普段、あまり韓国ドラマを見ない私ですが、最近、ハマったドラマがあります。

それは、“家族なのにどうして?(가족끼리 왜 이래)”というKBSのドラマです。

familybut

日本で韓国ドラマがいろいろ放送されていますが、選ぶ基準は、以下の条件で決めたらいいんじゃないかと個人的には勝手に思っています^^

1. ドラマが放送された年の演技大賞で注目されたドラマ

2. 視聴率が40%を超えたドラマ
(※韓国の視聴率は一体どんな計算をしているのかよく分かりませんが、韓国ドラマの視聴率40%は、日本のドラマの20%ぐらいかなと思っています)

2014年、演技大賞で注目を集めたドラマは、MBCが、来た!チャンボリ(왔다 장보리)

KBSが、家族なのにどうして?(가족끼리 왜 이래)

SBSが、星から来たあなた(별에서 온 그대)

でした。

このうち、”星から来たあなた”は視聴率的は30%弱ぐらいで留まりましたが、個人的には、結構気に入っています。

“来た!チャンボリ”と”家族なのにどうして?”は、視聴率が40%を超えました。

ですから、これらのドラマは見て損はしないと思います。

ちなみに、”家族なのにどうして?”は、今も放送中です。

家族なのにどうして?(가족끼리 왜 이래)のみどころ

このドラマのテーマは”家族の絆“、30年以上豆腐屋を営むチャ・スンボン(ユ・ドングン)とその家族達に起こる様々な出来事を描いたドラマです。

見どころは、ドラマの中に、様々な要素がギュッと詰まっているところかなと思っています。

12年前に水で溺れたダルボン(スンボンの息子)と結婚の約束をしたと言って、ソウルは田舎からダルボンの家に押しかけてきます。

(ソウルが話す方言は、とても特徴的で可愛いです^^)

会社の秘書として働くガンシム(スンボンの娘)は、最初、会長の息子であるテジュといがみ合いながらも、次第に心が魅かれていきます。

スンボンの長男、ガンジェは、勤める病院の院長から見込まれ、院長の娘と結婚させられることになります。

また言うことを聞かない子供たちに対して、スンボンはブチ切れて子供たちを相手に裁判を起こしてしまったり・・・

前半は、ドタバタしたコメディ的な要素が、結構、多かったのですが、スンボンが余命3ヶ月のガンに掛かっていることがドラマの中で判明します。
(家族で知っているのはまだ一部の人だけです)

それから、ドラマは一気にシリアスな要素を増していき、互いに、いがみあっていた家族達が、家族の絆について真剣に考え始めるようになっていきます。

でも何だかんだいって、ドラマに厚みを加えているのは、スンボン演じる(ユ・ドングン)の圧倒的な存在感だったりします。

ドラマの中では、ただの豆腐屋のオヤジさんなんですが、今まで、王様の役とかも演じてきた役者さんが演じると、雰囲気が全然違ってくるんですよね~^^

これから、スンボンはどうなってしまうのか。

そして、それぞれのカップルの恋の行方は?

最初は、私も家族がテレビで見るのを横でチラチラと見ている程度でしたが、今は、すっかりハマッてしまいました。

ドラマの展開がどうなるかは最終回まで、しっかり見届けようと思っていますが、日本でも放送される機会があれば、是非ご覧になってみて下さい^^

合わせて読みたい記事