韓国にAmazonが進出しない3つの理由!でもみんな使ってまーす



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいると、日本のAmazonを利用する機会がよくあります。

以前は、Amazonと言えば、日本の本を買う時に利用するというイメージがあったのですが、最近は、本だけでなく、一般商品も利用しています。

ただ、その一方で、韓国ってAmazonが無いんですよね。

Amazonはなぜ韓国に進出しないのかという点に関しては、いろいろな説が飛び交っているのですが、分かったようで分からないことも多く・・・

そこで、韓国での情報も調べながら、3つの理由をまとめてみたので、是非、ご参考にして下さい!

韓国からAmazonは徹底した訳ではない

Amazonは、以前、韓国に進出したけれどもいろいろ問題があって撤退したのではないかと思っている方もいらっしゃるようです。

しかし、Amazonは韓国に進出したこと自体がありません

ただ、過去には、何度か進出しようとしたことがあります。

その経緯に関しては、韓国のナムウィキという情報サイトに韓国語で詳しく書かれています。

実際、経緯を見てみると

  • 1999年:サムスン物産と提携して進出しようとしたが、その時は日本にも進出している時だったので断念
  • 2012年7月:Amazon Web Services というクラウドコンピュータサービスを韓国で開始
  • 2013年5月:韓国で法人を設立

という感じで、韓国に進出する機会は何度か伺っていたことが分かります。

では、なぜ、今でも韓国にAmazonはないでしょうか?

韓国にAmazonが進出しない理由

韓国にAmazonが進出しない理由を探ってみると、以下のような点が挙げられます。

関税という障壁

先ほど、紹介したサイトには、このような一文があります。

쉽게 이야기해서 국내의 비합리적인 전자상거래법이 개선된다고 해도, 관세 제도가 바뀌어야 아마존의 실질적인 진출이 가능하다. 그런데 수출 지향 국가인 우리나라에서 이런 관세 제도를 바꿀 리가 없기 때문에 전자상거래법의 개선 여부와 관계없이 아마존의 한국 진출 가능성은 희박하다.

ここで指摘されているのは、韓国の非合理的な電子商取引法で決められている関税制度が変わらない限り、Amazonは韓国に進出することは難しいということです。

韓国では、輸出を重要視し、輸入製品に関しては、関税制度で規制を強化しているので、そこでAmazonの競争力が失われてしまうというのですね。

通販のライバルが多い

2番目の理由として、韓国内でのライバルの多さが挙げられています。

この点に関しては、以下のような説明があります。

한국의 전자상거래 시장은 전자상거래 기업이 1만개를 넘어선 과포화 시장이기때문에 진출을 주저하는 것이다.

韓国では、電子商取引(ネットショッピング)を行っている会社が1万社を超えていて、既に飽和しているので、Amazonは進出をためらっているというのです。

確かに、韓国のインターネットモールを挙げてみると、

など、かなりの激戦になっています。

あと、韓国では、テレビショッピングをする機会も多く、我が家でも、妻がしょっちゅう利用しています^^

>>韓国のテレビショッピングを妻がよく利用する理由

■韓国にはクーパンがある
韓国のネット通販サイトとして有名なもので、쿠팡(クーパン)があります。クーパンでは、ロケット配送(로켓배송)という注文したら次の日には届くサービスを無料で行っています。

配送スピードを重視する点は、Amazonと重なっていますよね。

実際、中央日報の記事では、Amazonの創業者のジェフ・ベゾス氏が、韓国への進出を避けているのは、クーパンの創業者のキム・ボムソク氏の存在があるからだと米国経済専門紙「フォーブス」が伝えていると書かれています。

敢えて韓国に進出する必要はない!?

Amazonが韓国に進出しないからといって、韓国人がAmazonを利用していないという訳ではありません。

韓国の統計庁の調査によると、過去3年間で、韓国人がAmazonで商品を購入したのは45,000個を超えたという意外な結果が出ています

実際、アメリカのAmazonは韓国語にも対応していて、韓国人の方も気軽に利用できるようになっています。

つまり、Amazonは、がんばって韓国に進出しなくても、韓国人は、なぜかAmazonをたくさん利用してくれるので、今のままでもいいんじゃないかと思っているのかもしれませんね。

Amazonから韓国に送ると配送スピードが早い!

かくいう私も、韓国に住みながら、Amazonを愛用しています。

日本のアニメのフィギュア(私ではなく娘からのリスエストです^^;)、布団の圧縮袋、ゴルフティーなどなど・・・

日本にしかないものや、韓国よりも品質が高い商品に関しては、積極的に購入しています。

Amazonで売られている商品を韓国に送る場合は、

  1. 韓国の住所を設定
  2. 商品を検索
  3. 絞り込み検索で海外配送で“配送対象”にチェック
  4. 商品を選択

という順番で操作を行います。

そして、海外発送に問題なければ、お届け予定の日が表示されます。

ちなみに海外発送が出来ない商品は、“この商品は選択した配送先にお届けできません。”と表示されるので、諦めるしかありません。

(健康食品とかダメな場合が多いですね・・・)

ただ、その一方で、送料は1,000円ちょっとぐらいで済むことが多いですし、あとは、Amazonは何と言っても配送スピードが早いです!

注文してから、3~4日で到着することが多いので、非常に助かっています。

>>アマゾンの海外発送を利用したらムチャクチャ早くてビックリした

ちなみに、以前は、楽天で購入した後、海外転送サービスを利用したり、日本の友人に頼んだりしたりすることが多かったです。

しかし、最近は、Amazonなら安く、早く、注文から配送までワンストップで出来るので、最近は何か日本の欲しいものがあれば、まずはAmazonで購入できないかチェックしています。

もちろん、韓国にAmazonが進出したら、それはそれでうれしいですが・・・

ただ、進出しなくても、私だけじゃく、韓国人の方々も、Amazonは比較的自由に利用出来ているので、問題はないかなというのが、個人的な感覚です!





次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国にAmazonが進出しない3つの理由!でもみんな使ってまーす”

  1. 田中利博 より:

    日本と違って、韓国は、インターネット通販大国なので、不便な所に住んでいても、不便を感じないで住んでいるのでは??と思っています。市内バスで、アンゴルマウルにある朴前大統領の新居を訪ねた事がありますが、幹線道路に、給油所とGS25が1軒あるだけでした。私は、Gマーケットの外国人会員なので、新大久保には無い韓国のお菓子の新製品とかで、どうしても欲しい場合は、たまに、高い配送料を覚悟して、利用する事があります。^^

    • ケン より:

      田中利博さん

      コメントありがとうございます。
      Gマーケットの外国人会員って、すごいですね!
      私は、インターネット通販を支えているのは、韓国の宅配業者となりますが、当日配送が可能な場合もあったり、宅配のおじさんが、深夜までピンポーンとインターホンを鳴らしながら、荷物を送っているのを見ると、ちょっとビビるぐらいです^^;
      ここら辺は、日本とまたかなり違った文化が確立されていると思います。

  2. sironeko より:

    来たことがないというのは、税制も含めておどろきです。韓国が電子商取引がアマゾン以前に盛んというのも。

    • ケン より:

      sironekoさん

      コメントありがとうございます。
      はい、韓国のネイバーで商品を検索すると、いろいろなインターネットモール経由でのショップが出て来ますよ^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ