韓国語上達の方法~韓国に住んでも勉強しないとどうなる?

スポンサードリンク

「韓国語を上達させるには、ドラマをたくさん見たらいい。あと、新聞もたくさん読むことが大切。」

これは、私が韓国へ移住したばかりの頃、韓国に20年住んでいる日本人の先輩から頂いたアドバイスです。

言葉はやはりイメージと一緒に覚えないと記憶に残らない性質があるので、そういった意味で韓国ドラマを通じて勉強するのは最高に良いとのこと。

「韓国語が分からなくても、ずっとドラマを見ていると、急に耳が開いて、分かるようになる時があるんだよね~」と先輩は話してくれました。

あれから、4年近くの歳月が流れました。

その後、どうなったのか、今の私の近況を少しお伝えしながら、韓国語上達の方法をご紹介していこうと思います。

韓国に住めば韓国語は上達するのか?

実は、私は、韓国に移住したばかりの頃は、「1年で韓国語を完全マスターしてやる」ぐらいの勢いで、結構、がんばって独学で韓国語を勉強していました。

それでTOPIKという韓国語能力検定試験で4級を取得するところまでは出来たのですが、その後、いろいろ忙しくて、韓国語の勉強を一切しなくなってしまいました

仕事も完全に日本語環境でやっていますし・・・

では、韓国語がまったく上達しなかったかと言えば、実はそうではありません。

子供達が韓国語で会話するのを聞いたり、韓国ドラマやニュースを家族と一緒に見たりする中で、少しずつではありますが、確実に耳が慣れて来ているところがあります。

今は、ドラマだと7割~9割ぐらい、ニュースだと6~7割ぐらい理解できるかなあという感じです。

日常会話であれば、基本的には問題ありません。

(耳が開くという感覚はあまりよく分からないのですが、徐々に分かるようになってきたという感じです)

移住したての頃は、お店で買い物をしたりする時もかなり緊張したのですが、最近は、「分からないことがあれば、また聞き直せばいいや。」と思えるようになってきました。

スポンサード リンク

韓国語上達のおすすめの方法

韓国に住みながら感じることは、韓国語上達のコツは、とにかく毎日、韓国語に触れ続けることだと思います。

その時、自分が好きなものじゃないと、毎日、続けるのは難しいので、そういった時に、韓国ドラマは、韓国語の世界にハマりながら勉強できるのでオススメです。

ただ、まったく韓国語が分からないと、韓国ドラマを見ても、まったく理解が出来なくて困ってしまうと思います。

ですから、そのためにも最低限の韓国語の基礎は何らかの方法で身に付ける必要があります

そのために、私がお勧めしているのは、TOPIKとか韓国語の試験を定期的に受けるという方法です。

やはり目標があると、緊張感が生まれ、韓国語を勉強する気合いも違って来るからです。

基礎の部分で重要になってくるのは、やはり単語力と文法です。

単語に関しては、最近はスマホアプリなどでゲーム感覚で勉強できるものがたくさんありますし、文法もTOPIKを勉強するためのテキストがあれば、必要な内容が網羅されています。

韓国語学習に年齢は関係ない!

私も韓国語がまだ完璧というワケではありません。

ただ、40歳を過ぎても、努力をすれば韓国語の能力はまだまだ伸ばせることが分かってきたので、向上心は捨ててはいません。

最近は、朝、韓国のニュースを見ながら分からない単語が出て来たら、一つだけ辞書で調べてチェックすることを日課にしています。

学ぶことに年齢の限界はないと思いますし、韓国語は日本語と似ている部分も多いので、韓国語に関心のある方がいらっしゃれば、共にがんばっていければ幸いです^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

18 Responses to “韓国語上達の方法~韓国に住んでも勉強しないとどうなる?”

  1. takabone より:

    そうですね~同感です。ただ聞いているだけで自然に分かるようになることはなくて、ある程度勉強して身につけてこそだと最近感じています。年齢を言い訳にはしたくないので頑張りたいのですが、度胸だけ付いたような気がする今日この頃です(^^;

    • ケン より:

      takabonesさん

      コメントありがとうございます!
      そうですね~
      私も元々韓国語の基礎は出来ていたので、聞いているだけで段々慣れてきたところはあるかと思います。
      takaboneさんのコメントを見て、思い出しました!
      やっぱり、”語学は度胸”ですよね^^

  2. タケ より:

    最近、ちょこちょこ出てきますが、ここのケンさんと同じ境遇だなと同感することが多いです。

    僕は、在韓が7シーズンになるのですが、一般的な韓国語は殆ど出来ないと同じで、未だに挨拶程度。社長には早く韓国語を覚えなさいと言われますが、ハゴンに行く時間も無く
    自己流で独学ですが、進みません。(社長は義理の兄)

    工業関係の仕事なので、朝、工場で挨拶すると言葉は殆ど使いませんが、MBCのラジオで韓国語を聞くくらいのものです。(韓国の工場関係は、基本的に日本で言うブラックです)

    お昼になり、外国人もいますが、殆ど韓国語を完璧にマスターして来ている感じで、僕は守衛の人に早く韓国語をマスターして呑みに行こうと誘われますが、僕は糖尿病で呑みにはいけないのでごめんなさい程度は話せますが・・。

    ま、在韓10年の初心者教室に通っていた人でも韓国語話せない日本語教師もいましたから。本人が覚える気がないといつまでたっても話せないのが本当のところです。

    ご案内のように、我が家も息子が居るのですが、幼稚園の時に連れてきて、今ではハングルも話せて、学業も5教科
    未だに90点以下を取ったことがない平均で言えば96点ですが、日本語の教科選択は高校からなので、家庭では極力日本語で話しています。

    現在は、妻の方が日本語が怪しくなっていますね。
    妻は、在日8年でしたが、女の人は友達を作るとペラペラになるので、時々聞いたこともない日本語をどこから覚えたの?というと、ドラマで言ってたと、やはりTVの影響はあります。

    僕も、韓国ドラマ大好きで見ていますが、肝心な所は聞き取れないか単語が解らないので息子に聞くと、面倒くさい感じですが、教えてもらいます。

    子供が、高校で日本語を選択する日までは僕の苦悩の日々は続く感じです。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうごじざいます!
      いやあ、親近感覚えまくりです^^
      私の妻も日本に10年いたのですが最近は「日本語忘れかけてきているからマズイ」と焦ってきています^^;
      それにしてもタケさんのお子さんは優秀で羨ましいです。
      我が家の息子や娘にもお子さんの爪の垢を煎じて飲ませたいぐらいです(T-T)
      家族が日本語を忘れると、どんどん孤独な気持になってくるものですが、そういった環境に負けないで共にがんばっていければ幸いです!

      • タケ より:

        僕は、釜山に住んでいますが、韓国語の方言は釜山生まれの釜山育ちの人はナマリがすごいですね、やっぱり。

        日本語も東北と関西ではまるっきり違うように韓国語も同じです。

        教科書のような韓国語を話す人も実際にはいません。というかいつも息子に怒られるのは、年下の人にヨとかを語尾につけるなとか、特に子供に対して丁寧語はするなと言われます。

        甘く見て、つけ上がるからだといいます。チョヌンも言うなと言われます。ネガというと上の人が下の人に言う言葉ですが、チョヌンというと反対になるからだといいます。

        ・・マリアというぞんざいな言葉は、少し怒っていますよ。ということらしい。日本語で言うと、「・・・なんだってば」とかになるようですが、人によっては、何時も使う人もいます。

        特に、工業関係者は言葉が荒く、日本もですが独特のものがあります。

        一般的に、釜山の人は、ソウルの言葉は、女っぽいと言いますし、釜山の言葉は粗いと言います。イッチャナ・・・。というのは釜山の人は使いませんが、ソウルに行くとよく聞きます。

        発音は、どうしても日本語訛りはわかるそうです。英語なまりも出るそうです。日本語でも、ああこの人英語圏の人だなとか、韓国の人だなとか判るように、どれだけ上手に話しても、だんだんと特徴は出るそうです。

        息子は、韓国語も日本語も訛りは出ないですね。不思議と!日本にいるときは、幼稚園の先生に、発音がオカシイと言われましたが、韓国の母に日本語を教えられれば、そりゃそうだとほっときましたが、こちらでは、日本語で話すのは僕だけなので、日本語は完璧です。

        余談ですが、こちらに来た頃は、反日がすごい頃で、息子も苦労したそうです。要するにイジメですね!でも、悔しかったら韓国人に韓国語を絶対に負けるな!勉強が出来る人をパボとは言えないのだから!と言い聞かせて今日に至っています。

        今は、スマホにPCゲームに夢中で、皆はハゴンで勉強しますが、一回も行ったことはないですね!学校で勉強するだけで疲れるのに、ハゴンなんか行きたくなと!ビックリしますが、お金はかからない孝行息子です。

        • ケン より:

          タケさん

          コメントありがとうございます!

          いやあ、そのお気持ちよく分かります^^

          私の妻の実家は、慶尚南道なので、実家のお父さんお母さんとお話する時は、釜山訛りのせいか、何を話しているのかさっぱり分からず、いつもむちゃくちゃ緊張します・・・

          年下の人にはパンマルを使えばいいのに、ついついヨを付けてしまう癖は私も同じです。

          実際、教科書では”ヨ”をつけまくりですからね~

          それにしてもタケさんの息子さんはやっぱりすごいと思います。

          我が家の息子・娘もハグォンに行っていないのですが、成績が悪くても「成績が悪いのはハグォンに行っていないからだ」とすぐ言い訳をします(T-T)

          韓国の学校はハグォンに依存して、学校自体は自由なところがありますが、それだけに子供のやる気スイッチが入っているかいないかで、大きな差が出て来るのかもしれませんね。

          あと、余談ですが、他にブログを読んで下さっている方の中でも、タケさんのコメントを見ながら、すごく共感して、タケさんと交流したいという方まで出て来ています!

  3. ひょの より:

    韓国にいた時、知らない人に韓国語で電話をかけたりするのは苦手でしたね。相手の声が聞き取りづらく、相手の顔が見えないので、話の筋を推定するのが難しいです。その代わりにムンチャをよく使いました。

    今は日本語なので緊張感がなくなりました(^◇^;)

    • ケン より:

      ひょのさん

      コメントありがとうございます!
      確かに電話はちょっと緊張しますよね。
      私も先日カード会社から電話が来て、契約の件で担当者の方といろいろお話をしたのですが、相手の方がマシンガンのようにお話をされるので、ちょっとビビりました^^;

  4. ハングルが全く頭に入らない私が通りますよ~(汗)

    次女が勉強始めたのは昨年4月からなんですが、
    その上達の早い事ったら、
    今回の韓国旅行も全部彼女に頼りっきりでしたが、
    彼女が話し掛ける簡単な会話は、
    二度聞きされる事は、一度もありませんでした。
    (本人は話し返されると理解出来なくて、
     困っておりましたが<笑)

    次女の夢が韓国留学なんで、私も付いて行きたいのですが、
    どっぷり日本人の私は、アルファベットもハングルも、
    見るだけでめまいがして、それでも地下鉄の案内は、
    アルファベット→中国語→仕方無くハングルと、
    もうハングルは、初歩の書き取りから何冊かやってみたんですが、
    加齢とかバカとか(これは生まれ付き<泣)言い訳にせず、
    今日の夜からでも、また勉強再開したいと思います☆

    • ケン より:

      かえるくんVGさん

      コメントありがとうございます!
      やっぱり子供は語学の天才ですよね~
      我が家の子供達も移住したての頃は、韓国語に慣れないから苦労するのではないかと色々心配していましたが、1年経てば、子供達の韓国語力は完全にネイティブ級。
      心配して損したって感じです^^;
      そんな子供達とは比較せずに、昨日の自分に打ち勝てるようお互いがんばりましょう(^O^)

  5. mogu より:

    韓国語も覚えたら
    ドラマとか面白いだろうなって思いますが
    私は韓国に興味が湧く前に
    英語を始めていたので今は英語を勉強中です
    (まったく喋れませんけど…)
    「前は勉強してたんだけどね…今は全くやってない」
    って事だけはやめよう、
    私に出来ることはそれだけだと思って
    毎日何かしら英語にはふれようと
    ミニのメモ帳に気になる表現を書いて持ち歩き
    ちょっとした時間に見るようにしています
    時間がある時は英語の動画を見ています
    以前よりは耳が慣れた気がします

    言語は違いますが単語と文法は必要ですね
    発音は聞いて話して覚えるしかないですし
    日本語でも聞き取れない時は聞き直しますから
    それは普通のことですよね
    ずっと興味を持ち続けたいと思います

    • ケン より:

      moguさん

      コメントありがとうございます!
      語学の勉強って上達のコツは結構シンプルなんですけど、後はそれが出来るか出来ないかという問題になってくるのかなって思います。
      私は以前アメリカに留学したことがあったので、忘れないように英語もやらなくちゃって思っていますが、韓国語も勉強しなくちゃって思っているので、文字通り、”二兎を追う者は一兎をも得ず”状態になっております^^;
      お互いがんばりましょう(^O^)

  6. うまうま より:

    自分の場合、韓国語はひたすら音楽を聴くことと、単語集、韓国人向けの日本語学習の本ですね。
    韓国人向けの学習本は日本語の表現から韓国語ではどう言うのかを調べるのに役立ちましたね。
    もう何年も勉強はしてないので徐々に忘れてますが…
    韓国人の彼女がいたこともあるせいか、女っぽい韓国語話すとは言われたことありますね。どう言う理由かはわかりませんが。

    今は中国語と英語がメインで、中国語はhsk5級(最高は6級)、英語はとりあえずTOEIC900を目標にやってます(TOEIC7~800程度では論外と言われるので…)。
    初心者から初級レベルまでは自分なりのコツがあるので苦労はあまりないのですが、中級レベルあたりでどうしても壁にぶつかって嫌になる時がありますね。

    • ケン より:

      うまうまさん

      コメントありがとうございます!
      私も韓国語については妻から影響を受けている部分が大きいので、時々、女性っぽいと言われることがあります^^;
      中級の壁というのは、すごく納得が出来ます。
      実際、中級と上級レベルは、一見そんなに違いがないようにも見えますが、ビジネスという観点で見れば、中級レベルだと使い物にならないので、そこら辺がすごく悩むところですよね。
      是非、マルチリンガルを目指してがんばって下さい!

  7. うまうま より:

    あと、語学はあくまでツールであって何のために使うのかがある程度明確になってない人は挫折すると思いますね。
    何か目標が無いと学習意欲は必ず萎えますね。
    脳は使えば使うほど年齢に関係なく成長し続けるらしいので50歳とか初めても遅いことはないです。

    冬ソナ大好きで、セリフ覚えるくらい観続けた50近いおばさんがハングル検定1級に合格した例もあるので。

    • ケン より:

      うまうまさん

      確かにそうですよね!
      それに、そのおばさんは本当にヨン様のことを愛していたんだと思います。
      愛は言語習得スピードをグーンとアップさせますから^^

  8. NAOYA より:

    お久しぶりです。

    私の母親はドラマにはまって、40代後半から韓国語を勉強しはじめました。
    教室に通い、日常会話は問題ないくらい習得したみたいです。
    妹も同じ教室に通っていたんですが、通訳や翻訳のバイトをするくらい習得してました
    母親も凄いと思いますが、妹や、お子さんのように若いとやはり覚えも早いのでしょうね。

    私は全く喋れませんので、韓国人の友達が遊びに来たときには、日本語、韓国語、カタコトの英語いりまじってます。
    私も少しでも話せるように勉強しなきゃ

    あっ!今月末か来月頭に韓国行きますよ。勿論滞在はヨンシンネの友達の家です

    • ケン より:

      NAOYAさん

      コメントありがとうございます!
      やっぱりお子さんや若い方の語学習得のスピードには本当に頭が下がります^^
      ヨンシンネに来られるんですね!
      お時間が大丈夫でしたら、是非、お会い出来ればと思います。
      先ほど、メールでも連絡をさせて頂きましたので、ご確認下さい!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ