こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国ドラマを見ていると、お金持ちの家では、ヨーロッパ風の家具がたくさん並んでいたりしますよね。

もちろん、お金持ちの人達は、あのような家具をいっぱい買い込んでいるのかもしれませんが、一般庶民の家具事情は全然違います。

今回は、その中でも押し入れ代わりの家具についてお伝えしていきます。

日本にはない韓国の巨大家具

先日、家具を買いに行った際、妻が、高さ2m幅1mの家具が3列並んでいるのを、ジッと見ていました。

こんな感じの家具です。

同じようなものが3つ並んでいますが、中身は、若干違います。

私は、それを見ながら、

「どれを買うの?」

と聞いたところ、妻から、

「全部」

と即答が返って来ました。

>>韓国の家具屋で家具を安い値段で買うために行ったある作戦とは?

韓国には押入れがない

「えっ、これ3つも買うの?」

と私は驚いてしまいましたが、後で、考えると、納得できるようになりました。

韓国には押入れがない家が多いからです。

つまり、この巨大な家具は、押し入れ代わりというわけです。

韓国の家具屋さんは大変!

家具が到着した当日、家具屋の店長さんが、スタッフの方と直接来て下さいました。

そこでやっぱり気になったのは、あの巨大な家具です。

3つのパートに分かれていたので、1つずつ持って来られたのですが、1つ運んだだけでも、店長さんは、ゼーゼー言っています。

「た、大変ですね~」

とポカリスウェットを渡しながら、労いの声を掛けると、

「まあ、これが仕事ですからねえ」

とのお返事

韓国の家具屋さんは、本当に大変です^^;

押入れダンスを持ち運ぶ韓国

韓国には、押し入れがないケースが多いので、こういった家具を使うことになりますが、奥行きは70cm弱なので、押し入れに比べると、やはり少し浅い感じになります。

我が家では、日本からダブルの布団を持ってきたのですが、3つ折りでは入らないので、4つ折りにして入れています。

ただ、大変だなあと思うのは、韓国の場合、こういった巨大な家具を引っ越しの度に持ち運ぶということです。

極端な話をすれば、押入れを持ち運んでいるような感覚ですね^^

最近は、新しいマンションなどで、押入れのような収納スペースのあるところも増えているそうです。

韓国の家具屋さんや引っ越し業者の方が、楽になるよう、そういった収納スペース文化が広がったらいいなあと思います。

でも、それはそれで、逆に仕事が減り、大変になってしまうのかもしれませんが・・・

合わせて読みたい記事