こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓屋(朝鮮の伝統的な家屋)と言えば、北村韓屋村を真っ先に思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし、私が住む恩平区にも恩平韓屋村(은평한옥마을)という観光地があります。

実は、今まで灯台下暗しで、恩平韓屋村に行っていなかったのですが、実は家から結構近いことが分かったので、先日、行ってきました!

恩平韓屋村への行き方

恩平韓屋村へ行くには、バスを利用する必要があります。

恩平韓屋村の最寄りの駅は、地下鉄3号線と6号線が通っているヨンシンネ駅の3番出口から出て200mほど歩いたところにある연서시장(ヨンソ市場)というバス停です。

そこで、701番のバスに乗ると、10分ちょっとで恩平韓屋村に行くことが出来ます。

ちなみに、701番のバスは、明洞のロッテ百貨店本店(地下鉄2号線の乙支路入口に直結)から出発しているので、実は明洞方面からバス一本で行くことが可能なのです

恩平韓屋村の最寄りのバス停は、하나고,삼친사,진관사입구という停留所です。

ここは、ハナ高等学校という韓国でも有数の進学校の最寄りの停留所でもあります。

↓こちらがハナ高等学校です。

バス停を降りて、2分ぐらい歩くと、恩平韓屋村の入り口に到着です。

恩平韓屋村ってどんなところ?

恩平韓屋村は、朝鮮の伝統的な家屋が並んでいるという点では、他の韓屋村と変わらないのですが、決定的に違うのは、歴史が浅いということです

実は、ここにある韓屋は、昔からあった家ではなく、最近出来たものばかりで、今も建設中の家が結構あり、大工さんがトンチンカンチンやっています。

妻の話によると、韓国では、伝統的な韓屋を見直そうという話があるそうで、このエリアで韓屋の家を建てると補助金が出るのだとか。

そのせいか、お店も韓屋スタイルになっています。

こちらは韓国の伝統的なお茶のお店。

こういったお店なら、まあ、ありがちかなと思うかもしれません。

ただ、その横は、A Twosome Place というコーヒーショップです。

コーヒーショップも、韓屋かよって感じですよね。

極めつけは、韓屋のコンビニのCU。

韓屋のコンビニ、初めて見ました^^;

恩平韓屋村の博物館

また、恩平韓屋村の端の方へ行くと、博物館があります。

名前は、恩平歴史韓屋博物館(은평역사한옥박물관)と言います。

入場料は1,000ウォンです。

この博物館では、韓屋の歴史や特徴、そして昔の人達の暮らしの様子を展示物を使いながら説明しています。

ただ、説明は基本的にすべて韓国語なので、私のような韓国語がよく分からない日本人は見て楽しむという感じでしょうか。

あと、恩平歴史韓屋博物館の近くには、興酔(훙취・フンチ)という韓服を試着できる建物ががあります。

ここでは、博物館のチケットがあれば、無料で韓服を着て、記念撮影をすることが出来ます

妻は、「ここに家族で来て、家族写真を撮りたいわ♪」と言っていましたが、我が家の思春期の子供たちは、必死に嫌がることでしょう^^;

恩平韓屋村の楽しみ方

実際に、恩平韓屋村へ行ってみて感じたことは、韓屋を見るといっても、すぐに見終わってしまいますし、博物館も言葉が分からないので、その点では、イマイチかなということです。

(もちろん、韓服を着て記念写真を撮れば、良い思い出が出来ると思います。)

ただ、前半で紹介した韓屋風にアレンジされたお店を利用すると、新鮮な感覚で韓国旅行を楽しむことが出来ます

今回、私と妻が行った場所は、A Twosome Placeというコーヒーショップでしたが、お店の中はこんな感じになっています。

良い意味で、コーヒーショップらしくない店内です。

つまり、ここでは、コーヒーを飲みながら、韓国の伝統的な家の雰囲気を満喫することが出来るのです

今回、妻はコーヒー、私はホワイトチョコ、そしてケーキを一つ注文しました。

また、恩平韓屋村の良いところは、すぐ近くに北漢山があるので、景色が非常に素晴らしいということです。

コーヒーショップから、北漢山と韓屋村を眺めながら、美味しいコーヒーと会話を楽しむのはいかがでしょうか?

恩平韓屋村の基本情報

  • 韓国名:은평한옥마을
  • 住所:서울시 은평구 진관동 135-5

合わせて読みたい記事