こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国・ソウルに住んでいると当たり前のように感じるけれども、ソウルを離れると、それがないことに大きな不安を感じるものがあります。

それは地下鉄のホームドアです

ちなみにソウルの地下鉄のホームドアの設置率は100%なんだそうです。

では、なぜ、韓国の地下鉄にホームドアが一気に出来たのでしょうか?

その理由を調べてみると、意外な事実が浮かび上がって来ました。

ホームドアは何故一気に設置されたのか?

韓国によく来られていた方はお気付きだと思うのですが、ソウルの地下鉄にホームドアが出来たのは、実は、あっと言う間の出来事でした

ソウルでは、2005年に地下鉄を含むすべての鉄道の駅で、ホームドア(スクリーンドア)を設置することが義務化され、2009年には、設置が完了ました。

その間、たったの4年。

韓国でこんなに早く地下鉄のホームドアが設置された理由の一つには、韓国の性急な性格もあったのかもしれません。

私も長年、「韓国はやると決めたら、一気にやってしまうところがあるからなあ・・・」と思っていました。

ただ、実は、それ以上に、韓国の地下鉄は歴史が浅く(韓国最初の地下鉄が出来たのは1974年8月15日)、この時に決まった車両の仕様が今でも引き継がれていたことが一気にホームドアを設置出来た大きな理由だったそうです。

逆に、日本では1927年に東洋初の地下鉄が開通しましたが、歴史が長い分、一つの路線で様々な規格の車両が走るようになっているため、ホームドアの設置が遅れてしまっているそうです。

ちなみに今、ソウルでは、江南が最も都会的な街になっていますけど、裏を返せば、江南は、元々、何もない田舎だったから、急成長が可能だったとも言える訳ですよね^^

ホームドアに慣れると・・・

実際、ホームドアがあるとホームの下に転落することは絶対ないので、その点では非常に安全・安心です。

(時々、ホームドアに挟まれて死亡事故が起きてしまうこともありますが・・・)

ただ、ホームドアの環境に慣れると、それが当たり前のことになってきます

なので、日本へ行ったり、ソウルの郊外へ行ったりして、ホームドアが設置されていない駅があると、ちょっと恐怖感が湧いて後ずさりをしてしまいます

やっぱり、人間、慣れって怖いですよね^^;

合わせて読みたい記事