韓国にはカラスがいない!?街で見かけない理由は?

スポンサードリンク

韓国にカラスはいない!?

韓国に住んでいるとカラスを見かけることはほとんどありません

ただ、厳密に言うと、韓国にカラスはいないワケではなく、蔚山(ウルサン)などへ行けば見ることが出来るのだそうです。

でも、私もつい最近まで韓国にカラスはいないと思い込んでいました。

ということで、今回は韓国でカラスを見かけなくなった理由について、ご紹介をさせて頂きます。

韓国にカラスがほとんどいなくなった理由

カラスを見かけなくなってしまった理由を妻に調べてもらったのですが、韓国でもなかなかその理由は出て来なかったとのこと。

それでも、ある程度分かってきたことをお伝えしていきます。
(完全に裏を取れている訳ではないので、一つの参考情報として読んでみて下さい)

ソウルオリンピックの時にかなり駆除された

日本でもそうですが、韓国でもカラスは縁起の悪い鳥だと思われています。

カラスが鳴くと人が死んだとか悪いことが起こるとか不吉なイメージの象徴になってしまっています。

なので、ソウルオリンピックの時に駆除をしてかなり少なくなったんだそうです。

カササギとの縄張り争いに敗れた

ただ、人の力だけでは完全駆除というのは難しいというのは、日本でも皆さん実感されていることだと思います。

そこでもう一つの説が、까치(カチ)という鳥との縄張り争いに敗れたという話です。

カチは日本語で言うとカササギです。

鳴くときにカチカチカチと言うからその名前がついたそうです。

カチは群れを作り、お互いに助け合う習性を持っています。

そういったカチのチームワークの良さに押されて、一部の地域だけで生息するようになってしまったんだとか・・・

カラスの代わりに我がもの顔になっている鳥

ただ、我が家の近所ではあまり見かけません。

実際、カチはソウルより田舎の方でたくさん生息しているそうです。

その代わりにソウルでよく見かけるのがハトです。

私は朝の散歩コースでヨンシンネの飲食店街を歩いたりしているのですが、日本だとカラスが群がっていそうなところに、ハトがいるって感じです。

img_5994

日本でもそうかもしれませんが、韓国のハトはさらに人を恐れないイメージがあります。

ハトに近づいていくと、逃げるというよりもちょっと避けるという感じの動きをしてきます。

カラスはハトを襲ったり食べたりするという話も聞くぐらい、ハトにとって本来カラスは天敵になるそうですが、天敵がいないせいか、韓国のハトは、かなり自由を謳歌しています。

こんなところにカラスが

しかし、この間、妻と北漢山へ行った際、山頂でたまたまカラスを見かけました

img_6182

ただ、2~3匹しか見かけませんでしたし、鳴き方も「カー・・・カー・・・カー」とかなり控えめだったので、ちょっと哀愁を感じてしまいました。

まさかカラスに同情する日が来るとは夢にも思っていませんでしたが、韓国のカラスは何かとご苦労されているみたいですね・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国にはカラスがいない!?街で見かけない理由は?”

  1. meg より:

    地方都市(日本)に住んでいますが、実は10年くらい前までカラスを実際に見たことがありませんでした。10年程前にごみの集積・分別が厳しくなり、なぜかカラスがやって来るようになりました。最初は都会になったなぁ~とちょっと嬉しかったのですが、最近は増え過ぎて、駆除して頂けないかなぁと思っています。適当にごみを出して置いていた時にはいなかったのに、きちんと曜日や時間、場所を決めたら集まるようになったのは、何かカラスの習性に関係があるのかもしれません。
    韓国では鳩は嫌がれれてないのでしょうか?かささぎはロマンチックなイメージがありますが・?

    • ケン より:

      megさん

      コメントありがとうございます!
      韓国でもハトは平和の象徴と認識されていますが、さすがにこれだけ多いと、フンの問題もありますし汚いなあと思っている方は多いそうです。
      やっぱりほとほどの割合でいるのが一番良いのかもしれませんね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ