リターン 感想

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

最近、SBSの韓国ドラマ「リターン(리턴)」が、ものすごく話題になっています。

面白いという理由もありますが、それ以外に、主役が交代するというかなり想定外の出来事があったからです。

それ故に、この記事を書こうかどうか、迷ったのですが、思い切って書いてみることにしました!

そこで、今回は、韓国ドラマ「リターン(리턴)」あらすじや感想、そして、このドラマで起こったキャスト交代の真相についてお伝えしていきます。

韓国ドラマ「リターン」のあらすじ

主人公で弁護士のチェ・ジャヘ(コ・ヒョンジョン)は、テレビ番組「リターン」という法定ショーの進行役をやっていました。

そこで、警察の初動ミスが原因となり、恋人を殺した罪を着せられて獄中自殺をした男性の話をしていたのですが、その時、担当刑事であったドック・コヨン(イ・ジヌク)が腹を立てて、ジャヘに文句を言いに行きます。

しかし、ジャヘは、理路整然と問題点やどうすべきであったのかを話し、コヨンは何も言えなくなってしまうのでした。

そして、その頃、ある殺人事件が起こります

ヨム・ミジョン(ハン・ジョンウン)という女性が、道路でカバンの中に入った状態で死体となって発見されたのです。

そこで、容疑者として挙がったのが、上流階級の4人

  • 巨額な資産を所有する父を持つだけでなく、自身もスマホアプリで大成功をしたオ・テソク(シン・ソンロク)
  • 財閥の息子で、神学の講師もしていながら、すぐにブチ切れるキム・ハクポム(ポン・テギュ)
  • 国内屈指の財閥の息子で弁護士をしているカン・イノ(パク・ギウン)
  • 韓国の総合病院の外科医の息子だけれども薬物中毒のソ・ジュニ(ユン・ジョンフン)

そして、ジャヘとコヨンは共にこの殺人事件の真相を暴いていくことになったのです。

韓国ドラマ「リターン」の感想

この韓国ドラマ「リターン」は、水曜日と木曜日の午後10:00~11:10に放送されているのですが、実は、この時間帯のドラマだと、視聴率は上がりにくい傾向があります。

(例えば、今、KBSドラマ「黄金色の私の人生」は視聴率が50%に迫る勢いですが、土日ドラマは元々視聴率が上がりやすいのです。)

しかし、「リターン」は、そういった中でも、視聴率が17%を突破して、大健闘をしています

ただ、このドラマは、殺人事件を扱っているサスペンスドラマということもあり、かなりエグイシーンがたくさん出て来ます

最近の韓国ドラマは、結構、残酷なドラマが多いと見ていて感じます。

血も涙もない人達がたくさん出てくるドラマがやたら多いというか・・・

しかし、ストーリー的にはグイグイ引き込まれるので、私の妻が久し振りにハマりました^^

突然の主役交代!降板の理由とは?

韓国で、「リターン」は最近のドラマの中では最も面白い作品の一つだと評判だったのですが、そんな時に想定外の大事件が起きてしまいます。

それは、主演のコ・ヒョンジョンが突然、降板することになってしまったのです。

その理由は、プロデューサー(韓国ではPDと呼ばれています)との間に確執が生まれてしまったからとのこと。

実は、このドラマでは主役なのですが、ドラマでの登場時間はムチャクチャ少ないんです。

そのことにコ・ヒョンジョンは腹を立てたみたいで、文句を言っていたら、突然、降板させられたとか・・・

その話だけ聞くと、やっぱりコ・ヒョンジョンはプライドが高く性格も悪い女優さんなのかなあと思うかもしれません。

でも、実は、彼女は、極寒の中で撮影をしている150名以上のスタッフ全員にジャンバーをプレゼントしたり、

また、今回、共演したイ・ジヌクは、スキャンダルがあって、しばらくドラマに出演できなかったのですが、このドラマを通じて復活できるよう後押しもして上げたりとかしていたんですね。

ものすごくいい人じゃないですか(*´▽`*)

ちなみにコ・ヒョンジョンは、ドラマを撮影していない時は太っていることが多いのですが、ドラマの撮影が始まる頃には、しっかりダイエットをしてくることでも有名な女優さんなんです。

でも、今回のドラマでは、まだちょっとふっくらしていました。

妻曰く、セリフにいつものキレがなかったそうで、やはりモチベーションが上がらなかったのかもしれません

そんな事情もあり、とにかく、この事件の真相は一体何だったのか、韓国のテレビでは大騒ぎになっています。

ただ、取り敢えず、コ・ヒョンジョンがリターンしないことは確かなんだそうです・・・

(なぜ、確執が生まれたのかは、最終回の結果を知って感じたことがあるので、それは最後の追記に書いておきました(ネタバレあり))

面白いドラマだったのに・・・

一応、コ・ヒョンジョンが降板した後は、別の女優さんが代役を務めて、続行することになっているそうです。

あと、今はちょうどタイミング良く平昌オリンピックの期間に入ったので、時間的な余裕も与えられました。

ただ、私の妻は、

「コ・ヒョンジョンが出るから、ドラマを見ていたけど、もう見ないわ。」

と言っていますし、そういう人は結構多いようです。

もしかしたら、これから視聴率はガタ落ちして、日本でも放送されるチャンスを失ってしまうかもしれません。

ただ、以前、「これは絶対日本では放送されないだろう」と確信した韓国ドラマも日本で放送されていたので、この「リターン」も日本ではいずれ放送されるのかなって思います。

そして、韓国では2月14日に第16話が放送され、その最後でコ・ヒョンジョンからパク・チニという女優さんに変わるシーンがありました

お二人の顔は若干、雰囲気が似ている(でも、コ・ヒョンジョンの方がやっぱり綺麗です)ところもありますし、うまくチェンジしたなあという印象も受けました。

ただ、このパク・チニさん、妊娠5ヶ月ということなんで、ちょっと心配です・・・

追記:主役交代の理由はこれだったのかかな(ネタバレ)

この追記の部分を書いているのは、最終回が終わった後なのですが、実は、殺人事件の犯人は何と・・・

主人公のチェ・ジャヘだったんですね。

そして、複雑な葛藤を抱えたジャヘは、最後、遺書を残して自殺をしてしまいます。

何だかすっきりしない後味の悪い結末・・・

それを見て、思ったのですが、元々、チェ・ジャヘ役だったコ・ヒョンジョンは、自分の演じていた主人公が、犯人だったことに納得が出来なかったのかもしれません

実際、あれほど、正義のために一生懸命戦っていたジャヘが犯人だなんて、ドラマの設定としてはムチャクチャだと思いますので。

とにかく、面白い面白くないは抜きにして、話題には事欠かないドラマだったのかなと思っています。

合わせて読みたい記事