韓国での仕事探しは大変!失業率にはからくりがある!?

スポンサードリンク

今、息子がアメリカに留学をしていることもあり、我が家の家計に占める教育費の割合はかなりとんでもないことになっています^^;

韓国に移住した立場だとお金を借りるのも難しいので、とにかく稼ぐしかありません!

そんな事情もあり、最近は妻にも働いてもらっているのですが、そんな中で韓国で仕事探しをするのは本当に大変だなあと実感することが多くなっています。

その背景には失業者数の多さがあるのですが、韓国の失業率にはからくりがあるとも言われています。

今回は、いつも記事と違って、かなりシビアな現実的なお話となっています。

ただ、このブログは韓国の良いところも悪いところも客観的にお伝えすることをモットーにしているので、最後まで読んで頂けますと幸いです!

韓国での仕事探しは大変!

韓国では基本的に男性も女性も関係なく、仕事探しをするのは本当に大変です。

日本では大卒の就職率が97%ですが、韓国の大卒の就職率は60%台です。

私の妻は、今、40歳を過ぎているのですが、そうなってくると仕事探しはさらに難しくなってきます

そういった中でも仕事を探すには、数打ちゃあたる方式で、とにかく求人をしている会社に履歴書を送りまくるしかありません

そうすると、いくつかの会社からポツポツと面接に来ませんかという連絡が来ます。

しかし、そこからがさらに大変です。

少しでも条件がマシそうな会社だと、20代、30代の大卒の若者がたくさん応募をしていて競争率は20倍~30倍になるケースがたくさんあるからです。

そんな話を妻から聞きながら、

「こんなにたくさんの若くて優秀そうな人材が、何で今、無職なの?」

といつも不思議に思います。

実際、妻のママ友たちの中には、仕事をすることは諦めてしまっている方も多いです。

韓国の女性はもっと大変!

ただ、私の妻は、面接力があるのか、そういった厳しい環境の中でも時々、仕事を勝ち取って来ます。

しかし、実は韓国では仕事が出来るようになっても、決して楽になる訳ではありません。

なぜなら、韓国で女性が仕事をする場合、給料が非常に安いからです。

基本的に定時でフルに働いても、給与は14~15万円ぐらいです。

そこからさらに税金が引かれるので、手取り額はさらに減って来ます。

また、韓国の中小企業の場合、

  • なぜか定時の勤務時間が9時間
  • 残業が多くても残業代が出ない
  • 休みが週一
  • 祝日の半分は出勤
  • 出張手当なし

であるところはザラにあります。

そうすると、時給換算したら、日本円で800円を余裕で切って来ます

韓国の最低賃金は650円~700円ぐらいですが、まさにそんなレベルです。

(実は、この最低賃金システムにも韓国には深刻な問題があります・・・)

実際に、いろいろデータを調べてみると、韓国の女性は4割弱の人達が低賃金で苦しんでいてその割合はOECD加盟国の中でも圧倒的1位なんだそうです。

ちなみに、私には韓国に住む日本人女性のお知り合いが何人かいるのですが、ある程度の年齢を過ぎた方だと、

  • 明洞などでのチラシ配り
  • 工場での検品作業(日本人はきっちりしているので)
  • 田舎に嫁いだ人であれば農作業のお手伝い

という感じで、出来る仕事の範囲はかなり限られてしまいます。

また、給料が安いだけでなく、雇用主からさらに厳しい条件を突きつけられて、悔し涙を流しているという話も時々聞いたりします。

韓国社会は圧倒的に雇用者優位

正直、韓国の会社を見ていると大変だなあと思うことが多いです。

もちろん、大企業になってくると事情は違って来るのかもしれません。

しかし、中小企業は給与面や環境面で本当に悲惨だと妻の体験談を通じてしみじみ感じます。

(ブログでは書けない話もチラホラ・・・)

そうなってしまう背景には、韓国では雇用主の立場が圧倒的に強いという事情があります。

たとえ、仕事が辛くてやめてしまっても、代わりの人はいくらでもいる訳ですから・・・

失業率にはからくりがある!?

ちなみに、韓国の2017年の失業率は3.5%前後あたりを推移しています。

この数値だけを見るとそこまで悪くないのではと思われるかもしれません。

しかし、韓国では失業者の数を少なくカウントすることによって失業率を低く見えるようにするカラクリ(リンク先は動画なので音が出ます)を使っているという話もあります。

実際、韓国で生活をしていると、失業率はもっと高いだろうなあと体感しますので・・・

ちなみに私は日本の関係で仕事が出来ているので、そういった意味で非常にラッキーだと思っています。

その一方で韓国社会の中で苦労している妻を見ながら、本当に申し訳ないと胸が痛みます(T-T)

もっと私がガンガン稼いで、早く妻を解放して上げなけばと気合いを入れ続けている今日この頃です!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

22 Responses to “韓国での仕事探しは大変!失業率にはからくりがある!?”

  1. 駐在おやじ より:

    確かに 就職率3%台はおかしいですね
    会社に入ってきた大卒の男の子でも 聞いてみたら
    友だちの半分くらいは仕事が無い状態で 仕事があっても派遣 という状態のようです (もちろんいい大学卒業した人は違うでしょうが)

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      世の中には、現状は悪いのに良く見せている数字や現状は良いのに悪く見せている数字がたくさんあるので、本質を見る必要がありますよね^^

  2. quazm より:

    韓国というか(中国もそうですが)、悪い内容については良く見せるまたは隠すということが多いですね。微妙であっても、数値的に盛ってたり、比較対象がおかしかったり…
    新聞や政府の発表もそうですが、学術的な研究結果についてもそういうのは非常に多いです。科学的な内容であっても。
    該当する方面の素人の方は騙せても、専門の人には騙せないことがほとんどですが。(^^;;

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      やっぱり情報を見る時は、情報を発信する人がどういった意図を持っているのかうまく見極める必要がありますよね^^
      私も最近は、世の中で出回っている数字に対して、素直に信じず、かなり懐疑的に見るクセが付いてきました。
      それが良いことか悪いことかはよく分かりませんが^^;

  3. たく より:

    韓国での就職事情は厳しいとよく聞きます。
    起業すればよいのでしょうが、
    韓国は日本と違い、大企業が寡占していますからね。
    私の知り合いの韓国の人も、起業して
    製品は、日本で売っています。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      大体、韓国の人は脱サラすると、チキン屋さんとかコーヒーショップを始める方が多いです。
      女性だったら、美容室ですかね~
      ただ、そこら辺も結構飽和しているという話も聞くので簡単ではないと思います。
      実際、我が家の近所も、チキン屋、コーヒーショップ、美容室は腐るほどあります。

  4. cda より:

    日本の失業率のとり方はおかしいですよ。完全失業でなければ失業とは看做していませんから。

    役所がだす統計なんて政権につごうの良いゴマカシやだましが多いです。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      日本の失業率もおかしいですか・・・
      世の中、何を信じたらいいのか、本当に分からなくなってきますね^^;

      • cda より:

        アベノミクスの考え方も転倒していますから。

        世の中の金回りが良い → 株価が上がる → 景気が良い

        では無くて、

        株価が上がった(本当は国民のお金で市場に介入して意図的に上げた) →
        景気が良くなった

        一部大企業の中で給料が上がった例を取り上げて、報道させる。

        年柄年中こんな感じです。

  5. cda より:

    なので当方は、アベノミクスではなくウソノミクスと呼んでいます。

  6. Meg より:

    以前明洞に行った時、チラシ配りをされている日本人女性の方がいらっしゃって、「美味しいお店教えますよ~」と親切に声を掛けて頂きました。チラシ配りが悪いとは言いませんが、日本から来て苦労されているのかと思うと胸が痛くなりました。
    今K-POPやドラマの世界だけで日本と同じ感覚で韓国人の方と結婚される女性が多いです。
    国際結婚が悪いとは思いませんが、現実を知って覚悟はいるのではないかなと思います。
    先日、日本のTV番組で韓国の老人の貧困率、確か6割と言ってましたが本当でしょうか?無年金の人も多いとか。
    宜しかったらその辺りもレポート願います。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      私も明洞でチラシ配りをしていた人の中に知り合いがいたので、聞いてみたのですが、チラシ配りの時給は他のアルバイトに比べると、まだマシなんだそうです。
      貧困で苦しむ老人が韓国で多いのは事実だと思います。
      韓国にも年金システム自体は昔からあったそうですが、年金を払うことを推奨するようになったのは最近のことで、以前は払わない人がすごく多かったそうです。
      また、韓国にも生活保護のシステムはありますが、月に支給される金額は2万~3万円レベルです。
      私の家の周りでも廃品回収をしている老人の方々は本当に多くたくさん見かけます。
      実際、K-POPや韓国ドラマに憧れるのは日本人だけでなく、脱北する人達にもそういった方々が多いのですが、仕事が見つからず、結局、自分の国に帰ってしまう人がいるという話も聞いたことがあります。
      もちろん、韓国人の方と結婚する場合、相手の人が大企業で働いていたり、公務員であったりすれば問題はないのでしょうが、中小企業で働く人だと結構厳しいと思います。
      今回のお話も含めて、こういった話は、皆さんドン引きしちゃうかなと思ったり、書き方を間違えると負の感情を増幅してしまうので、書かないことの方が多いのですが(この記事も実は1ヶ月ぐらい推敲しています)、もしリクエストが多いのであれば、時々書いてもいいかなと思っています^^;

      • Meg より:

        返信有難うございます。老人の方の廃品回収、宅配、バッカスおばさんのお話しは先日のTV番組で報道されていました。野菜を売ったり、物乞いの方もいらっしゃいますよね?
        私が訪韓して目にする光景と、在韓の方のブログの世界があまりにもかけ離れていていったいどうなっているんだろう?と疑問が沸いてしまうのです。
        特に日本人妻の方々の食べ歩きや買い物情報が多いのを見るとドラマの世界寄りに感じます。貧富の差がありそうですから多くの方が生活に困らないご主人をお持ちなのかもしれませんが。
        リアルな韓国を知りたいのでこちらのブログはとても興味深いです。確かにネガティブな事を書くと嫌韓の人が集まったりするので書けない事もあるかもしれませんね。そんな中、中立、客観的な情報有難うございます。きっと韓国に移住を考えている方や国際結婚を考えられている方にはすごく役立っていると思いますよ!
        最近の日韓の問題と老人の貧困問題は少しは関係あるのではないかなぁと個人的に思っています。
        本当は反日の事とか聞きたい事は色々ありますが炎上してしまいそうでご迷惑はかけられませんね・・
        これからも書ける範囲で色々な情報教えて下さいね。
        楽しみにしています。

        • ケン より:

          Megさん

          正直、私はただ、ヨンシンネというソウルの小さな街の一住民に過ぎないので、韓国の深い闇の部分までは知りません。
          バッカスおばさんという話も初めて聞きました^^;
          ただ、普段の生活の中で感じたことの中で、皆さんに役立ちそうな情報があれば、出来るだけリアルな視点でお伝え出来ればと思っています。
          あと、私は韓国生活を思いっきり楽しみたいと思っていますし、ブログもその延長線上でやっています。
          「韓国には大変なことがいっぱいある」と言うだけで終わるのではなく、「そういった環境でもこう考えればがんばれるし、もっと前向きに楽しんでいこう!」というスタンスで記事を書くよう努めています。
          (実際、個人的には移住生活を楽しめているので。)
          なので、Megさんのように暖かいコメントを頂けると本当にうれしく思います^^
          今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

  7. パク より:

    僕は韓国人です。韓国の大学で日本語を勉強して、日本で日韓通訳と翻訳の勉強をして帰国しました。
    留学を終えて日本での就職に挑戦してみましたが、韓国人の需要はあまりなく、帰国するしかありませんでした。
    韓国では日本よりは需要があると思いましたが、いわゆるコスパが問題になります。
    面接で日本語を指摘されたことは一度もありませんでしたが、英語ができない事は散々指摘されました。
    求人広告では「日本語できる方、優遇」とか書かれていても、結局、英語の方が優遇されますね。
    日本語だけを求む場合では、経歴か人脈がないとダメな感じです。
    関係も無い所で長々とつぶやきましたが、外国での生活を経験した僕にはどれぐらい難しいことか、よく分かります。
    日本にいた頃からたまに拝見していましたが、今になってやっとコメントを残します。
    尊敬します。そして応援します。頑張って下さい。

    • ケン より:

      パクさん

      コメントありがとうございます。
      まず、私の妻もパクなので、パクさんには親近感が湧きます^^
      (あくまでも個人的な見解ですが、パクさんという姓の方には優しい人が多いと感じています)
      日本語もすごくお上手ですよね!
      日本での就職が出来なくて残念でしたが、日本でチャレンジして頂いたこと自体に日本人として感謝申し上げます。
      確かに日本の会社では一般的に英語が出来た方が優遇されると思いますが、業種や会社にも傾向は変わって来ますし、実際、日本人で英語が出来ない人もかなり多いので、そこまで気にされなくて大丈夫かなって思います。
      それにパクさんは既に日韓通訳が出来るスキルを持っていらっしゃるので、そういったスキルはこれから必ず役に立つことがあると思います。
      パクさんの今後の成功を心から願っています!
      また、気が向いたら、是非、ブログに遊びに来て下さい^^

  8. タケ より:

    韓国の会社は正社員は拘束時間が9時間で15分の中休み2回と昼休み45分で仕事時間は7時間45分というのが一般的なものだと思います。日本と変わらないと思います。週休も2日ですし残業は出ないのが基本で、休日出勤も手当はつきません。が、ボーナスに反映します。会社業績が良いときは格差が出ます。僕は身内なので、業績悪化のときは4ヵ月無給で残業休出しましたが、それでも辞めないでついていくから血縁で固めたいと考えます。基本的にブラックですが、昭和の頃の日本と変わらないです。中小企業は家族経営です。
    日本も韓国も失業率は完全失業率なので、数値と実際は違う物だと思います。韓国は景気が良くないと言われますが
    月100万w以下はいくらでもあります。仕事を選ばずに、やる気と丈夫な体が有ればね。ですが、試用期間は3ヵ月で
    最低賃金も下回る事もざらで、それも、人によります。
    年齢制限は日本よりも緩やかで能力が有れば関係無いと思われます。若くても最短で2時間で辞めた人もいます。
    働いた経験がなく即戦力ではない人はキツいでしょうね。
    廃品回収も縄張りがあり、勝手にやるとえらいめにあうらしいし、サラ金の名刺も生活保護の老人が市役所に持っていけば1枚1000wで変えてくれるらしいです。路上販売も仕事をやりたくても出来ないというアピールで生活保護世帯の実態という話です。利益がでんなくてもいいらしいです。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      タケさんも大変な中、がんばっていらっしゃるんですね!
      私も現実は現実として受け止めながら、しっかりがんばっていきたいと思います。

  9. 飯田橋の妖精 より:

     就職することだけなら日本のほうがマシかもしれません。しかし、生活水準とか生活の質は日本のほうが上とも言えないのが現実です。日本の新卒賃金ってみなし残業代込で実質手取り17~18万が普通です。大企業でも各種手当もらえないところが増えつつあります。東京でこの金額じゃろくな生活もできないです。賃金も、企業文化も20年前と全く変わってないですし、そもそも、ブラック企業だの社畜だの過労死だのといった言葉が生まれたのは日本ではないでしょうか。就職率が高いのも、少子高齢化の影響で人手不足の会社が多いだけの話で、決して日本の景気が良いからではないです。
     生活水準に関してですが、上位5%程度の優秀な方々なら、まぁ、違うかもしれませんけど、庶民的なレベルから考えると、普通の日本人って普通の韓国人より絶対良い生活をしていると私は思いません。40歳になってやっと年収550万円、家はローン組んで2~3000万円、外食は月3~4回、車は軽自動車かコンパクトカー…これが日本人の平均です。庶民の資産って家くらいですが、ソウルの恩平区のファミリー向けマンションの相場は3~4億ウォンくらいで、板橋区、練馬区、江東区といったところと大した値段差はないです。これはつまり、庶民レベルで買える家の価格帯って韓国も日本も似たようなものだという意味でしょう。車とか外食の場合はどうですか?韓国の知り合いに出前の天国だのとよく聞きますが、日本の普通の家庭で毎日出前ってまず考えられないことですよね。まぁ、別に今の日本人の生活が苦しいと主張したいわけではないですが、統計を見る限りでは苦しくなっているのは間違いありません。日本はエンゲル係数もジニ係数も韓国に抜かれて(悪い意味で)、可処分所得も20年間停滞している国です…
     あと、失業率の統計ですが、あれって少なくとも日本でも同じことやってます。日本の大学で発表する就職率って就職できなくても「就活失敗」って報告しないと統計に含まれません。だから、xx大学の就職率が99%とか言えるのです。政府の統計だってニートとかフリーターなんかは失業者の統計に入らないもんですから…そもそも、政府の統計なんかあまり信用できないですし(苦笑)というか、三〇貴明は多分十数年前から韓国破綻とかサムスン破綻とかいってますけど、ああいう人は自分の本が売れれば良いだけと適当なことばかり書いてる人種で、信頼しない方が良いです…真夜中ブログに気持ち悪い長文のコメント残してすみません。ブログいつも面白く拝見しております。

    • ケン より:

      飯田橋の妖精さん

      コメントありがとうございます。
      飯田橋の妖精さんのコメントを拝見しながら、私自身「隣の家の芝生は青く見える」という観点で感じていた部分もあるのかなと感じました。
      日本は日本でやっぱりいろいろ大変ですよね。。。
      三〇貴明さんは、かなり右寄りな方なので、普段はYouTubeとかも見ないようにしています。
      今回はたまたま引用しただけです^^;
      韓国も日本もいろいろ大変な事情がありますが、問題なのは環境じゃなくて自分自身なので、お互いその中で勝ち組になっていけるようがんばっていきたいですね^^
      いつもブログを読んで頂いて本当にありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

  10. マザー より:

    >韓国では雇用主の立場が圧倒的に強いという事情があります。

    現代自動車や起亜の労組(正規職員たち)が「給与を増やせ」「サッカーWCを観たいから休ませろ、ただしその間の給与は出せ」「自分の子供を優先的に雇え」と会社側に要求してそれが通っている・・・という韓国の報道(を紹介した日本のブログ)を見たことがあるのですが、たいていの職場では労働者のほうが立場が弱いでしょうね。
    たぶんちゃんと労働者を守るための法律もあるのでしょうが、その法律を守ってるところが少なかったりするのかな・・・
    奥様が日本語に堪能であれば、日本企業の韓国支社で就職するのもいいかも知れないですね。

    • ケン より:

      マザーさん

      コメントありがとうございます。
      韓国でデモが多いのは、労働環境が悪い会社が多いという理由もあると思いますし、もう一つの理由として、デモの企画を職業にしている人達がいっぱいいるからという話を聞いたことがあります。
      (どこまで本当か分からないですけど・・・)
      もちろん、日本企業の韓国支社で仕事をすることが出来れば良いですし、そういったところもないか探してはいるのですが、なかなか見つからないんですよね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ