韓国人の平均的な月収や年収と格差を悪化させている問題

スポンサードリンク

先日、韓国人の平均的な月収が大体どれくらいなのか、韓国で既に3年以上住んでいる日本人の友達に聞いてみました。

すると、以下のような返事が返って来ました。

中小企業だと月給200~300万ウォン(約17万円~26万円)

大企業だと月給500~700万ウォン(約43万円~60万円)

さらに有名企業の役員クラスだと、相当もらうようになるそうで、特にサムスン電子は、すごいみたいです。

韓国人の平均的な年収

ちなみに、2013年勤労所得年末調整申告状況というデータによると、

韓国人の平均年収は日本円に換算して340万円

ただ、その一方で、韓国の代表的な財閥であるSKテレコムの平均年収は1165万円となっています。

そして、逆の見方をすれば、韓国の財閥企業はこれだけ平均年収を押し上げているので、その一方で、極端に低い年収で苦しんでる人たちも韓国には数多くいるということになります。

実際、韓国では、時給が5,000~6,000ウォンというアルバイトもザラにあります

スポンサード リンク

韓国の格差をさらに悪化させている問題

さらに韓国では、格差の現実をさらに悪化させている要因があります。

それは、年金システムが不十分であるという点です。

ですから、元々年収の低かった人が年を取ると、仕事の選択肢は狭まってくるので、貧困に苦しむ老人がどんどん増えてきてしまうのです。

街を歩いていても、廃品や段ボールを回収しているご年配の方は本当によく見かけます。

そして、もう一つ、韓国で住んでいて感じるのは急激な物価の上昇です。

昔、韓国へ旅行に行ったりした時は、

「韓国の物価は何て安いんだ~」

とハッピーな気持ちになっていまし。

でも、今は、

「韓国の物価は何て高いんだ~」

と嘆くことが多いです(T-T)

韓国が住みやすい国だというのは昔の話?

私の妻(韓国人)は、以前、「韓国は、交通費も安いし、チョンセというシステムを使えば毎月の家賃も掛からないし、本当に住みやすい国よ。」とよく話していました。

しかし、最近は、そうではない現実が、韓国社会にどんどん押し寄せています。

韓国が住みやすい国だという話は、もう昔の話になってしまったのかもしれません

日本人の私でも戸惑っているくらいですから、昔から韓国に住んでいる人は、かなり混乱しているかもしれないですよね~


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国人の平均的な月収や年収と格差を悪化させている問題”

  1. kiwako より:


    SAMSUNGはやはりすごいんですね~!
    転職したいなぁ~絶対無理だけど(@_@)
    韓国には背が高いマンションがたくさんあって、一部の建物にはSAMSUNGと大きく書いてあったんですが、社宅なのでしょうか?
    私も移住したらマンションに住みたいです(^^)

  2. ケン より:

    Kiwakoさん、いつもコメントありがとうございます!
    あるサイトでは、サムソンの社内取締役の年収は100億ウォン(9億円)を超えているという話がありました。つまり月収に換算すると、8.3億ウォン(約7500万円)ですね。ハハハ・・・^^;
    確かに韓国には、高層マンションがたくさんありますよね。
    韓国には地震がないせいか、ガンガン建てている感じがします^^
    サムソンの社宅は、あると思いますが、私は、ソウルの田舎の方に住んでいるので、まだ見ていません。今度、見つけたら、ウォッチさせて頂きますね!

  3. 匿名 より:

    オレが去年辺りに行った時には10000万ウォンで700円位なので200万ウォンだと14万程になるとおもいます。
    あと、基本的に韓国は収入の割りに物価が高いのでそこら辺は要注意です。
    個人的な意見だと、最近になってようやく世界的に韓国人の反日思想がおおやけになったのに、いま韓国に行きたいとか言ってる人は本気て頭が悪いバカなのかな?
    って思っちゃいます……。
    情弱って怖いですね

  4. 匿名 より:

    建物にSAMSUNGと書いているのは、三星建設とかがたではないですか?
    韓国のアパートの横にある文字は全てアパート名ですので

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ