鬼(トッケビ)のロケ地(竜平リゾート)は冬ソナとセット!

スポンサードリンク

先日、竜平(ヨンピョン)リゾートという江原道の観光地へ行って来ました。

竜平リゾートは、元々、冬ソナこと冬のソナタのロケ地として有名なところです。

さらに、最近、韓国でかなりのブームが起こった韓国ドラマ、鬼(トッケビ)のロケ地としても使われました。

鬼(トッケビ)(韓国ドラマ)のあらすじと感想(超オススメ)

今回は、鬼(トッケビ)のロケ地という観点から竜平リゾートをご紹介していきます。

鬼(トッケビ)で竜平リゾートが出てきたシーン

竜平リゾートに到着した後、早速、ゴンドラの乗り場へ行きました。

鬼(トッケビ)で、このゴンドラは第9話に出て来ます

ゴンドラに乗ったウンタクが、トッケビを呼ぶためにマッチを吹き消します。

しかし、トッケビは現れず、ウンタクはゴンドラの中で淋しい気持ちになります。

しかし、ゴンドラが到着するところで、トッケビが待っていたのでした。

ウンタクは涙を浮かべて、トッケビに出会えたことを喜びつつ、何故すぐ現れてくれなかったのかとトッケビをなじります。

そして、怒りながら歩いていくウンタクをトッケビは後ろから抱きしめるのでした。

鬼(トッケビ)と冬ソナがセットになっていた

そんなシーンの舞台となったゴンドラの乗り場に行ってみると・・・

鬼(トッケビ)と冬のソナタの写真が付いたゴンドラがセットになって置かれていました。

ここで記念撮影が出来るようになっています。

考えてみれば、冬のソナタが韓国で最初に放送されたのは、2002年1月。

あれから、もう15年も経つんですね~

最近も冬のソナタのロケ地巡りで竜平リゾートを訪れる人達がどれくらいいるかは、よく分からないのですが・・・

ただ、私の妻も、娘も、冬ソナの主人公であるヨン様ではなく、鬼(トッケビ)の主人公であるユ様とばかり記念撮影していました

やっぱりそうなっちゃいますよね~^^;

スポンサード リンク

ドラゴンピークでもセットだった

竜平リゾートのゴンドラは8人乗りで、山の下とドラゴンピークを結ぶようになっており、乗車時間は25分となっています。

よくこんなところにロープウェイなんか作ったなあと変な意味で感心(´・ω・`)

ゴンドラからの景色や素晴らしいですし、紅葉の季節になったら、もっとキレイなんだろうなあと思います。

ただ、妻は結構怖かったみたいで、ゴンドラの端の方には乗りたがりませんでした^^;

そして、ドラゴンピークに到着すると、トッケビ役のコンユが待っていた!

のではなく、鬼(トッケビ)の写真が飾ってありました。

そして左側には、冬ソナの写真が。

ここでも鬼(トッケビ)と冬ソナがセットになっていました

それにしても、写真のチェジウはすごく若いですよね。

私も歳を取るワケです・・・

ドラゴンピークの様子

ゴンドラの到着地であるドラゴンピークでは、カフェとレストランがあります。

さらに、外に出ると、竜山リゾートの景色を一望できるはずが・・・

あいにくの霧でよく見えませんでした。

まあ、天気が悪い時はしょうがないですよね~

このどこかでトッケビがウンタクを後ろから抱きしめていたのですが・・・

まあ、大体、ここら辺ということで、お許し下さいm(__)m

竜山リゾートはロケ地として有名なだけじゃない

今回は、鬼(トッケビ)のロケ地紹介をさせて頂きましたが、なかなか観光サイトのように詳細レポートとはならず、ちょっと中途半端な形になってしまい、すみません。

ちなみに、竜平リゾートは鬼(トッケビ)や冬ソナのロケ地として有名なだけではありません。

ここは、元々スキー場として有名なところで、平昌オリンピックではアルペンスキーの大回転・回転競技の会場としても予定されているところです。

また、オフシーズンでもそれなりに楽しめる施設がいろいろあります。

次回、また機会があれば、そちらの内容もレポートさせて頂きたいと思います!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “鬼(トッケビ)のロケ地(竜平リゾート)は冬ソナとセット!”

  1. ぽむ より:

    最近の韓流ファンには冬ソナ放送時に生まれた世代もいると考えると、、なんだか感慨深い

    • ケン より:

      ぽむさん

      韓国で生活をしていると冬ソナなど初期の韓流ブームで活躍していた人達が、どんどん、おじさん、おばさんになっていくのを見かけるので、やはりちょっと寂しいですよね~

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ