韓国のソウルには、日本の秋葉原みたいなところがあります。

それが龍山です。

といってもオタクっぽい街なのではなく、本来の電気街としての秋葉原に似ているという意味です^^

先日、ある事情があって、龍山の電子商街へ行って来たのですが、いろいろと不思議に思ったこともあったので、その様子も含めてレポートさせて頂きます。

日本のパソコンは韓国で買えるのか?

私は、仕事の関係もあって、パソコンにかなり依存した生活を送っています。

そして、今、使っている日本のパソコンがかなり年季が入って来たので、新しいパソコンを買おうと思っているのですが・・・

当然のことながら、韓国には韓国のパソコンしか売っていません。

ただ、龍山の電子商街へ行けば、日本のパソコンも売っているという噂を聞いたので、行ってみることにしたのです。

龍山電子商街を散策すると・・

最初に行ったところは、龍山駅に隣接したアイパークモールの中にある、電子ショップコーナーでした。

そこでパソコンを販売しているコーナーへ行ってみたのですが・・・

何だか殺伐とした雰囲気です。

お店の人達も接客する気がゼロという感じです。

一応、お店を回ってみると、日本のメーカーであるソニーや東芝のパソコンは置いてありました。

ただ、キーボードはすべて韓国語です

まあ、当たり前と言えば当たり前ですが・・・

もしかしたら、龍山に日本のパソコンがあると教えてくれた人は、こういったパソコンのことを言っていたのかもしれません^^;

それでも、ここで諦めちゃいけないと思い、一軒のお店の奥にいる店員さんに話しかけ、

「日本のパソコンはありますか? キーボードも日本語になっているやつです。」

と聞いてみました。

しかし、お店の人からは、ちょっと悲しそうな顔をされながら

「そういったパソコンは龍山にはないよね・・・」

と言われてしまいました。

龍山電子商街はさびれている!?

ただ、そこで諦めるのはもったいなかったので、龍山駅の北側に固まっている電子商店街へも足を伸ばしてみました。

しかし、どこもお客さんがいないんですよね・・・

電子商店街のビルは外から見ると、何かを期待させてくれます。

しかし、実際に中に入ってみると・・・

ガランとしています。

段ボールがたくさん・・・

その日は、平日の昼間ではあったのですが、ここまで閑散しているのは、かなり意外でした

さらに、それぞれのお店は独立しているのですが、総合案内所みたいなところはありません。

こういった雰囲気で一軒一軒回って、聞いていくのは至難の業です

ここで日本のパソコンを探すのはいかに無謀な挑戦であるかということが分かって来ました^^;

龍山電子商街が閑散としていたのはなぜ?

ところで、ネットで龍山電子商街のことを調べると、普段は、人がたくさんいて賑わっていると書いてあるサイトもあります。

今回、私が行った時、龍山電子商街がここまで閑散としていたのは、

  • 平日の昼間だったからなのでしょうか?
  • 最近、不景気だからなんでしょうか?
  • お店ではなくネットで購入する人が増えてきたからのでしょうか?

いろいろと気になってしまったので、以前、龍山電子商街によく通っていた友人にも聞いてみました。

すると、はっきりとした原因は分からなかったのですが、

  • 龍山電子商街は元々マニア向けの街だから
  • 卸し系のお店も多いから
  • 一時は、中国人観光客で賑わったけれども、そういったお客の流れが途絶えてしまったのではないか?

という意見も聞くことが出来ました。

ここら辺は、また週末に行ってチェックしたりしてみないと分からないのかもしれません。

ただ、それでも、やはり、龍山電子商街へ行く人が減り続けているのであれば・・・

一つの案として、龍山も日本の秋葉原みたいにオタクの街を目指したらいいのかもしれませんね^^

■龍山は韓国のオタク街になりつつある?

実は、この後、龍山にあるアニメイトに行ったのですが、そこには日本のアニメの商品がたくさんありました。

こういうのを見ていると、龍山は韓国のオタク街になりつつあるのかなと感じています。

>>韓国のアニメイトは龍山のアイパークにある!実際に行ってみた!

韓国で電子部品をて購入する別の方法

韓国で専門的な電子部品が必要になったら、龍山電子商街で購入するのも一つの方法ですが、無数にあるお店を一つずつチェックするのは、初めて行く人にとってはかなり大変だと思います。

ですから、韓国在住の日本人の方で専門的な電子部品を必要とされている方は、韓国で展開している通販サイトRSコンポーネンツで光電センサなど専門的な電子部品を購入することができます。

こちらの会社では、多数の品揃えがあるので、電子部品が必要という方は、是非、利用してみて下さい!

合わせて読みたい記事