韓国の梅雨入りはいつから?6月の天気は日本と全然違う!?


韓国 梅雨

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

6月に入って、日本では梅雨の季節となり、雨の日が多くなっているかと思います。

そんな時に韓国に旅行で来られても、やっぱり梅雨なのかなと思われるかもしれません。

ただ、実は、韓国の6月は梅雨のメインの時期ではありません。

なので、6月の天気のイメージは日本とかなり違います。

韓国の梅雨入りと梅雨明けはいつ?

韓国語では、梅雨のことを장마(チャンマ)と言います。

韓国では、

  • 梅雨入り:6月下旬
  • 梅雨明け:7月下旬

というのが一般的で日本よりも3週間ぐらいズレています

つまり、韓国の梅雨は6月ではなく7月がメインなんですね。

ですから、日本の生活に慣れてから、韓国に住むと、梅雨入り前は、

「あれっ、なかなか梅雨にならないなあ」

と感じ、梅雨の時期に入ると、

「あれっ、このままだと梅雨明けは8月になっちゃうぞ」

と思っているところで、梅雨明けになるという感覚があります^^

韓国と日本の雨の降り方は違う

韓国の雨の降り方は、日本と比べると、結構、違うところもあります。

日本だと、シトシト雨が降る時が多いですよね。

(最近はゲリラ豪雨が増えているみたいですけど・・・)

でも、韓国では、バケツをひっくり返したように一気に雨が降る時が多いです。

こういった雨を韓国語では、소나기(ソナギ・にわか雨)と呼びます。

雨が降る日に韓国の天気予報を見ていると、ソナギ、ソナギとよく言っているので注意して聞いてみて下さい^^

韓国で一気に雨が降る時があっても、どこかで雨宿りをして少し待っていると、サッと止むことが多いです。

こういった韓国の雨の降り方は、韓国人の性格とリンクしているなあと思っています。

じゃあ韓国の6月の天気はどうなっている?

このようの韓国の梅雨は7月がメインで、6月は天気の良い日が比較的多いので、韓国旅行をするには、もってこいの時期なのかもしれません

ちなみに、4月・5月は、ミセモンジという埃が多い傾向があるのですが、6月になると、それも収まって来るので、その点でも非常に快適なのです。

日本は、6月=梅雨の季節というイメージがありますが、韓国の6月の天気は、日本とかなり違います

また、6月のソウルと東京の平均気温をAccuWeatherを参考にしながら、比較してみると・・・

最高気温 最低気温
ソウル 26℃~29℃ 17℃~20℃
東京 22℃~28℃ 17℃~20℃

という感じになります。

服装に関しては、6月は少し暑いと感じる日もあるので、半袖や短めのズボンで街を歩く人も多く見られます。

今年の夏は、韓国も猛暑になると言われてはいますが、6月は、そこまで暑くはありません。

暑い8月や梅雨とかぶりやすい7月に比べて6月の韓国旅行は、天気や気温の面で恵まれているので、この時期に是非、韓国旅行を、楽しんで頂ければと思います!

(ただ、もちろん天気は予測がつかない時があるので、万が一、お天気に恵まれなかったらすみませんm(__)m)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ