プデチゲラーメンは韓国の人気ラーメンになれるか?


韓国のインスタントラーメン業界ではこの間までチャンポンラーメンが主流でした。

しかし、最近、新しい局面が出てきたので、ちょっとご報告。

それはずばりプデチゲラーメンが登場したということです。

プデチゲラーメン

これから韓国ではこのプデチゲラーメンが人気商品となって新たなブームを巻き起こしていくかもしれません。

プデチゲとインスタントラーメンの関係

プデチゲと言えば、チゲの中にハム、キムチ、豆腐、そしてインスタントラーメンを入れて、グツグツ煮込んで食べるという韓国の代表的な人気メニューです。

特にプデチゲで重要になってくるのはインスタントラーメンで、妻がプデチゲを作ると、子供たちはどうしてもラーメンを中心に食べてしまいます。

そしてラーメンがなくなると、みんな残りの具は全然食べなくなります。

しょうがないので、翌日、余ったプデチゲにラーメンを足すと、また子供たちは食べ始めて、ラーメンがなくなるとまた食べなくなる・・・

いつまで経っても残りの具が減っていかないという悪循環を繰り返すパターンが多いのです。

プデチゲでラーメンを主役にするという発想

これは私の個人的な意見ですが、プデチゲの中で主役はハム、そしてインスタントラーメンは脇役です。

ただ、インスタントラーメンは主役を食うほどの人気がある名脇役というイメージがあります。

ガンダムで言うとシャア・アズナブルみたいな位置付けですね。

(ちょっと古いかな・・・)

だから、今回、出てきたプデチゲラーメンで、インスタントラーメンを主役にしたのは、なかなか良い発想だと感じるのです。

だからプデチゲラーメンはこれから間違いなく人気が出てくると思っています。

ちなみに、今は、農心(농심)とオットギ(오뚜기)という韓国インスタントラーメン業界の二大巨塔がプデチゲラーメンを出しているので、これからの戦いに注目しています。

↓こちらが農心のプデチゲラーメン

プデチゲラーメン 農心

↓こちらがらオットギのプデチゲラーメンです。

プデチゲラーメン オットギ

プデチゲラーメンを食べてみた

早速、我が家でも農心のプデチゲラーメンを買って食べてみました。

img_6050

予想以上にハムが入っています

やっぱりハムとラーメンは相性が合うのかなあ。

ハムが入っていると、やっぱり食べごたえがありますよね~

麺も少しプルプル感があっておいしかったですよ。

韓国へ来られた際は、今話題のプデチゲラーメンをお土産に買われるのもオススメです!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

韓国のじゃがいも料理ってどんなものがある?... 先日、妻の実家から大量のじゃがいもが送られて来ました。 その数、なんと段ボール2箱分 もう、本当に感謝、感謝、感謝(*´▽`*) とい...
辛い物を食べられない人が韓国へ移住すると・・・... 韓国の会社では、日本と違って、交通費は支給されず、食費が支給されるのが普通です。だから、食費はあまり切り詰めなくても大丈夫なんです^^ しかも、韓国は安い...
韓国のうどんとカルグクスの違い(超個人的な見解)... 韓国に移住してからあまり食べなくなった麺類があります。 それは・・・ うどんです。 日本にいた時は、まだ幼稚園児だった娘が、 「...
韓国の巨大ケランマリ~アクバリの卵料理にビックリ!... 先日、私の韓国ブログを読んで下さっているTさんからお誘いを受けて、別の韓国ブロガーのAさんを交えて、食事をご一緒っせて頂きました。 その時、行ったところが...
韓国は納豆がブーム?我が家が最後に辿りついた結論とは?... 韓国で住んでいると納豆が恋しくなることが多いです。 実は、最近、韓国でも納豆がブームになりつつあります。 この10年で市場規模が10倍になったという...
次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “プデチゲラーメンは韓国の人気ラーメンになれるか?”

  1. ジャントンコ より:

    これマズくて食えなかったけど
    キムチ、スパム、ソーセージ、チーズ
    色々トッピングして何とか食べました。

    うちでは、二度と買わないリスト入り。

    • ケン より:

      ジャントンコさん
      あっ、そうだったんですね・・・
      我が家では結構好評であの後リピートしたのですが^^;
      日本で昔売っていた洋梨ソーダみたいな運命を辿らないように願っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ