マザー ドラマ 韓国
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国では、先日、マザー(韓国語では“마더”)という韓国ドラマが最終回を迎えました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このドラマは、日本で、松雪泰子と芦田愛菜ちゃんが共演したMotherのリメーク版です。

でも、韓国版のマザーのあらすじは日本版と細かい部分で違いますし、最終回での結末がいかにも韓国的だったので、ご紹介していきます。

基本的なあらすじは日本のMotherとの同じ


出典:https://limiter.co.kr/715

韓国ドラマのマザーのあらすじは、基本的な部分では日本版と同じです。

母親から虐待を受けてゴミ袋に入れられて放置していた女の子を、同じような境遇を持っていた女性が発見して誘拐し、一緒に逃亡生活を送る。

二人の絆は本物の母子のように深まっていくが、二人が一緒にいられる日は長く続かず、女の子を連れていった女性は、誘拐犯として捕まってしまう。

こんな感じで、お話は続いていきます。

ちなみに、韓国版では、主人公の女性スジンを韓国の実力派女優であるイ・ボヨンが、そして、女の子ヘナは、400人の子役の中からオーディションで選ばれたホ・ユルが演じています。

日本のMotherとの違い

しかし、韓国版のマザーと日本版のMotherでは、いろいろ違う部分も出て来るんですね。

例えば、韓国版のマザーでは、ヘナが殺人犯に捕まって危うく殺されそうになります

そして、その殺人犯も、実は、親から虐待を受け、母親が自殺をしてしまったという深い心の闇を持っていたのです。

韓国版のあらすじは、日本に比べて、より強烈になっている部分も多いかなと感じています。

最終回(結末)が決定的に違った

そして、韓国版のマザーと日本版のMotherの決定的な違いは最終回でした。

最後の名セリフは同じだけど

スジンが捕まり、ヘナが養護施設に行った後、ヘナがスジンに電話を掛けて、日本版でも有名なあの名セリフ

「私をもう一度誘拐して!」

と涙を流しながら、お願いし、一人で会いに行くところまでは同じなのですが・・・

日本のMotherでは、松雪泰子演じる女性が、ヘナを施設に戻すのですが、その際に手紙を渡し、また12年後に会おうという思いを伝えます。

そして、韓国版のマザーでも、スジンは、自分に会いに来たヘナを一度は施設に戻します。

結末が日本と全然違う

しかし、2年の月日が経つ中で、スジンは「ヘナを何とか養子として迎えることは出来ないか」と考えるようになるのです。

そして、弁護士に相談して、法的にヘナを養子として迎える方法を見つけます。

さらにメディア関係の仕事をしている友人を通じて、事件に到った経緯とヘナに対する思いをテレビで伝え、世論を味方に付けていきます。

そんな彼女の懸命な努力が実って、スジンはヘナを正式に養子として迎えること成功し、ハッピーエンドを迎えるのでした

韓国版のマザーの価値観

ドラマの中で、ヘナを養子として迎えようと努力していたスジンは、スジンの行為に反感を持っていた施設の女性に、こんなセリフを言います。

「一度、母になったら、その子を忘れることは出来ないんです。」

もちろん、そういった思いは日本でも共通していると思うのですが・・・

韓国では、感情が既存のルールの枠を超えてしまう時があります。

韓国版のマザーでも、

  1. スジンは誘拐犯だからヘナに会ってもいけない
  2. でもスジンとヘナがお互いを思う心は本物
  3. じゃあ、何とか二人が親子になれる道を見つけよう

という方向に話は進んで行きます。

日本の場合だと、会えないというルールがあれば、そのルールを守りながら、それでもいつか会おうという強い気持ちは持ち続ける人が多いです。

でも、この韓国版のマザーMを作った人も含めて、多くの韓国人達は、そういうやり方は理解できないのかもしれません。

決して、どちらの考え方が良いという話ではなく、これが文化の違いなんだと思います。

韓国でマザーがリメークされた背景

実際、リメークという話を聞くと、興ざめする人も多いかもしれません。

ただ、韓国版のマザーは、ドラマとしては非常に見応えがありましたし、妻も毎回ウルウル泣いていました。

実は、マザーが韓国でリメークされたというのは、韓国のある事情があったからだと言われています。

その事情とは、最近の韓国は、家族内の虐待や事件が非常に増えているという現実です。

そういった社会に家族の絆とは何か、問いかけるドラマが必要だったというのです。

韓国では、整形文化が発達し、外見に異常にこだわる人達がどんどん増えています。

しかし、その一方で、心のあり方を軽視する人が増えているのではないかと危惧する気持ちが個人的にはあります。

日本でも児童虐待が増える社会に警鐘を鳴らすような形で、マザーが作られたと思うのですが、こういったメッセージ性の強いドラマは、世界中でどんどんリメークされたらいいんじゃないかなと思います。

ちなみに、韓国では、「いま、会いにゆきます」のリメーク版が公開されようとしていますが、このドラマも家族の絆を描いたものですよね。

最近、韓国は日本のリメーク多いなーと思いつつも、その中で日本の文化が良い意味で伝わればいいのかもしれません。

合わせて読みたい記事