韓国で生き抜くための節約術(ロッテスーパー編)

スポンサードリンク

今回は韓国でよりオトクに暮らしていくための節約術を少しお伝えします。

韓国で食品や生活用品などを購入する際、いくつかの選択肢があります。

個人経営の小さなスーパーを利用するか、中型のスーパーを利用するか、市場へ行くか、あるいは、ロッテマート(ロッテスーパー)やEマートなどの大手のスーパーを利用するかという感じです。

我が家の近くにはロッテスーパーがあるので、よく行くのですが、全体的には価格が高くなっています。

ところが・・・

よくよくチェックしてみると、びっくりするほど安いセールを行なっていることがよくあります。

特に、シャンプーはその傾向が顕著で、韓国では日本に比べるとボリュームを大きめにして販売しているので、通常は1万ウォン(約1,000円)以上するのですが、セールをすると、約半額以下の値段になります。

IMG_5028

IMG_5029

こういったセールをどれからの商品でしょっちゅうやっているので我が家ではシャンプーを通常価格で購入することはありません^^

スポンサード リンク

ロッテスーパーへ行く際は袋が必須

またロッテスーパーを利用する際、一つ気を付けないといけないことがあります。

それはレジ袋のお金がムチャクチャ高いということです。

私は、ロッテスーパーへ行く時、必ず袋を持参していくのですが、レジで並んでいた時、袋の値段を聞いてビックリしました。

「1枚440ウォン(約44円)です」

日本みたいに1枚数円のレベルだと思うので、時々忘れても、まーいーかーという感じになるのですが、さすがにここまで高くなるとそういう訳にもいきません。

韓国は最近物価が本当に高くて、何も考えないで買い物をしていると、どんどんお金がなくなっていくので、節約術をしっかり身に付けて賢く生き抜いていきたいものです^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国で生き抜くための節約術(ロッテスーパー編)”

  1. リュウ より:

    ケンさんこんにちわ!
    韓国の価格設定ってどうなんでしょうね、例えば1プラス1なんですけど、ぼくは2個もいらないから1個半額で売れと思ってしまいます笑
    ちなみにコンビニで日本のビール500ccが4本10000ウォンだったりもします。
    あと、当地ならではかもしれませんが、近所のロッテスーパーはレジ袋が有料のゴミ袋なんですよね。。そしてその袋に食品を入れて持ち歩くという…もう慣れましたが笑

  2. ケン より:

    リュウさん
    コメントありがとうございます。
    確かに韓国って「1プラス1」が多いですよね~
    ティッシュも卵もシャンプーもやけに量が多いですし、減らすよりは増やす方向にどうしても意識が働くところがあると思います^^
    あとロッテのレジ袋は確かにそう言われてみれば、ゴミのマークが書いてありますよね。
    まあ、変な感じといえば変な感じです^^;

  3. もつ より:

    こういう日常ネタ大好きです!また更新楽しみにしてます\(^^)/

  4. ケン より:

    もつさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですね!
    では、調子に乗ってこれからも時々書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ