ソウル路7017への行き方と新観光スポット体験レビュー!

スポンサードリンク

先日、ソウル駅の近くに新しく出来た観光スポット「ソウル路7017」へ行って来ました。

ここは2017年に新しく出来た高架道路なのですが、名前を聞いた時、

「なんでソウル路2017じゃなくて、ソウル路7017なのかな」

と不思議に思っていました。

ただ、後から調べてみると、実は最初に高架が出来たのは1970年で、リニューアルしたのが2017年だったので、下二桁同士をくっつけて7017になったそうです^^

あと

「高架道路って観光スポットになり得るのかなあ?」

という素朴な疑問も湧いて来たので、実際に行ってみた感想をレポートしていきます!

ソウル路7017への行き方

ソウル路7017へは、ソウル駅の2番出口から行くことが出来ます。

そこから旧ソウル駅の前を通って高架の方向に2分ぐらい歩くと、高架の上に通じるエレベーターと階段があるので、どちらかの方法で登ります。

(階段はちょっとキツイかもしれません^^;)

また、ソウル路7017はソウル駅の北側で東西に伸びるような形で通っているのですが、エスカレーターから上り下り出来るところもあります。

あと、右端の方は、南大門の最寄駅、地下鉄4号線のフェヒョンの5番出口の近くに繋がっているので、そこからソウル路7017へ行くことも可能です。

ちなみにソウル路7017の写真を遠くから撮るとここにあります。

ちょっと見づらいかもしれませんが、写真の右側に見えるのが、ソウル路7017です。

スポンサード リンク

ソウル路7017の楽しみ方

ソウル路7017へ行って感じたのは植物の多さです。

いろいろなところに、植物が植えられているので、都会の中の憩いの場みたいな感じになっています。

さらに、ソウル路7017は、ソウルの中心部にあるので、高架からソウルの街を一望することが出来ます

実際、ソウルの街をバックに記念撮影している人達がたくさんいらっしゃいました。

私も、途中で小さな展望台があったのでそこに登って、ソウル駅の周辺をパシャリ。

また、ソウル路7017は、所々で、ビルと隣接しているのですが、そこからスターバックスなどのお店を利用することが出来ます。

ですので、一つの楽しみ方として、スタバでコーヒーを買って、ソウル路7017の植物を鑑賞したり、ソウルの街の景色を楽しんだり、記念写真を撮ったりするのはどうかなと思っています^^

他にも足だけ水に浸かれるところやトランポリンなどがあります。

あと、高いところにありがちなお決まりのガラススポットもありました。

ガラスから下の様子を見ることが出来ます。

ただ、ガラスの上に乗ると本当に落ちそうな気がしたので、乗るはやめておきました^^;

ちなみに、今回は体験出来ませんでしたが、夜のソウル路7017はライアップされて、幻想的な雰囲気を楽しめるのだそうです。

ソウル路7017は意外に楽しめる!?

ソウル路7017は、最初、あんまり期待してはいなかったのですが、意外に結構楽しめるかなという印象を持ちました。

実際、ソウルの街は、かなり慌ただしい雰囲気があります。

しかし、ソウル路7017は、植物が多いこともあり、ちょっとゆったりとした気分になれますし、空中庭園みたいな雰囲気も味わえます

何より、ソウルの街を信号も気にせず徒歩で横断できるのは、結構、気持ちが良いものなので、ソウル駅に立ち寄った際は、気軽に立ち寄ってみて下さい。


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “ソウル路7017への行き方と新観光スポット体験レビュー!”

  1. たく より:

    自分が行ったときはなかったですね。
    こんどソウルに行く機会がありましたら、寄ってみたいですね。
    眺めがよいのがいいですね。
    植栽が豊富とのこと、どんな植物が植えられているんですかね。
    ソウル駅でちょっと時間をもてあましたときなど
    よいスポットかもしれませんね。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      一応、韓国の国花である、ムグンファがあることは確認しましたけど、私自身、植物には詳しくないのでチェックしませんでした^^;
      確かに眺めは良いので、ソウルへ来られる機会があったら、是非、立ち寄ってみて下さい!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ