日本ではありえない韓国の文化(食堂編)

スポンサードリンク

先日、韓国ソウルの舎堂(サダン)駅で、韓国ブロガーのオフ会があり、参加して来ました。

参加メンバーは先回のオフ会と比較的同じような感じで、さらにとらねこさんが加わりました!

(とらねこさんは、以前、韓国に駐在した後、日本に戻ったのですが、出張で韓国へ来られたので、初めてお会いすることが出来ました。)

今回は、そのオフ会の様子をお伝えしていくのですが、普通に紹介しても面白くないので、「日本ではありえない韓国の文化(食堂編)」というテーマで書いて行きます^^

「予約してますか?」と聞かれて目が点に

最初に行ったお店は、숙달돼지(スッタルテジ)というサムギョプサルなど豚肉を中心に扱っている食堂でした。

こちらのお店に行って、幹事のtakaboneさんが、

「7名です。」

と人数を伝えると、お店の人が、

「予約されていますか?」

と聞いて来ました。

その返事を聞いて、私達は目が点に・・・

なぜなら、takaboneさんが、何日か前に予約をしようとこちらのお店に電話をしたところ、

「休日は予約を受けつけていません」

と断られていたからです^^;

でも、実は韓国の文化では、こういうことはあり得ない話ではないと思っています。

韓国は一律のサービスでないケースが非常に多いからです。

役所に行ったら担当者によって必要書類が違うし・・・

同じ症状で病院に何か所が行くと診断結果が全然違うし・・・

だから、お店のスタッフによって予約ルールが変わっても全く不思議ではないのです^^

実際、こちらのお店は店員さんも非常に親切でしたし、予約ルールなんてどうでもいいかなって感じです。

そんなことより、ここのお店のお肉は、肉厚がすごくて非常に美味しかったです!

店員さんとの打ち解け具合いがハンパない

スッタルテジを出て、次に行ったお店は、명동 칼국수 순두부 부대찌개(ミョンドン カルグクス スンドゥブ プデチゲ)というお店でした。

一応、quazmさんのブログでお店の名前がこのように紹介されていたのですが、本当の名前は正直よく分かりません^^;

そこで、美味しいプデチゲを頂きました!

その時、とらねこさんが、日本からおみやげとして持って来て下さった日本のお菓子が配られたのですが・・・

突然、お店の従業員のおばちゃんが、お菓子が欲しいと言うのです

そんなおばちゃんに対して、とらねこさんは、

「お菓子上げるよ~! その代わり、サービスしてね~」

と気軽に応対。

おばちゃんはうれしそうにお菓子を持って行きながら、お礼にみたいな感じで副菜をいろいろ持って来ました。

これって元々、おかわり自由のものでしょ^^;

と心の中でツッコミつつ、とらねこさんに

「あのおばさんはお知り合いなんですか?」

と聞いたところ、

「いや、知らないですよ。」

と平然と答えるのを聞いてさらに感心してしまいました。

日本だったら、店員さんがお客さんのお土産を分けて欲しいとお願いするなんてあり得ないのですが、韓国の文化ではあるんですね~

ナイフありますか?

最後に行ったお店は、누구나홀딱반한닭 (ヌグナホルタクバンハンタク)というチキン屋さんでした。

実は、そこでquazmさんが、オフ会に参加する直前に別の人からもらったロールケーキも食べようという話になりました。

普通、日本では、お店の中で、別のところから持って来たものを食べるのはあり得ないのですが、韓国ではまったく問題になりません

逆に、とらねこさんが店員さんに、ロールケーキを切るためのナイフを持って来てくれるようお願いしていたぐらいでした。

韓国では気にしない・気にしない

私自身、韓国に移住してから、韓国の文化って何なのかなあとずっと考えて来たのですが・・・

韓国は良い意味でも悪い意味でも気にしない文化なんだと思います。

最初は韓国の接客は配慮が足りないって腹を立てることもありました。

でも、よくよく考えてみれば、逆にこちらが変に気を遣う必要もないんですよね。

そうやって考えるようになってから、随分、気持ちが楽になりました。

実際、日本は店員さんの接客のレベルが高いですし、日本では、小さなスーパーでも海外の高級ホテル並みの対応が行なわれていると感じることが多いです。

ただ、その一方で、それを当たり前だと思うお客さんが、店員さんの態度が少しでも悪いとクレームを言うという話を聞くと、店員さんに激しく同情してしまいます。

なぜなら、韓国であれば、店員さんが、お客さんの目の前で、携帯電話で話をしたり、他の店員さんと話をしたり、ジャージャー麺を食べたりしても、クレームを言われることはまず考えられないからです。

それはある意味、当たり前の光景なので・・・

だから、逆にお店にいろいろ持ち込んでも何も言われないんですね。

「郷に入りては郷に従え」と言われますが、逆に郷のルールをうまく利用するというのも韓国文化の楽しみ方の一つだと思います。

そんな私も、日本に行ったら当然日本のルールに従います。

でも、うまく心のギアチェンが出来るかどうか、最近は少しずつ不安になりつつある今日この頃です^^;

↓逆はこちら↓
韓国ではありえない日本の光景と文化

お店情報

肉厚のサムギョプサルのお店

お店の名前:숙달돼지 사당직영점
住所:서울시 서초구 방배동 451-36
TEL:070-8282-0996

美味しいプデチゲを食べたお店

お店の名前:명동 칼국수 순두부 부대찌개
住所:서울시 서초구 방배동 450-14
TEL:02-582-8789

チキンのお店

누구나홀딱반한닭
住所:서울특별시 서초구 방배2동
TEL:02-581-5662

※どのお店も舎堂(サダン)駅(地下鉄2号線と4号線)のすぐ近くです!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

16 Responses to “日本ではありえない韓国の文化(食堂編)”

  1. 駐在おやじ より:

    今回参加できなかったのが非常に残念でした
    記事を読ませていただいて さすがケンさん 面白い視点で書かれてるなと感心しました。
    韓国あるあるの内容ですね www

    反対に こっちがお願いしたことと 店の人の思惑(出す順番)が違って文句言うと 明らかに嫌な顔されて 向こうでぶつぶつ言ってたりもしますね。お店の中で情報共有はできてないですしね www

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      今回は、とらねこさんのお陰で、いろいろと面白い体験をすることが出来ました^^
      次回は、是非、駐在おやじさんもご一緒に楽しみましょう(*´▽`*)
      ちなみに日本はチームワークが重要視されますけど、韓国はそういった文化ではないので情報共有はキツイところがあるのかもしれませんね^^;

  2. takabone より:

    先日は楽しかったですね(^^)
    今回の件に限らず、韓国では営業時間や店休日が割と自由に変わったりすることも多くて、(もう慣れましたが)当初は日本との違いにビックリした記憶があります。
    お店に行く前に気軽に電話して営業しているか?状況を確認したり、混んでいるお店なら事前に席を確保してもらったりということをするのが韓国スタイルなのかもしれませんね。

    • ケン より:

      takaboneさん

      コメントありがとうございます。
      takaboneさんには、いつも幹事をして頂いて本当に感謝です(*´▽`*)
      ルールはあってないようなものというのが韓国スタイルなんでしょうね~
      そういった意味では、言ったもんがちみたいな文化があると思います^^

  3. cda より:

    日本でも個人営業のお店なら懇意の常連客にサービス割り増しがある場合もあるので、それ程サービス一律じゃないのにはおかしいと感じませんよ。

    しかし店員マニュアルがあってないようなのがすごいですね。日本での普通が普通ではないのだから、日本でのサービスが良いと韓国人旅行客が言う理由がわかります。

    料金の対価としてのサービスが当たり前と客が考えなければ、韓国での接客は理解できます。失礼ながら良いとは思いませんが、そう言うものだと腑に落とせば腹は立ちませんね。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      日本の基準で世界のサービスを判断するとクレームだらけになってしまうでしょうね・・・
      アメリカのようにサービスの対価に対してはチップを払う国もあるくらいなので、サービスは料金の中に含まれないと割り切った方が、変に腹を立てずに海外での旅行や生活を楽しめるのかなって思います^^

  4. 田中 利博 より:

    食堂での店員さんとの会話、韓国旅行での楽しみです。

    勿論、日本みたいに話しかけない店員さんもいますが、お客さんに話しかける店員さんが多いですね。

    • ケン より:

      田中 利博さん

      コメントありがとうございます。
      今回、店員のおばさんから話しかけられたところは、韓国の昔ながらの食堂でしたが、そういったお店は店員さんと話す確率がグッとアップするんでしょうね^^
      やっぱりお互いに話をすると、気持ちも少し通じ合えるところがあるので、こういうのも異文化を理解する上で結構大切かなって思います!

  5. とらねこ より:

    日曜日なのに有難うございました。
    面白い視点で書かれていますね!
    僕は韓国の店員さんとの掛け合いが結構好きで
    話せないですが、知ってる言葉で色々と話し
    掛けることが多いですね。
    またお願いします!

    • ケン より:

      とらねこさん

      先日はありがとうございました!
      やっととらねこさんにお会い出来てうれしかったです^^
      今回、初めてお会い出来ましたが、とらねこさんは非常にパワフルでコミュニケーション能力が高い方ですよね~
      とらねこさんと店員さん達とのやり取りを見ながら、私自身もかなり楽しめました(*´▽`*)
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

  6. quazm より:

    このときはお疲れ様でした。
    また、次回以降でもよろしくお願いします。(^^)

    ところで、韓国の店員さんの対応は、人によってもお店によっても、良くも悪くもかなり違うことが多いですよね。
    お店だけでなく、バスの運転手さんとかでも対応の差が大きかったりしますよね。

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      はい、これからもどうぞよろしくお願いいたします^^
      もちろん、店員さんの対応がピンキリなのは日本でもそうなのかもしれませんが、韓国はその振れ幅が激しいですよね~
      店員さんの対応が人によって違うことはまだ大丈夫なのですが、役所、銀行、携帯ショップ、病院、歯医者で人によって言う事が全然違うと正直戸惑います^^;

  7. たく より:

    ここのサムギョプサルはおいしそうですね。
    ミョンドンの有名店だかなんだかに
    つれられていった店は
    脂身が多くて、しかも定員がつたない日本語で
    「この店は高いから、一人一人前では足りないから、もっと頼まないとだめですよ。」
    とかいわれて、テンションが下がりました。
    あまりおいしくなかったし。

    写真のサムギョプサルは本当においしそうですね。
    今度是非行ってみたいな。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      明洞は場所代が高いから割高になってしまうと思います。
      今回行ったところは、ソウルのサダン(舎堂)でしたが、観光客が行くことはないので、その分、コストパフォーマンスの良いお店が多いのかもしれません。
      サダンは明洞から地下鉄で20分で行けますし、メジャーなソウルの観光地に慣れて来たら、目的地をちょっとずらしてみるのもオススメですよ^^

  8. ありちん より:

    はじめまして。
    駐在おやじさんのブログからリンクしてきました。

    内容がかなり面白くってコメントしちゃいました。

    「同じ症状で病院に何か所が行くと診断結果が全然違うし・・・」ここがかなりウケました。

    韓国って本当に適当と言うか、何と言うか・・・
    私の場合、そんな所が好きになって韓国にハマッてしまい、最終的には韓国人と結婚してしまったのですが。

    初めて韓国に行った時には、国民全員がB型なんじゃないかと思った程です。(そういう私もB型です)

    また遊びに来ます!!

    • ケン より:

      ありちんさん

      コメントありがとうございます。
      病院の件は、具体的にお伝えすると、
      1. 子供が腹痛になった時、ある病院ではお腹の切開手術をしようと言われ、別の病院だとただの下痢だと言われた
      2. 子供がのどが痛くなったので、ある病院へ連れていったら、深刻な病気かもしれないからMRI検査をしようと言われ、別の病院ではただののどの風邪だと言われた
      3. 初期ガンだと診断された人が、すぐ別の病院へ行ったら末期ガンだと診断された(これは笑えない話ですが・・・)
      みたいな感じです。。。
      多分、良心的な人もいるんだけど、少しでもお金を巻き上げようとする詐欺師もいっぱいいるんでしょうね^^;
      韓国に住んでいるといろいろなネタが出て来るので、また気が向いたら、是非遊びに来て下さい^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ