こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国の学校生活の様子について、韓国に住みながら、子供を現地の学校に通わせている日本人の立場から、日本とは違うなあと思うことはいろいろあります。

そして、この間、ちょっと意外な見方も知ることが出来たので、ご紹介していきます。

これを読んで頂けると、韓国と日本での学校生活の違いが結構お分かり頂けるんじゃないかと思います^^

韓国の日本で学校生活を体験した子供の話

私の友達で、ついこの間まで韓国に家族で住んでいて、今は日本で住んでいる方がいます。

その友達には小学4年生のお子さんがいるのですが、先日、友達と通話をした際、少しお話をさせてもらうことになりました。

私「日本の学校にはもう慣れた?」

友達のお子さん「はい、もう大丈夫ですよ。」

やっぱり子供は環境に順応するのが早いなあと思いつつ、気になる質問をしてみました。

私「ねえ、韓国の学校と日本の学校はどっちがいい?」

正直、私は、日本の学校システムの方が優れていると思っていたので、当然、日本の学校の方が良いという答えを期待していました。

すると、その友達のお子さんは、

「韓国の学校の方がいいですよ。」

と返事をするのです。

ちょっと私はびっくりして

「えっ、なんでなんで?」

と聞いたら、

「だって韓国の学校はスマホを持って行っても大丈夫ですから

日本の学校は厳しいんですよね~」

という答えが返って来ました。

うーん、なるほど~

韓国の学校生活の様子と日本との違い

韓国と日本の学校生活の様子を比べてみると、実際、日本の学校生活の方が明らかに充実しています。

私の子供が通っている小学校では運動会があっても、全校生徒で一緒にはやらず、体育の授業に毛が生えたような規模で、本当にショボイです。

>>韓国の運動会(운동회)が日本と違いすぎてビックリ!

また、文化祭のようなイベントもありません。

親が招待されるようなイベントもほとんどありません。

プールもないですし、体育館もありません。
(あくまでも私の子供が通っている小学校での話ですが)

あと、韓国の学校生活の様子を傍から見ていて感じるのは、韓国の学校は、塾を中心に回っているということです。

韓国の学校のスケジュールを見てみると、子供達が塾に通いやすいよう配慮されています。

夏休みや冬休みの宿題はほとんどないですし、自由研究や工作の課題もありません。

おそらく、宿題や課題を増やすと、塾の勉強がやりづらくなってしまうからでしょう。

>>韓国の学校の登校時間が9時からになって困った

韓国の学校生活は自由

こういった韓国の学校生活の様子を見ていると、

「韓国の学校大丈夫か?」

と正直思ってしまうのですが、子供たちから見ると、まったく別の観点でとらえられていることが分かりました。

韓国の学校生活は自由なのです。

私の小学校4年生の娘も最近スマホを持つようになりましたが、学校へ持って行っても、先生に預けるようなことはしていません。

ちなみに娘の話では、同級生でスマホを持っていない子はほとんどいないとのこと。

日本の学校に通っている友達のお子さんに聞くと、小学校4年生のクラスでは、持っていてもガラケーでスマホを持っている人はほとんどいないとのこと。

そういった意味で、韓国の学校生活は子供たちにとっては、天国みたいなところなのかもしれません。

スマホは自由に持って行けますし、イベントに拘束されることもほとんどないですからね。

今まで親の観点でばかり韓国の学校を見ていたので、子供の観点から見ると全然違うんだなあと、非常に勉強になった次第です。

合わせて読みたい記事