明洞餃子のカルグクスを食べたらちょっと悔しかったワケ

スポンサードリンク

先日、明洞へ一人で行く機会があったのですが、朝の11時ぐらいに明洞餃子の前を通り掛かりました

実は、何を隠そう、私は韓国に移住してから、まだ一度も明洞餃子へ行ったことがなかったのです

一応、何度か行きかけたことはありました。

でも、明洞餃子は、いつも人がいっぱいで、店員さんは、全然親切に接客してくれないイメージがあったので、躊躇してしまっていました。

ただ、その時は、まだお昼時ではなかったので、今なら、そんなにこんなに混んでないだろうか、大丈夫だろうと思って、食べてみることにしたのです。

明洞餃子のおすすめメニューは?

最初は、

「明洞餃子だから、餃子(マンドゥ)を食べなくちゃ!」

と思っていたのですが・・・

メニューを見てみると

  • カルグクス:8,000ウォン
  • マンドゥ:10,000ウォン
  • ビビムククス:8,000ウォン
  • コングクス:8,000ウォン

の4種類、そしてテイクアウトしかありません。

マンドゥだけだとご飯がないから変ですし、ビビムククスは辛いですし、コングクスは味が薄いイメージが強かったので、ここはシンプルにカルグクスで行くことにしました。

一応、スマホでチェックしてみると、カルグクスが明洞餃子の看板メニューだと書いてありましたので^^

スポンサード リンク

明洞餃子の注文方法はやっぱり・・・

店内に入ると、まだ平日の11時を過ぎたばかりなのに、ほとんど満席になっていました。

さすが、明洞餃子です^^

案内された席に着くと、明洞餃子のおばちゃんが忙しそうにやってきて、小さいガムをポンと机の上に置きながら、

「カルグクスでいいですか? ソンブル(선불・前払い)ですよ。」

と早口の韓国語でまくしたてます。

カルグクス前提で注文を聞いて、かつ前払いにして会計の無駄な時間を省こうとするところがいかにも明洞餃子らしいですね~

しかも私は地元の韓国人と間違えられたのもかもしれません^^;

ただ、おばちゃんが決めつけた通り、カルグクスを食べたい気持ちに偽りはなかったので、そのまま注文。

そして、おばちゃんが先にレシートを持ってきたので、そこで8,000ウォンを払いました。

カルグクスのお味は?

さらに待つこと3分、遂にカルグクスが登場しました。

気になるお味の方ですが・・・

やっぱりすごくおいしかったです!

韓国のカルグクスはあっさりしているものが多く、物足りなさを感じることが多いのですが、明洞餃子のカルグクスはスープにしっかり味が付いています。

さらに、カルグクスの上には鶏ミンチが乗っているので、食べごたえもアップ!

また、一度諦めたはずの餃子(マンドゥ)がカルグクスの中に入っていたのは非常にうれしかったです。

しかもスープの中でマンドゥはワンタン風になっていたので、ワンタン好きな私にとっては、とても美味しく感じました。

明洞餃子の接客について考えてみた

実は、明洞餃子は接客が良くないと感じていたので、

「これで、味もまずかったら、怒るぞ~」

と冗談半分で思っていました。

でも、実際にカルグクスを食べたら、すごく美味しかったので、少し悔しい気持ちに・・・

くそ~、ウマいじゃないか~

おいしいカルグクスを食べて、ちょっと幸せな気分になった上で、よくよく考えてみたのですが、明洞餃子ってキヨスクみたいなところですよね。

キヨスクは、いつ電車が来るかもしれないお客さんに対して、出来るだけ早く会計をして商品を渡すことが最も重要なサービスとなっています。

同じように明洞餃子もわんさか押し寄せてくるお客さんが待つ時間を最小限にして上げることが接客で最も重要なポイントになって来ます。

そういった観点で見れば、一見、ぶっきらぼうに見えるおばちゃんの接客が明洞餃子ではベストなスタイルなのかもしれません。

そんな物思いにふけりながら、カルグクスを食べてお腹いっぱいになり、悠々とした足取りで、お店の外へ。

今回は、一人だったので、カルグクスでしたが、今度、家族で来た時は絶対マンドゥ食べよう!と心に誓いながら家路に向かったのでありました^^

明洞餃子のお店情報

住所:ソウル特別市 中区 明洞2街 25-2
(서울특별시 중구 명동2가 25-2)
電話番号:02-776-5348
営業時間:10:30~22:00(ラストオーダーは21:30)
行き方:地下鉄2号線・明洞駅の8番出口から徒歩3分

※明洞お役立ち情報

明洞の両替所でレートが良いおすすめの所(大使館前は!?)

明洞などの街中エリアのWiFiスポット

明洞のスーパー


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

17 Responses to “明洞餃子のカルグクスを食べたらちょっと悔しかったワケ”

  1. ポンウリ より:

    いつも 拝見させていただいてます。
    江南に江南餃子という店がシンノニョン駅近くにあります。
    江南餃子は明洞餃子の暖簾わけのお店のようで メニューはまったく同じです。味も同じだと聞きました。が、江南餃子はとても接客もよく 先払いシステムでもなく とてもとても親切、丁寧なお店ですよ。
    それから このお店の単品のマンドゥ すごく美味しいです。
    一度 食べたら忘れられない食感と味です。渡韓のたびに行ってます。
    ケンさんも江南方面へ行く時があれば 一度 江南餃子さんへも行ってみてください。

    いつも韓国の情報をありがとうございます。
    これからも ブログを楽しみにしています。

    • ケン より:

      ポンウリさん

      コメントありがとうございます。
      江南餃子もあるとは初めて知りました。
      江南と聞くだけで、落ち着いて食べられそうな感じがしてきますよね^^
      江南は、私が住んでいるヨンシンネからは、反対の位置にあるので、普段はあまり行くことがありません。
      でも、場所をチェックしてみたら、リッツカールトンやノボテルアンバサダーの近くみたいなので、そこに友達が宿泊しているから会おうという機会があれば、その時に江南餃子を食べるチャンスがあるかもしれません。
      その時は、是非、ポンウリさんオススメのマンドゥを堪能したいと思います!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. takabone より:

    こんにちは。大勢のお客さんが押し寄せてくるのに回転が良いのは、独特のシステムのおかげなのでしょうね。一人だとなかなかマンドゥまで食べるのが難しいので次回は是非ご家族で行ってみて下さい!

    • ケン より:

      takaboneさん

      やっぱり明洞は韓国旅行のメッカなので、そこで有名な明洞餃子となると、こういったシステムにならざるを得ないですよね^^;
      今度は、家族でしっかり計画を立てて、マンドゥをじっくり堪能したいと思っております!

  3. cda より:

    日本でも、観光地化した所の所謂「有名店」なら接客は雑な所が多いですよね。そこのお店は味が良かったからいいですが、味がやたら濃かったり、化学調味料がきつかったりと酷いのもありますし。食べてみて、言い方は何ですが、金をドブに捨てた様な気になってしまうことが儘ありますね。

    観光地や有名店でない、街中の旨い店を探すのが楽しみです。血圧やコレステロールや体調や懐具合を気にしながらですが、コレと云う店を見つけた時の嬉しさがありますね。韓国ソウルにも、隠れた名店がたくさんあるかもしれません。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      確かに人気のお店は、お店の人が傲慢になってしまって接客も横柄になる場合があるという話も時々聞きます^^;
      あと、ある南大門の冷麺のお店で、お店の中に有名人のサインがたくさんあったので、おいしいのかなあと思って食べたら、ムチャクチャまずくてびっくりしたことがあります。
      だから、お店の知名度にはあまりこだわらない方が良いのかもしれません。
      私も隠れた名店を探せるようがんばってみます^^

      • cda より:

        そうそう、有名人が来たとかテレビやネットでとりあげられたとかで一気に有名店になるのもありますしね。

        良いお店って、余り出たがらないですよ。小汚い店ならウチは味で勝負だと言う場合もありますが、よほどでない限りはこんなものかと思います。派手だったり女子ウケするような演出はしませんが、センスの良いこじんまりとした清潔感のあるお店が吉ですね。

  4. 駐在おやじ より:

    明洞餃子もう 5年以上行ってないと思います
    理由は ケンさんと似てて 人が多い><からです
    味もよく覚えてないんですよね~~
    そんなにうまかったですか? また行ってみようかな ^^

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      私の場合、妻がカルグクスが大好きという事情もあり、いろいろなところで食べる機会があるのですが、あまりおいしいって感じたことがなかったので、それに比べるとずっとおいしかったなあという感じです^^
      また閑散期(!?)を狙って行ってみたいと思います!

  5. うまうま より:

    最後に行ってから数年経ちますが、正直言って行く価値があるほどの店かなあと思います。
    別に味が悪いとは言いませんが、もう少し安くて同レベルの味の店は他にもありますし、あくまで観光客メインの店だと思います。

    基本的にガイドブックなどに乗りまくってる店は割高だと思いますね。あと有名になった結果サービスが低下した店も多いので、自分の場合はガイドブックなどにあるような店は行かないようにしてますね。

    韓国の口コミサイトなんかはたまに見て参考にはしますが。

    • ケン より:

      うまうまさん

      コメントありがとうございます。
      明洞餃子は、あくまでも大衆食堂なので、そういった次元で考えればおいしかなあって思います^^
      基本的に観光地にある食堂は高いですよね。
      多分、場所代が高いんだと思います。
      普通の観光客が行かないお店へ行くと、当たり外れがあるので、目利きが重要になってくると思いますが、それもスリリングな旅になって面白いと思います!

  6. Meg より:

    初めて明洞餃子に行ったのは90年代後半だったと思います。まだお客さんも少なく、値段もカルグクスやマンドゥ共に4000~5000w辺りだったと思います。その時はキムチも色々な種類が副菜で出ていました。今やすっかり人気店、雰囲気が変わってしまいました。味は変わってないみたいですが丁寧な接客だったあの頃が懐かしいです。後に行った時、隣の韓国人が教えてくれたのですが、実は1回だけ麺のお代わりが無料で出来るそうです。だから2人で1杯注文して後で麺をお代わりした方が良いと教えてくれました。
    ぜひ次回はチャレンジしてみてくださいね!
    マンドゥも美味しいですよ~

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      90年代後半の明洞餃子がそんなだったとは、貴重な情報ありがとうございます!
      やっぱり人気が出れば出るほど、変わってしまうもの、変えざるを得ないもの、いろいろ出て来るんでしょうね・・・
      値段に関しては、韓国はどの食堂もこんな感じでグングン上がっているので、韓国在住者にとっては、結構キツイものです(T-T)
      麺のお代わりも出来るんですね~
      ただ、私自身、韓国のロッテリアのコーラをお代わりする時もかなり緊張するので、あの明洞餃子の慌ただしい雰囲気で出来るかどうか、微妙かもしれません^^;

  7. タケ より:

    ソウルはピッサダ。冷麺もだけど、原価いくらでこの値段になるのかな?見た感じだと1000w掛かってるかな?てとこだろうけど、相当カゲセが高いんだろうね?!釜山ではククスでその値段では客が入らないだろうな。ジャジャン麺も4500wで500w値上げしたら、息子も食べなくてもいいコンビニでその値段で好きなもの食べれる?というから
    ソウル行ったらビックリしてククスもマンドゥも食べれない。感じです。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      以前、釜山に住んでいた人から、物価の話を聞いた時、その安さにビックリしたことがありました^^;
      特に明洞は場所代がすごく高いんでしょうね~
      ソウルで昔(20年前ぐらい)、スイカが一個5,000ウォンで買えた時代が懐かしいです。
      (今は15,000ウォンが相場ですけど・・・)

      • タケ より:

        スバクとか成果物はソウルと変わらない様ですが、シクタンの設定する値段は随分違うんだなと感じます。
        妻の話では、ソウルは安いと何か混ぜ物とか、中国の食材が入っているとか理由が有るんじゃないか?と言われて中途半端に売れないのだとか。高いか激安と聞きました。
        釜山は、ククスの店ではキンパが必ずあり、ほぼセットの様に頼みます。キンパは普通のキンパという感じですが、ククスと一緒に食べると黄金の組み合わせと言われています。

        • ケン より:

          タケさん

          確かにソウルで激安のものって品質もガクンと落ちますよね^^;
          キンパは麺類との相性が非常にいいと思います!
          我が家でも、キンパを食べる時は、息子が「ねえ、ラーメンも一緒に食べてもいい?」と必ず聞いてきて、セットで食べることが多いです^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ