが対応している電波により海外での使い勝手が異なります。
    ただし、日本で売っているスマホはここ2~3年以内のものであれば基本的にアジア圏で使えないということはないです。
    auで問題になるのは3Gの通信であり、今は主流のLTE(又は4G)であれば全く問題はありません。
    しいて言えば、アジアだとラオスやミャンマーあたりに行くと問題があるレベルです。

    iPhone、iPadは標準で対応している周波数が多いので、海外で使えないということはまずないレベルですが、Android系でも日本円で数万以上するようなものはiPhoneと同程度なので困ることはないです。
    最近は1~2万でも買えるSIMフリー端末も増えたのでそれを海外旅行用に買うてもあります。

    ただし、iPadに関してはドコモなのでロック端末買っても最初から海外ではSIMフリー扱いなのでロック解除しなくても海外でSIMカード刺せばそのまま使えるので電話が必要で無ければiPadをルーターがわりに使うのが良いですね。

    韓国もようやく最近になってLTEが使えるSIMカードを旅行者が買えるようになりましたが、タイの会社が出している日本を含むアジア10数ヶ国で使えるSIMカードを買って使った方がはるかに便利ですね。
    韓国でSIMカードを購入しても使えるようになるまで時間がかかるので(夜9時か10時過ぎると手続きができなくなって翌朝にならないとSIMカードが有効にならない)。
    タイのSIMカードは日本でもAmazonなので1300円くらいで買えて安いのとSIMカード刺せばすぐ使えるしで、韓国でSIMカードを買う理由が無いですね。

  4. うまうま より:

    ちなみに、タイのSIMカードは原則8日間有効で3GBまでLTEが使える(それ以上は128kとかつての携帯電話レベル)ので海外からの日本への一時帰国にもおススメです。

    日本で売っている外国人向けのプリペイドSIMは倍以上の値段がするので、割高です。
    まあ、日本の家族に頼んで家族用SIMカードを作って、寝かせておくのも手ですが。

    • ケン より:

      うまうまさん

      コメントありがとうございます。
      タイのSIMカードってこれのことですかね^^
      SIM2Fly
      時代はどんどん変わりつつあるんですね~

  5. うまうま より:

    これで最後で。

    韓国は2010年頃まではたしかにフリーのWi-Fiが多く簡単に使えましたが、それ以降は日本と同じで韓国の会社で契約してる人だけが使えるWi-Fiばかりになっていて、プリペイドSIMカードを買ったことがありますが、最近は以前みたいにフリーのWi-Fiが復活したのですか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ