海外への日本の布団の発送方法&韓国で使う問題点

スポンサードリンク

私の妻は、日本で10年間住みましたが、韓国へ移住する時、妻は、あるものを持って行きたいと言いました。

それは日本の布団です。

なぜかというと・・・

日本の布団は、フカフカしていて暖かいからです。

妻は、日本に住んでいる間、日本の布団が大好きになりました^^

それに対して、韓国の布団は、かなり薄くてペラペラしています。

それでも問題ない理由は、やはり韓国は冬でもオンドルで室内が暖かいからです。

また、布団が薄い方が、オンドルから来た床の暖かさが体に伝わりやすいからという理由もあると思います。

スポンサード リンク

日本の布団を海外へどう送るか

韓国へ移住する前、最初に悩んだのは、「どうやって海外へ布団を送るか」というものでした。

やっぱりサイズがデカイし・・・

そこで最後に出した結論が、

「布団の圧縮袋で小さくして紐で縛り、郵便局の船便で送る」

という方法でした。

郵便局の船便だと、各辺の長さ:1.5mまで、長さと横回りの合計:3mまで、大丈夫だったので、ダブルの敷布団も、無事に送る事が出来ました^^

韓国で日本の布団を使う場合の問題点

実際に、日本の布団を韓国で使うと、やっぱり暖かいですし、

「もう、日本の布団はサイコー!」

と実感していたのですが、長い間、使っていると、いろいろな問題も出てきます。

それは・・・

家には、外で布団を干すところがないということです。

韓国には、日本のように布団を外で干す習慣がありません。

韓国の布団は薄いので、洗濯機の中に放り込んだりして、丸洗いして、室内で、干したりするそうです。

もちろん、日本の布団はでかすぎるので、洗濯機に入るはずもなく、「困ったなあ・・・」という感じです^^;

まあ、「郷に入りては郷に従え」とも言われるので、そうした方が
良いかなあという気持ちもヤマヤマなのですが、やっぱり日本の布団はサイコーですからね。

悩むところです・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “海外への日本の布団の発送方法&韓国で使う問題点”

  1. クウちゃんママ より:

    こんばんは~(~_~)
    先日はラーメンの件でお返事ありがとうございます。おススメの辛くないラーメンを是非とも食べてみたいのでコリアンタウンに探しに行きます(~_~;)
    ところで、韓国の布団、ドラマや映像で見ていると日本の布団に比べかなり薄い感じがしました。室内が暖かいんですね!?(床暖ですね?)なるほど~納得です。日本の布団は確かにフカフカで最高に暖かいですね。
     ドラマの件ですが私は現在、ちょっと遅れの「百年の遺産」を視聴しておりハマってます(笑)、現在そちら韓国で流行っているドラマを教えて頂きたいです。

  2. sunny より:

    クリーニング屋で洗濯してくれますよ~

  3. ケン より:

    クウちゃんママさん
    コメントありがとうございました。
    ジンラーメンおいしいですよ。
    是非、ご堪能ください^^
    百年の遺産は、最後になればなるほど、
    どんどん盛り上がっていきますよね。
    いつも悪役ばかりやっている人が、
    好青年な白馬の王子みたいな役をしたり、
    おしとやかな役ばかりやっている女優さんが、
    はちゃめちゃな役をやったり、
    ドラマで夫婦だった俳優と女優さんが、
    ドラマが終わった後、本当に結婚しっちゃったり、
    話題性もたっぷりなドラマです^^
    今は、あまり面白いドラマがなかなか見当たらないのですが、少し前にやっていたドラマでしたら、「星から来たあなた」が面白かったですよ。
    宇宙人が地球にやってきたという設定とか、
    今、旬の役者さんが出ていたりとか、
    とても楽しめるドラマです^^

  4. ケン より:

    sunnyさん
    コメントありがとうございました。
    なるほどー
    妻にも聞いたら、その方法はありだと
    言ってました^^
    (ただ、日本の巨大な布団を対応してくれるかは、どうなのかなあという不安もありますが^^;)
    でも、結構、料金は高いみたいです。
    機会があったら是非チャレンジしてみます^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ