こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

日本から見ると、韓国では、たくさんの子供達が塾に熱心に通っているというイメージがあるのではないでしょうか?

実際、我が家の周りにも学習塾がたくさんありますし、我が家の子供達も塾に通っています。

ただ、その中で私自身いろいろ感じることがあるので、そんな韓国の塾事情について、ちょっとぶっちゃけたお話をお伝えしていきます。

韓国語では塾はハグォン

塾は、韓国語で、학원(ハグォン)と言い、漢字では「学院」となります。

なので、私も普段は、「ハグォン、ハグォン」と言っているのですが、ハグォンというと、日本人の方はピンと来ないと思うので、塾と表現させて頂きます。

韓国は、教育熱心な国だと言われますが、実際、我が家の近所にも塾が無数にあります。

中でも人気なのが、数学の塾と英語の塾です。

こちらは数学の塾。

そして、こちらは英語の塾です。

私自身、韓国には、コーヒーショップ、美容室、そしてチキン屋が多いなあと思っていましたが、よくよく考えてみれば、塾の方がずっと多いですね^^;

韓国の塾の時間と費用

現在、我が家では、高一の次男が数学の塾、中一の娘が英語の塾に通っています。

我が家の子供達が通っている塾の時間と費用についてですが、

  • 数学の塾は、月、水、金の夜の8時~10時に通って、塾代は1ヶ月 25万ウォン(約2万5千円)
  • 英語の塾は、水、金で、学校が終わった後、好きな時に行って2時間学ぶという形で、塾代は1ヶ月 23万ウォン(約2万3千円)

となっています。

私が住んでいるのは、ソウルの北の方なので、まだ塾代は安い方です

江南に住んでいる妻の友達の話では、江南は、塾代が倍ぐらいになると聞いているからです。。

あと、これ以外に、我が家の子供達は、二人とも月曜日の夜7時過ぎから公文の日本語を受けていて、一人当たり12万ウォン(約1万2千円)という感じです。

ちなみに、韓国の公文は、先生が自宅に来て教えるというスタイルです。

>>韓国で公文を子供達がスタート!日本とは根本的に違う!?

つまり、塾や公文の費用は、二人で1ヶ月72万ウォン(約7万2千円)ですが、それでも、韓国では最低限の基準です。

韓国の子供達は、国語、数学、英語、歴史の4科目を塾で学ぶのが基本とのこと・・・

一応、日本だと、進研ゼミやZ会など通信教育を行って、教育費を安くする選択肢もありますよね。

しかし、韓国には、そういった通信教育システムがないのも、正直、キツイなと思っています。

最近の韓国では、結婚しない人達が急速に増えていますし、出生率も1を切るという驚異的な数字が出ていますが、韓国に住んでいると、なんとなーくその気持ちが分かります^^;

韓国の子供達が塾に通わざるを得ない理由

実際、韓国で塾に通わせると、教育費はグッと上がってしまうので、私としては、学校で習ったことをがんばって予習、復習してくれればと思ってはいたんですね。

しかし、子供達から「頼むから塾に通わせてくれ~」という強い要望があり、「じゃあ」ということで塾に通わせることになりました。

自分から塾に通いたいと思うなんてすごいじゃんと思われるかもしれませんが、子供達がそうなるにはちゃんとした理由があります。

みんなが塾に通うから

韓国の子供達のほとんどは、塾に通っています。

ですから子供達が、「みんなが塾に通っているから自分も通いたい。」と思うのは、ある意味、当然だと思います。

ただ、我が家の子供達の場合、「自分の成績が悪いのは、塾に通っていないせいだ。」と責任転嫁をして来たところがありまして。

親としては、「おいおい、それはちょっと違うだろう。」と言いたいところなのですが・・・

しかし、韓国の学校の状況を考えると、そう考えるのもある意味、しょうがないのかなと思う気持ちもあります。

塾を前提とした学校の教育システム

これは、韓国で暮らしてみて、しみじみ感じることなのですが、韓国の教育システムは、子供達が塾に通うことが完全に前提となっています

まず、韓国の学校には部活動がありません

ですから、学校が終わったら塾に通う子供達が増えるのは、ある意味、自然の流れです。

さらに、夏休み冬休みの宿題もほとんどありませんし、自由研究や工作などの課題もありません。

休みの期間中は、子供達が塾での勉強の集中出来るよう、学校側も配慮しているのかなと正直思っているぐらいです。

日本の学校の先生は、授業をするだけでなく、部活の顧問をしたり、PTAと連携を取ったり、体育祭・文化祭の準備をしたりと、様々な角度から子供達の教育に携わっています。

しかし、韓国の学校の先生は、授業をするだけで、他の仕事は、ほとんどありません。

そういった観点から見ると、韓国は社会全体では教育熱心ですが、学校だけに限って言えば、全然、教育熱心じゃないというのが実情です。

一人の親としては、韓国の学校の先生には、「塾に頼らざるを得ない教育システムなんて先生として恥ずかしい。」と是非、奮起して欲しいところなのですけどねえ~

韓国では日曜日を塾禁止とする動きも

私が住んでいるソウルの恩平区でも夜遅くまで塾に通っている子供達はたくさんいます。

韓国の子供達は、青春を謳歌する学生時代を過ごしずらい雰囲気があるので、その点では、ちょっと可哀そうだなあと正直、思ったりもしています。

ただ、最近では、子供達が、塾に通い続けて大変なので、日曜日だけは塾を禁止にしようという動きが出つつあります

実際、ソウル市教育庁では、塾日曜日休業制(학원일요일휴무제)という制度を2021年から施行しようと計画をしているそうです。

韓国の過度の教育システムを改善するためにも、こういった制度には賛成という意見も多数あります。

しかし、一方で、日曜日に塾を禁止にしても、今度は、日曜日に家庭教師で習わせる親が増えるんじゃないないかという意見もあり、様々な議論を呼んではいるようです。

韓国の学歴社会の行く末は?

日本でも、私が学生だった頃は、詰め込み教育が主流でしたが、その後、その反動から、ゆとり教育の時代へと変わっていきました。

ですから、韓国でも、今後、そのような流れが生まれるのかもしれません。

実際、最近、韓国では、極端な学歴社会を風刺するSKYキャッスルという韓国ドラマが大ヒットして、ちょっとした社会現象になりました。

最近の塾を一部、禁止にしようとする動きもその一環なのかもしれません。

ちなみに、韓国の場合は、学校は元々、厳しくないので、システムを変えるとしたら塾の方ということになります。

その一方で、韓国には、昔から、両班(韓国の官僚貴族)になるべく、科挙の試験に合格するため必死に勉強していたという歴史的な背景から、学歴社会になったという経緯があります。

そういった流れを考えると、今の学歴社会の流れは、やっぱり変わらないかなと思う気持ちもあります。

ただ、韓国の塾に子供達を通わせる親の立場としては、韓国の学校には、もうちょっとがんばってもらって、あと、韓国版進研ゼミが出来てくれればいいなと密かに思っています。

このままじゃ、我が家の家計もなかなか大変ですから(アハハハハ・・・)

合わせて読みたい記事