韓国ソウルの住宅事情~我が家の回りの建築ラッシュ!

スポンサードリンク

最近、我が家(韓国ソウルの恩平区)の周辺は、なぜか建築ラッシュです。

なので、最近は、韓国やソウルの住宅事情について、いろいろ気になることが増えています。

そこで、今回は、韓国の住宅の種類や計画について日本の違いなどをお伝えしていきます。

韓国の住宅の種類

まず、韓国の住宅の種類をを簡単にお伝えすると以下のようになります。

アパート

韓国では、日本でマンションと呼ばれる住宅はアパートと呼ばれています。

日本だとアパートと聞いたら、マンションより安いイメージですが、韓国では高級なイメージがあり、実際にサムスンやロッテなど大企業が建設しているところが多いです。

韓国 アパート

韓国 アパート

ヴィラ(ビラ)

一方、4階または5階以下の住宅はヴィラ(ビラ)と呼ばれて、日本だとアパートみたいなイメージです。

こういったヴィラは我が家の回りにはたくさんあります。

韓国 ヴィラ

ワンルーム

ワンルームは一人暮らしの部屋がたくさんある住宅です。

オフィステルというオフィスにも使えるような高層建物もあれば、ヴィラのような低層タイプのものもあります。

韓国 オフィステル

コシウォン

元々は学生の勉強用に作られた住宅で、お金がない人が住むというイメージがあります。

我が家の家族も、韓国へ移住して最初に家を探す際に、コシウォンを使ったりましたが、かなり不便だったようです。

韓国 コシウォン

単独住宅

日本で言う一軒家です。

スポンサード リンク

賃貸契約の種類

韓国の住宅では賃貸の契約方法も韓国独自のものがあります。

チョンセ

チョンセは最初にまとまったお金(保証金)を大家さんに渡し、その後は月々の家賃を払わないというシステムです。

そして大家さんは、保証金を運用して、そこから利益を得るようになっています。

韓国では、昔は銀行の金利が高かったので、チョンセのシステムが主流となっていましたが、最近は金利が下がって来たので、チョンセは減りつつあります

ウォルセ(パンチョンセ)

保証金の金額を減らす代わりに月々の家賃が発生するシステムです。

保証金が高くなってくるとパンチョンセと呼ばれることが多くなります。

チョンセが減って来た代わりに、最近は、ウォルセやパンチョンセのものが増えています。

チョンセはもう厳しい!? 韓国のリアルな賃貸&住宅事情

我が家の回りでヴィラがたくさん建設されている訳

実は、少し前から我が家の向かい側でもヴィラの建設が行なわれています。

さらに、私の散歩エリアでもヴィラが作られていました。

こんな感じで、我が家の回りは、建設ラッシュになっているのです。

ここまで早いペースで住宅が作られている背景には、韓国の住宅事情の変化がかなり影響しているようです。

韓国では、チョンセが減って来ていますが、そこからウォルセに切り替える人だけでなく、

「自分で家を買ってしまう方がいいんじゃない?」

と考える人も増えているので、分譲で購入する人は増えているとのことです。

また、もう一つの理由として、韓国の不動産価格はまだ上がり続けているという事情があります。

実は、まだ韓国では本格的な不動産バブルの崩壊は起こっていません

韓国では物価も上昇し続けているので、一昔前の日本の状況とある意味似ていると言えるのかもしれません。

(かといって今の韓国は景気が良い訳ではないのですが・・・)

トイレットペーパーでここまでやるか!?

少し話は変わりますが、先日、我が家の大家さんが、突然、トイレットペーパーを持って来られました。

そして、大家さんは、

「今度、横でヴィラを作るから、工事をする人がご挨拶に持ってきたんだよ。」

というのです。

へぇ~、韓国でもこういう風習があるんだあ~ トイレットペーパーは高いからラッキーだなあ~

と最初は、気軽に考えていたのですが・・・

翌日から、ものすごい音で工事が始まり、衝撃で家の中がぶるぶる震えるほどでした。

さらに、家の外に出ると、我が家の郵便ポストが勝手に外されています。

取り外された郵便ポストは無残な姿に・・・

結局、その日以来、我が家は郵便ポストがない状況が続いています・・・

その時は、びっくり仰天したのですが、後から、実は我が家のポストが付けられていた壁は、元々隣の家のものだったことが分かりました。

しかし、それにしてもトレイットペーパー一つで、こんなにも激しくされるとは完全に想定外でした^^;

こんな感じで、最近の建築ラッシュの影響で、うるさかったり、ホコリが部屋に入って来たり、工事のおじさんから2階の我が家の中が丸見えになったりと、結構、大変な状況になっています。

早く建築ラッシュがひと段落ついて、平穏な日々が訪れることを願っている今日この頃です^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

12 Responses to “韓国ソウルの住宅事情~我が家の回りの建築ラッシュ!”

  1. しんちゃん より:

    住宅情報面白いですね!!
    実は最近アパートの入居番号をゲットできたのですが
    書類内容不備でまさかの資格無しになってしまいました・・・・
    それなら審査に通さないでよって思っちゃいました。
    残念ですが再度別のところに挑戦します。
    前回相談させていただいてから
    少しづつですが進んでいます^-^

    • ケン より:

      しんちゃんさん

      コメントありがとうございます。
      アパート残念でしたね・・・
      韓国の場合、不動産業者や大家さんには悪い人が結構いるので十分注意して対応して下さい^^
      吉報をお待ちしております!

  2. たく より:

    コシウォンっていかにも安普請ですね。
    シのシオが脱落しているし^^
    まぁ自分も自宅を5月末に建てましたが
    ご近所挨拶はしましたが、
    こんなに激しくやるんですね。
    韓国はバブルが未経験ならば
    投資目的で、購入しておくというのも手ですね。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      韓国の住宅建設は早いけど荒いというイメージがあります。
      我が家も今の家に住んで3年ぐらい経ちますが、家のいろいろなところが壊れているので、修理しまくりです^^;

  3. miho より:

    こんにちは。お久しぶりです。私の知り合いの韓国人も恩平区のアパート(レリアン?レニアン?か忘れました)に住んでいますが広さが100㎡もあるそうで。。。ソウルのアパートは広くて良いですね。

    • ケン より:

      mihoさん

      ご無沙汰しています^^
      確かに韓国のアパートって広さにこだわるところがありますよね!
      ちなみに私が住んでいるビラも普通の家なのですが、なぜかトイレは2つあるので、何かと便利です^^

  4. タケ より:

    韓国の新築アパートに当選するには、都市銀行の住宅積み立て貯金に300万w以上の預金がないと1等に当選しません。2等に当たっても殆ど入れません。初めてアパートにはいるひとやお年寄りを扶養してると当たりやすいそうですが、人気アパートはコネです。我が家は、入る前からプレミアムがついて、入るときには2倍になってましたが、2年は入居してないのにお金を払います。期日に遅れると金利延滞金がつきます。名義は外国人では不都合が多いのでやめたほうがいいそうです。固定資産税は日本の10分の1位。取得の際は専門の行政書司を銀行から紹介してもらえます。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      我が家も一度、新築アパートに申込をしましたがダメでした。
      子供が多いと有利になるみたいですが、そううまくはいかないところもありますよね^^;

      • タケ より:

        韓国で昔から住宅を選ぶ時に言われてるのは、コヤギが住み着いてる地面は湿気が有る。と言われています。モルタルで作るので、一般住宅は湿気が籠るのでコンパンギが、出やすい韓国の住居は、除湿器が必須です。韓国に移住をしたときに4年間一般住宅の1階にチョンセで入ってましたが、最初は壁紙で解らなかったのですが、最初の梅雨の時期に徐々に黒いコンパンギ浮いてきて、自身もコンパギアレルギーで、トドリギが出来るなど、日本では考えられない問題が次々とあり、アパートを買うにはどうすればいいのか?を真剣に考えて調べた経験があります。
        韓国のアパートは、中古物件でも上がる事は有っても下がることはないです。ビラは反対になります。なので、皆アパートを買いたがるのです。銀行や信販会社もアパート所有とウォルセでは、信用度が驚くほど違います。日本と韓国の文化の違いは基本的な生活から違います。

        • ケン より:

          タケさん

          コメントありがとうございます。
          中古物件でのアパートとビラではそういった違いがあるとは知りませんでした^^
          日本でも、賃貸よりは家を所有している人の方が信用度は高くなると思うのですが韓国ではそれがもっと顕著になるという訳ですね~
          カビの問題は我が家も悩まされていて、最初の家は半地下だったので、しょうがないと思っていたのですが、今の家は2階なのに壁や天井にカビが出て来て困っています。
          建築に詳しい人に話を聞くと、壁の裏の工事をちゃんとやればカビは生えないそうですが、それをちゃんとやっていないとカビが生えるそうです・・・

  5. ぽむ より:

    韓国の住宅地の雰囲気が個人的に好きです
    日本に似てそうで似てないところがなんかワクワクします

    • ケン より:

      ぽむさん

      コメントありがとうございます。
      韓国はレンガ作りの家や半地下の家が多いですよね。
      あと、韓国のマンションはベランダがほとんどないので、そこも日本と違った雰囲気に見える要因かもしれません。
      ただ、私は最近、日本の住宅地の雰囲気が無性に懐かしくて憧れます^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ