こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、韓国の学校の冬休みが終わり、2月初めから子供達が再び学校へ通うようになりました。

いやあ~、本当に長かった~

妻のカカオトークにも子供の同級生のお母さん達から解放を喜ぶコメントが続々

子供達の長期休みが終わると親達がホッとするのは万国共通なんだと思います^^

韓国の冬休み期間はいつ?

ところで韓国の学校の冬休み期間は、

12月下旬~1月末

となっています。

ちょうどこの期間は旧正月と重なることも多いですが、冬休みは旧正月と関係なく、この期間と決まっています。

日本に比べるとかなり長いですよね~

冬休みが終わればすぐに春休み

そしてさらに厄介(!?)なのは、2月初めから学校が始まっても、1~2週間経ったら今度は春休みが始まってしまうということです。

春休みはいつから始まるからというと、大体2月中旬ぐらいからとなります。

(この時期は、韓国の学校の卒業式のシーズンでもあります)

そして、2月下旬までが春休みとなります。

つまり、子供達にとっては、途中少し学校へ行く期間がありますが、12月下旬から2月末までがロングバケーションになるワケです。

あー、うらやましい・・・

■小学校・中学校・高校・大学で冬休みはどう違う?

冬休みの時期や期間は、小学校、中学校、高校は、始まりが1週間ほどずれる時もありますが、大体同じです。

一方、韓国の大学は、2学期制なので春休みがなく、冬休みが12月初旬から3月上旬までというところが多いです。

また、韓国での年度のスタートは、3月からなので、小学校、中学校、高校、大学は、すべて3月始めから新しい学年、そして新学期がスタートします。

冬休み期間の親の悩み

韓国の場合、冬休みの長さは、日本の夏休みの期間に相当します。

なので、この期間に韓国ではハグォン(塾)へ行って、みっちり勉強する子供達が多いです。

ただ、ここで問題となってくるのは、子供達がハグォン(塾)で思いっきり勉強できるよう学校側が最大限の配慮しているということです。

どういうことかというと・・・

冬休みの宿題をほとんど出してくれません(T-T)

実際、子供達はみんなハグォン(塾)へ行くワケではないですし、我が家の子供達もいろいろ事情があって、ハグォン(塾)へは行っていません。

ですから、そういった子供達は冬休みの期間中、何も勉強をしないで遊びまくるようになってしまいます。

そして我が家の子供達の場合は毎日スマホ三昧です(T-T)

娘に対して、

「冬休みって宿題ないんでしょう・・・」

と聞いたら、

「宿題あるよ!」

と娘は一応ちょっとムキになって反論してきます。

そこで、

「えっ、何があるの?」

と聞いてみると、

「日記と読書!」

という答えが返って来ました。

ダメだこりゃ~(いかりや長介風・・・)

韓国の学校の先生は、ハグォン(塾)に遠慮しすぎです。

こんな感じで、学校が全然宿題を出してくれないのが我が家の結構深刻な悩みです。

韓国が教育熱心と言われる背景にあるもの

よく韓国は教育熱心と言われていますが、韓国の学校だけを見てみると、全然熱心ではありません

日本の学校の方が遥かに教育熱心です。

少し、うがった見方になってしまうかもしれませんが、韓国では塾に行かないと子供達をキチンと教育できないシステムになっているので、塾へ行く子供達が必然的に増え、教育熱心に見えるのかもしれません。

そういった韓国の学校教育に革命が起こってくれることを少し期待してはいるのですが・・

早く子供達を塾に送ってしまった方が早いのかもしれませんね^^;

韓国の学校は塾を中心に回っていますが、韓国に住む立場から、韓国と日本の学生生活を比べた記事はこちらになります。

>>韓国の学校生活は日本と比べてどんな違いがある?

合わせて読みたい記事