恩平韓屋村の行き方と楽しみ方!カフェはおすすめ!


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓屋(朝鮮の伝統的な家屋)と言えば、北村韓屋村を真っ先に思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし、私が住む恩平区にも恩平韓屋村(은평한옥마을)という観光地があります。

実は、今まで灯台下暗しで、恩平韓屋村に行っていなかったのですが、実は家から結構近いことが分かったので、先日、行ってきました!

恩平韓屋村への行き方

恩平韓屋村へ行くには、バスを利用する必要があります。

恩平韓屋村の最寄りの駅は、地下鉄3号線と6号線が通っているヨンシンネ駅の3番出口から出て200mほど歩いたところにある연서시장(ヨンソ市場)というバス停です。

そこで、701番のバスに乗ると、10分ちょっとで恩平韓屋村に行くことが出来ます。

ちなみに、701番のバスは、明洞のロッテ百貨店本店(地下鉄2号線の乙支路入口に直結)から出発しているので、実は明洞方面からバス一本で行くことが可能なのです

恩平韓屋村の最寄りのバス停は、하나고,삼친사,진관사입구という停留所です。

ここは、ハナ高等学校という韓国でも有数の進学校の最寄りの停留所でもあります。

↓こちらがハナ高等学校です。

バス停を降りて、2分ぐらい歩くと、恩平韓屋村の入り口に到着です。

恩平韓屋村ってどんなところ?

恩平韓屋村は、朝鮮の伝統的な家屋が並んでいるという点では、他の韓屋村と変わらないのですが、決定的に違うのは、歴史が浅いということです

実は、ここにある韓屋は、昔からあった家ではなく、最近出来たものばかりで、今も建設中の家が結構あり、大工さんがトンチンカンチンやっています。

妻の話によると、韓国では、伝統的な韓屋を見直そうという話があるそうで、このエリアで韓屋の家を建てると補助金が出るのだとか。

そのせいか、お店も韓屋スタイルになっています。

こちらは韓国の伝統的なお茶のお店。

こういったお店なら、まあ、ありがちかなと思うかもしれません。

ただ、その横は、A Twosome Place というコーヒーショップです。

コーヒーショップも、韓屋かよって感じですよね。

極めつけは、韓屋のコンビニのCU。

韓屋のコンビニ、初めて見ました^^;

恩平韓屋村の博物館

また、恩平韓屋村の端の方へ行くと、博物館があります。

名前は、恩平歴史韓屋博物館(은평역사한옥박물관)と言います。

入場料は1,000ウォンです。

この博物館では、韓屋の歴史や特徴、そして昔の人達の暮らしの様子を展示物を使いながら説明しています。

ただ、説明は基本的にすべて韓国語なので、私のような韓国語がよく分からない日本人は見て楽しむという感じでしょうか。

あと、恩平歴史韓屋博物館の近くには、興酔(훙취・フンチ)という韓服を試着できる建物ががあります。

ここでは、博物館のチケットがあれば、無料で韓服を着て、記念撮影をすることが出来ます

妻は、「ここに家族で来て、家族写真を撮りたいわ♪」と言っていましたが、我が家の思春期の子供たちは、必死に嫌がることでしょう^^;

恩平韓屋村の楽しみ方

実際に、恩平韓屋村へ行ってみて感じたことは、韓屋を見るといっても、すぐに見終わってしまいますし、博物館も言葉が分からないので、その点では、イマイチかなということです。

(もちろん、韓服を着て記念写真を撮れば、良い思い出が出来ると思います。)

ただ、前半で紹介した韓屋風にアレンジされたお店を利用すると、新鮮な感覚で韓国旅行を楽しむことが出来ます

今回、私と妻が行った場所は、A Twosome Placeというコーヒーショップでしたが、お店の中はこんな感じになっています。

良い意味で、コーヒーショップらしくない店内です。

つまり、ここでは、コーヒーを飲みながら、韓国の伝統的な家の雰囲気を満喫することが出来るのです

今回、妻はコーヒー、私はホワイトチョコ、そしてケーキを一つ注文しました。

また、恩平韓屋村の良いところは、すぐ近くに北漢山があるので、景色が非常に素晴らしいということです。

コーヒーショップから、北漢山と韓屋村を眺めながら、美味しいコーヒーと会話を楽しむのはいかがでしょうか?

恩平韓屋村の基本情報

  • 韓国名:은평한옥마을
  • 住所:서울시 은평구 진관동 135-5




次の記事: »

前の記事:«

14 Responses to “恩平韓屋村の行き方と楽しみ方!カフェはおすすめ!”

  1. matiken より:

    新年明けましておめでとうございます。今 お正月恒例の箱根駅伝がスタートしました。これを見るのが 我家の楽しみ。恩平韓屋村について詳しく紹介くださいまして ありがとうございました。比較的に新しい韓屋村なんですね。事前情報の おかげで充分楽しめそうです。훙취では 韓服を是非試着したいですね。北漢山を見ながらコーヒーシップにてコーヒー飲むのが今から楽しみです。地図を見て(観光客が比較的少なさそうな街)ここは どんな街だろう。幼稚園はないかなぁ。地元の市場はどこかなぁ。同年代のアジュマ達も お友達とカフェであれこれ話しに花が咲いてるかなぁ。とあれこれ思いを馳せながら地図を歩いてます。リアルな韓国を歩いて垣間見るのも 私の旅の醍醐味ですかね〜
    歩いてて 小学校から子ども達の声が聞こえると 引き寄せられます。幼稚園児を見かけると 私が担当している子ども達とら重なりついつい見入ってしまいますよ。本当にかわいいですよね。ケンさんのブログからヨンシネの街をしり行くことができました。明洞辺りからも近いし親しみやすい街でした。又3月に行くのが楽しみ。今年も よろしくお願い致します。又いろいろ 教えて下さいませ。

    箱根駅伝 大東文化大学の1区の選手ピンチ。スタートで転けてしまいました。頑張れ。

    • ケン より:

      matikenさん

      新年あけましておめでとうございます。
      恩平韓屋村は、新しいというか、韓屋の新興住宅街ですね^^
      これから施設は、さらに充実していくということなので、matikenさんが訪問される際は、さらに整備されていることを願っています。
      ヨンシンネでは、観光客をほとんど見かけませんし、生活感と活気の溢れる街なので、是非、そういったヨンシンネの空気を楽しんで頂けますと幸いです。
      箱根駅伝も始まりましたね!
      韓国では、NHKが見られるので、紅白は視聴可能なのですが、箱根駅伝は民放で放送されているため、生放送では見ることが出来ず、その点では残念です。
      新しい山の神が出るか、青山学院大学の牙城を崩すことが出来るか、シード権争いはどうなるか、今年も、様々な感動のドラマが生まれることを願っております^^

  2. 駐在おやじ より:

    こんなところに 韓屋村があったんですね
    博物館もあるようですし 一度行ってみたいと思います
    好きなチキン屋もまあまあ 近いところにありますし

    良いところ教えていただきました ^^

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      はい、最近、ニョキニョキっと出来た韓屋村です!
      機会があれば、是非、お越し下さい^^
      それにしても、駐在おやじさんが好きなチキン屋気になります・・・

  3. たく より:

    セエボンマニパデュセヨ
    カタカナですいません。
    ずいぶん大きいケーキですね。
    なんかおしゃれですね。

    • ケン より:

      たくさん

      明けましておめでとうございます!
      ケーキが大きく見えるのは遠近法の関係かもしれませんが、言われてみると、確かに大きかったです^^
      伝統的なお店のインテリアも気持ちが落ち着いてなかなかいいですよ!

  4. ムクゲ より:

    私は韓国人であるにもかかわらず、こんなところがあるとは全然知りませんでした。 そして最近,韓国の若者の間では宮廷や韓屋村で韓服を着て写真を撮るのが流行なのに、子息の方はそれが嫌だったようですね。
    (そうでなければそこにいた韓服が少しダサかったんですか? ^^;;)

    とにかく新年明けましておめでとう御座います。今年もご家族と共に韓国生活を楽しんでください。

    • ケン より:

      ムクゲさん

      明けましておめでとうございます!
      実は、こういうところが出来ると以前、何となく聞いていたのですが、先日、ブログの読者の方からコメントを頂いて、初めてしっかり認識するようになりました^^
      子供は、韓服うんぬん以前に、親と一緒にどこかへ出かけるのを面倒くさがるので^^;
      しょうがないので、妻と二人でデートを楽しむ時間が最近は増えて来ました(笑)
      今年もどうぞよろしくお願いいたします!

      • ムクゲ より:

        あ、また書こうとしてたんですが、仁寺洞のような韓国的な雰囲気の町には、店の名前が英語になっていてもハングルで書かれた看板だけつけられるルールのようなものがあるようですがここはそんなルールはないみたいですね。
        そのような面で少し珍しい所のようです。

        • ケン より:

          ムクゲさん

          そう言われてみれば、仁寺洞のスターバックスは看板がハングル表記ですよね!
          A Twosome Placeもハングぐ表記を見てみたい感じがします^^

  5. Meg より:

    明けましておめでとうございます!今年もコメントしちゃいますので宜しくお願い致します!

    この韓屋村、以前”一食ください”に出てましたよね?
    新興住宅地で立派な韓屋が多かったです。
    私は木の家が好きなのでこういった住宅が増えてくれると嬉しいです。かなり高そうですが、マンション購入するのとどちらが高いのでしょうか?
    以前現地ガイドさんから、政府が推奨していて韓屋で家を建てると補助金が出ると伺った事があります。
    ここは宿泊施設はありませんか?
    一度泊まってみたいのですが、安くて狭いゲストハウスか広いけど高額な韓屋しかなく、ほどほどの値段で宿泊してみたいのですが・・ソウルでは無理そうですね。
    北村や益善洞みたいに発展するのもいいけど、静かな町が人だかりになってしまうのも何だか残念な感じがします。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      韓屋はどのマンションと比べるかによっても違うと思いますが、やっぱり高いそうです。
      ただ、補助金は結構出るみたいなので。
      木の家ですし、落ち着くとは思いますが、冬だと、家の中はちょっと寒いそうです。
      宿泊施設はなかったと思うのです、まだ、発展途上の韓屋なので、今後、そういった施設も出来ればいいのかなって思います!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ